2016年10月08日

ふべーん。


image2.JPG



片手使えないって、本当に不便ですね。

もう少し何とかなるだろうと甘いこと考えていたけど

一切、なーんも持てませんね。左手。


結局、明日のO庭先生のセミナーも

2週間後のバランスボールのセミナーも、キャンセル。。。


つまらんし、主催の方にも申し訳ないし。

・・・が、ここで無理してホネがずれたりしたら、よけい困る。。。




image3.JPG


まだ、片手でなばと走るのは、ちと怖いのですが

なばお様は、うっぷんが溜まってらっさるようなので

ボールでも投げて、走らせに行ってこようと思います。


あした、晴れるといいなー。


image1.JPG


posted by 庭師・香遊 at 00:01| Comment(0) | その他のよもやま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月23日

かっぱ


先週は、京都から姪っ子が来てました。

先日、応募したという講談社の絵本新人賞。

2週間で仕上げ、郵便局から送る当日まで描いていた、という

なんだかやっつけ仕事的な挑戦でしたが

1次→2次と通過し、最終選考18作品の中に残ったものの

惜しくも入賞ならず。

その作品が返却されてきたというので、

わざわざ、お婆ちゃんに見せに来てくれたのです。


すごく面白い作品だと、私は思ったけど

姪いわく「一番気に入ってる絵が、こわすぎると言われた」のだとか(笑)。


まあ、私の母から言わすと

「おどろおどろしくてよくわからん」と言っています。ww



彼女が数年前に応募した、海洋堂ホビー館主催の

かっぱ造形大賞。

こちらは第2回で審査委員長賞を頂いて、いまも展示されてます。


遠くてなかなか行けなかったのですが、

今回やっと、その「かっぱ館」へ連れて行ってきました。



14330041_1737031303224113_1566031868625327652_n.jpg

建物全景



14316898_1737031586557418_5692741260438843765_n.jpg

やぐらのてっぺん目指すカッパたち



14358712_1737031583224085_2728918879636629468_n.jpg

こっち見てるよ。



14369884_1737031563224087_2711829831533895176_n.jpg

お手洗いの蛇口も



14359091_1737031556557421_1801170301996573648_n.jpg

ハンドソープにも努力の跡が




14359147_1737031513224092_4271293660214428555_n.jpg

孫の作品を、うれしげに眺める、じいじ&ばあば。




14370059_1737031503224093_513570101282553767_n.jpg

尻子玉に味付けして屋台で売ってる、おかまのカッパのあおちゃん。(という設定らしい)




これが入賞して新聞に載った時

爺ちゃん、「嫁入り前の娘が、尻子玉て。恥ずかしい」と泣いてたけど

姪も、なんとか無事に、昨年、嫁にいけました。



14317424_1737031419890768_182250042745555827_n.jpg

お遍路さんカッパ



14390743_1737031423224101_7922681789670440540_n.jpg

なんか、世間話とか始まりそう。。。




14370258_1737031413224102_2272889457693509569_n.jpg

古民家にも、カッパ




14368713_1737031376557439_2757454234356897743_n.jpg

ちとこわい。



14292497_1737031346557442_8928461623103796399_n.jpg


じいじと、孫。

孝行娘で、ありがたいことです。




14292367_1737031313224112_3101817487573902212_n.jpg

うっしっし。



14368797_1737031276557449_6429697166573266571_n.jpg


道の駅・四万十とおわでお昼ご飯🎵




かっぱ館、思ったよりもけっこう楽しめました!


高知、好きだから、と

年に何度か、じじばばに顔を見せに来てくれる姪っ子に、心から感謝。


爺ちゃんも、楽しい1日になったのではないかと思います。





14364881_1737031896557387_2586317699080273532_n.jpg


ええ〜と〜・・・出番ないけど、オレ様も、元気であるのだ・・・。



posted by 庭師・香遊 at 20:00| Comment(0) | その他のよもやま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月04日

肝を冷やす。

台風12号の影響で、時折どしゃぶり模様の日曜日。

それでも17時くらいには、いったん雨は上がりそうな予報だったから

降ってなければ、夕方からレッスンの予定を入れておりました。



15時前に、母に頼まれて、近所の量販店まで送迎&荷物持ち。

店内に入って4〜5分経った頃か?急に大きな声で私を呼ぶ母。

どした?と隣の通路をのぞいたら

冷蔵ケースにもたれかかり、斜めになってつかまってる母が。


「めまいがして、立ってられない」という。

20年ほど前に酷いメニエール病で入院したことはあったけど

その時のめまいとは全く違う、という。

頭が、真っ白になってぼーーーーってしてる、って。


わあ。まずい。脳かも。と思って

本人は少し落ち着いて、大丈夫だと言うけど

脳梗塞の前兆かもしれないし、日曜だし、

とりあえず救急に電話して症状言ったら、来てくれることに。


母は大動脈瘤&弁膜症があって、かなりの不整脈。

血栓が出来て、それがいつ脳に飛んでもおかしくない。

なので、念のため心臓でかかってる医療センターへ運んでもらった。


処置が長引くことも考えて、私は自宅に寄って、じいじをピックアップ。


どこで倒れた?

どこにある店だ?

どこの病院へ行った?

それはどこにある?


同じ質問を4回ずつくらい繰り返されて

きいいいいいーとなりながら

もし母に何かあったら

このじいじと、今後は2人きりの暮らしか、あるいは

後遺症を抱えたばあばと、認知症のじいじを、

アタシ1人で看るのかよっ?なんてことまで考えて

ほんとうに、生きた心地はしなかった。



でも救急救命センターに駆けつけると

母のめまいも治まっており、

「症状が出てないので脳の検査は行っていない。」

「もう帰っても良いですよ」という。


なんでも、脳内のスイッチオンの指令と、オフの指令のタイムラグで

それが体にうまく伝わらず、一瞬、立っていられなくなるのだそうだ。

朝礼で倒れる子供なんかも「貧血」っていうけど、実はそう言うことなんだって。

本当なの?



「おそらく脳からきた原因ではないと思います」とは言われたけど

「まあボク、脳の担当じゃないんで」とも言ってるし(消化器外科医だった)


とりあえず、来週、脳神経外科を受診させようと思います。念のため。


そういえば、最近、じいじも手足がしびれるといって

脳外科、行って来たんです。

しびれの原因は、頸椎から来てましたが、

かくれ脳梗塞と血管の狭窄が見られました。

この血管が詰まると、ますます厄介なじいじになるので

今後も、要経過観察なのです。



2人とも80超えてるんで、いろいろ大変です。

「あんたも、いぬいぬ🎶言うてんと、ちょっと考えな〜」

って、母に言われました。

この先ずっと私に、老人介護だけしろ、と言ってるのでしょうか。

私の楽しい犬生活が脅かされています。

・・・とはいえ、さすがに良心も痛む娘です。。。



14080025_1726001810993729_1925131636236277037_n.jpg

とりあえず、今月は、比較的。。。大人しくしとくのだ〜。




posted by 庭師・香遊 at 19:24| Comment(2) | その他のよもやま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月06日

夏のご奉公。


岐阜から甥っ子&長姉が帰省してきて

木金土と3日間、ひたすらご奉公しとりました。

昨日は、毎年恒例の「ヤ・シィパーク灼熱地獄の行脚」


13925238_1719660291627881_1207071962660763445_n.jpg



・・・のはずが。

曇り空で、時おり心地よい海風が吹き

あら。なんて過ごしやすいのかしら。

水から上がった甥っ子も「寒い」と言ってたくらい。



13886346_1719660304961213_9163952329107520045_n.jpg


まぢ寝の長姉。コット持って行って良かった。

パラソルは、レンタル1200円。でも自分で立てるより楽だから〜



甥っ子、中3なので、もうええかげん波打ち際でちゃぷちゃぷ遊ぶの

卒業してくれんかなー?と思うのですが

「ダイヤモンドに匹敵する俺の楽しみ」なんだとか。

海のない県だから、年に一度の楽しみなんだそうですよ。



13873108_1719660311627879_2296180853424592680_n.jpg

いつもは漂うだけだが



13906831_1719660338294543_8223380891243181622_n.jpg

今年は初めて「バタ足」で泳ぎ、進化をうかがわせた。




海水浴の次の日は「シン・ゴジラ」が観たいというので

姉と甥っ子を映画館に放り込んで、

ショッピングモールで買い物でもして時間つぶしを…

と思いながら映画のチケットをネット予約したら


出演が竹野内豊と長谷川博記というから、しょうがない。

観ない訳にはいかなかった。。。


でも、2人の役柄はあまり面白味がなかったな〜。

むしろ、脇役の人達の方が、面白かったし、

意外な俳優さんが、ほんのチョイ役でいっぱい出てた。

人気のある監督だからかなー?庵野秀明監督。

映画の出来は…。

よくわかんないけど、つまらんというほどではなかった。

甥っ子は「感動した!」と言っていました。


感動してもらえて何より。




なば母ちゃんへのささやかな夏のプレゼントは

「ドコノコ」に投稿した「なばーるおじさん」の画像が

「ほんだな」というところに取り上げられて、

編集部の注釈がついたので、めっちゃ「いいね!」が増えました。



13912319_1719660271627883_6349447930331006155_n.jpg


だからどうってことはないのですが、

ほんと、ささやかな喜び。。。(笑)



posted by 庭師・香遊 at 20:12| Comment(2) | その他のよもやま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月12日

ざっくりいったよ。


お昼にオムライス作ろうと、肉切っていて

固い感覚があったので、チカラ込めてざっくり切ったら

自分の爪やった〜〜〜。( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \


いたいいたい〜。ボタボタ出血〜。



13626513_1710510539209523_4301466790472005824_n.jpg



包丁で指を切ったのは、ずいぶんと久しぶり。

もう、なんも出来ません。むりー。




13615123_1710510589209518_5485872867655799452_n.jpg


困ったおかあたんでペキ。



posted by 庭師・香遊 at 19:26| Comment(6) | その他のよもやま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月02日

しっこ爺さん。


庭仕事の最中に、仕事の電話が鳴ったので、

「ちっ」と思いながら出ると、

なんだか小さな声の爺さんからで


ワシは運送屋だが、お客さんが倉庫を借りたいと言ってるので、

電話番号を言うから、今からそのお客さんに電話してほしい。という。



何故にワタシが?

借りたいんならそっちから電話してくればいいのに。

なーんてコト考える訳がないくらい、仕事熱心なおばちゃんは、

まあ、言われた通り、電話したわけさ〜。


そしたら。

電話した相手のお客さんとやらも、これまた高齢の爺様のようで

「あーワシ、今、しっこに行きたいから、ちょっと待ってて」

…と仰せになり、ガチャンと電話が切れた…。




そうか。


しっこか…。



仕方ないな。今日はそういう日なんだろう。



10分ほど待って、再度電話をかけてみた。

なんだか所々ワケがわからないけど、とりあえず倉庫を借りたいらしい。


お昼ご飯食べてから行く、と言われ、1時半くらいにやってきた。

運転手のキレイな若いお姉ちゃん連れ。

ご本人も、腰は曲がっているけど

ピシっとワイシャツ&ネクタイにサスペンダー姿の

なかなかオシャレなお爺ちゃんだ。


自作だという長短2本の不思議な杖を、ストックのように使って、

一歩ずつ、少しずつ、慎重に歩き…

やっと空室の前まで到着したぞ、と思ったら

「…ワシ、しっこ行きたい」




ひいいいいい。

またかよーーーー!!!




ウチの倉庫には何故かトイレが無いので

隣のナントカ組合さんのトイレをお借りして

しっこから戻られるまで、大変長らくお待たせさせて頂き

ようやく賃貸契約書を書いて頂く所までたどり着いた訳だけど

したらば、保証人の身分証明書のコピーを忘れたという。


ううう〜。

管理人としては、なにぶん高齢の爺様なので

保証人さんはしっかり抑えておきたい所だが、

連れのお姉ちゃんは、代わりに引き受けてはくれなさそうな感じ。


結局、保証人になってくれるという「ママ」

(ママというからには、きっとどっかのお店のママなんだろう)

と連絡を取って、取り急ぎママがこちらに来てくれることになった。


ワシらは帰るので、ママに保証人欄に記載してもらって

契約書の控えは、ママに渡してくれ、という。



そして、倉庫に入れる荷物は「太鼓とほら貝」

それ聞いた時点で、もうなんだか

「オワターーーorz_03-8029b-thumbnail2.jpg…」と、絶望的な気分になってしまったのだけれど


連れのお姉ちゃんが

「太鼓とほら貝は、大切なものだから入れちゃダメ」と言ってくれて

どうやら、普通の衣類などを入れられる模様だ。



そして、契約書を交わした後に、私のフルネームを尋ねられ

「〇〇子という名前の人は、あっさりした性格ですね」と

特別嬉しくもない、「へー…」としか返せないような診断を頂いたので

一応尋ねてみたらば、やはり「姓名判断」などのお仕事をなさっておられるようで

先だっての「〇神丸」の船舶火災についても、

「だからワシは、災難があるから気を付けろと言ったんだ」と仰っていた。



そして、悪い予感は当たり

「あなたも拝んでしんぜよう」的なことを仰って

私の前頭葉に向けて、何やら呪文を唱えながらパワーを送って頂いた。



横で、お姉ちゃんが静かに笑っていた。




その後また「しっこに行きたい」と言い出したので(どうやらそういうご病気なのかも)

とりあえず、お二人は先にお帰りになり

私はその後、保証人・ママさんの到着を待った。



30分ほど待って到着したママは

なななんと


かつて、知人の元妻であり

旦那に内緒で、莫大な借金を作って

挙句、若い男と逃げた「M子ちゃん」だったから、

もう、もう、本当に、ビックリぽん。



M子ちゃん、いまは飲食店をやってる、と言っていた。

服装・乗ってきた車を見る限り、裕福な暮らしをしている模様。



当時、私もたぶん利用されて、

M子ちゃんの浮気の片棒担がされたかな?って事もあったけど

それでも、まあ、なぜか憎めないキャラのM子ちゃんと、

30年以上たって再会できたこと、実は、けっこう嬉しかった。




これも、不思議な「しっこ爺ちゃん」のご利益なのかも知れない。



今日は、そんな一日だった。



13087766_1682711435322767_8803782998444029063_n.jpg

「俺様の出番がないのだ。。。」



posted by 庭師・香遊 at 20:06| Comment(2) | その他のよもやま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月07日

惜しいっ!


12524397_1671973439729900_7206023881230469154_n.jpg



高知大会後に、疲れた体に鞭打って

えっせえっせと、収穫した酸っぱい小夏たち。



今年も、お友達のお好み焼き屋さんに持って行ったら

美味しいゼリーになって帰って来ました🎶


12963452_1674989032761674_7574643930818034010_n.jpg



毎年、これを楽しみにしてくれるお客さんもいるのだとか。

そんなこと聞いちゃうと、

頑張って収穫しなくちゃ!って気になるよねー。




頂いた小夏ゼリーに、母も舌鼓。

「美味しいねえ〜。私も作ろうー」と

スーパーにゼラチンを買いに行った母が

買ってきたものが、こちらになります。





12932734_1674988979428346_6977882057179556247_n.jpg



ゼリエース!!!

懐かしい!

でもコレ、ゼラチンじゃないし。

お湯入れたらゼリーが出来るお菓子やし。

しかも、メロン味やし、お母さん。。。orz_03-8029b-thumbnail2.jpg



母ちゃん、いよいよ最近、ぼけたなーーーー。



12108765_1668200693440508_4634445730635413890_n.jpg


せつない話でペキー…。




posted by 庭師・香遊 at 23:39| Comment(0) | その他のよもやま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月20日

いろんなことが、かみあわない。


雨なので、本日は珍しく絶賛お仕事ちう。

…が、しかし、

倉庫客へ送る更新案内用の葉書を切らしているのに気付いて

近くのコンビニへ。

郵便局が休みでも、便利な世の中だニャー。


12650845_1652940184966559_6708612841659274970_n.jpg




カウンターの若い女の子に

「官製はがき、扱ってますか?」と聞いたら

奥に引っ込んでって、1枚だけ出してきて

「52円です」と言われたので

「ごめんなさい。20枚欲しいんです」というと

また奥へ引っ込んで行こうとするので

「インクジェット用のは無いですか?」と聞くと

それは無いというのであきらめて、待つことしばし。


「お待たせしました。728円です」と言う。




・・・?



「え・・・と。」レジ画面を見ると14枚になってる。

「14枚しか無いんですか?」と聞くと

テヘッと笑って「アレ?何枚でした?」


「…20枚…。」



ああ嬉しい。ようやく買えた。


…と思って、財布から1040円払おうとすると

カウンターの上には、何故かすでに千円札が。

他に客の姿はなく。。。「これって…アタシが出したの?」


。。。全く覚えがないのであった(笑)。




以上、天然バイトちゃんと、認知なおばちゃんとの

嚙み合わないことこの上ないミッションが、

ようやく完了したのでありました。




12669656_1652940174966560_3886407697177943048_n.jpg



ところが、帰宅したところ

留守のはずの家の中に、うごめく怪しいシルエットを発見!



おかしい…!人間のシルエットではない!

だれっ。。。???



父はデイサービスだし、母は私がコンビニ行く前に

「カーブスに行ってくる」と言って、外でカッパを着てたから

誰も居るはずがないのに…と思ってよく見たら


何故か母が、雨合羽の上下を着用したままで机に向かい

何やら領収書見ながら電卓叩いていたので

もう、本当に・・・

わけわかんない一家になっちゃった。


という、なんだかやるせない日常のひとコマの話でした。




《追記》


という日記をアップした後で、件のハガキを印刷したところ・・・


ヤラレターーーー!

バイトちゃん、どうやら何枚か追加した分

ハガキの上下を揃えず、バラバラに袋に入れてくれており。

母ちゃん気付かず、ごっそり上下を逆に印刷してしまったよ・・・。orz_03-8029b-thumbnail2.jpg


(p_q*)シクシク

けっきょく、買い足しに行ってきます・・・泣。



12717362_1652940181633226_7985390719113341328_n.jpg

ニャにゃにゃーん。







posted by 庭師・香遊 at 11:42| Comment(0) | その他のよもやま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月02日

ORANGE


11960160_1607691912824720_4428552370185720023_n.jpg


なば母ちゃんのアジ用シューズは、オレンジ色なので

Mセンセーは、めんどくさい時、「そこのオレンジマン!」と呼ぶ。


オレンジマンは、元々オレンジが好きなので構わないのだが

このたび、もひとつの足もオレンジ色に履き替えました。




11954559_1607691916158053_8770407506860937095_n.jpg


悩んだ挙句、「遠征」よりも「街乗り」重視に。

じいじが、病院の駐車場で迷わないように、目立つ色で。



今までみたく荷物が乗らんので、難儀しとります(笑)。




よろしくね。




posted by 庭師・香遊 at 15:56| Comment(2) | その他のよもやま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月03日

涼しい話。


日暮れの公園。夏休み。

むせ返りそうな湿度。

蝉しぐれと、子供たちの笑い声。



帰るおうちがもう無い、可哀想なあの子

きっと、誰かに気付いてほしくて…?


いつまでも、いつまでも、揺らすブランコ…。







ずっと遠くから見てたけど、1台だけ

ずっと誰かが、漕いでるんですよおー。



そして、ビビりながら撮ってたのに

突然現れた後ろの白装束のおばちゃんに、更に脅かされてしまった。



やめて怖いわ〜。



posted by 庭師・香遊 at 19:35| Comment(0) | その他のよもやま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月22日

思いがけず、龍馬。


さて。甥っ子悲願の、年に一度の海水浴。

恒例!「ヤシィ・パーク」に連れて行って来たんだけども、こんな天気さー。

案の定「本日遊泳禁止!」の非情な立札が。ww


11737842_1591937764400135_411534826591924825_n.jpg




本当に、これだけを楽しみに高知に来てるので

しばらくの間、不機嫌極まりない甥っ子だったが

丸亀製麺連れてったら、ほぼ機嫌は治った。

炭水化物大好き野郎で、助かった。




姪っ子が行きたいと言うので、龍馬歴史館行って来た。

最近リニューアルして、何とも言えないテーマパークになった所・・・


龍馬の誕生に立会い、

11227906_1591937777733467_7392166401872524740_n.jpg



鏡川で、乙女ねえやんにスパルタ受けてる姿を見守り

11737954_1591937771066801_3331092339719251607_n.jpg



ときには背後霊のように寄り添い、そして

11781849_1591974407729804_8051534905161999768_n.jpg



海援隊と共に、未来という海へ、いまこそ漕ぎ出すがぜよ!!!

11059345_1591938287733416_1451487036357392657_n-1.jpg



・・・で、最後は母ちゃん、船酔いちう?みたいな。

11249557_1591937837733461_7909703492450926129_n.jpg




別れは、シェイクハンドぜよ〜

11178283_1591938271066751_7256118402328243737_n-1.jpg




むろん他にほとんどお客はおらず・・・

わらわら居るスタッフさんの未来を、憂えてしまった…。



11058240_1591937844400127_6532437819320560654_n.jpg

看板犬の大五郎は、可愛かったよ・・・




posted by 庭師・香遊 at 21:51| Comment(0) | その他のよもやま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月29日

尻カメ体験記〜美しくない話。


ちょっと最近慌ただしくて、更新さぼっちゃいました。


実は、5月の健診でひっかかったワタクシ。

実は実は、心当たりがありまくりだったなば母ちゃん、

いつになく繰り返される便秘とP。便は細るし

もーアタチ絶対大腸がん。と思ってた所への

「潜血反応陽性。要・再検査」でしたから。


さよーなら MY LIFE。さよーなら愛する犬猫たちよ。

と思いながら、先日ついにお尻からカメラを入れたら

何の異常も無くて、

どうやら潜血反応は「切れ痔」によるものだった模様。うそ〜ん。やだぁ〜。



初めての大腸内視鏡検査は

洗腸剤を飲み続けて、腸がキレイになった人からカメラに移るのですが

なかなかキレイにならんかった母ちゃん。

キレイになってカメラに移れるかどうか、

なんと!出た便を、看護師さんに見てもらわないといけないらしい。



ウ〇コを人に見られるなんて!耐え難い恥辱!!!

…と思っていたのに

なかなか透明な水状にならなかった母ちゃんは

何度も見てもらう中で、だんだんと羞恥心ってヤツを失い

「見て〜♪」

「見て〜♪これは〜?」

「見て〜?今度こそどおお???」って

ワクワクしながら便を見せたがるおばさんと化していた。


ヒトは、どんな環境にも馴れるものなのですね。

羞恥心も平常心も、人間性さえすっかり失なう、そんな恐ろしい検査でした。



結局、なかなかキレイにならんかった母ちゃんは

爺さん2人に先を越されるという屈辱を味わいつつ

吐きそうになりながら、まずい洗腸剤を、

6時間かけて、都合3.8ℓも頑張って飲んで

やっとOKが出て、さあ、カメラだぁー!


看護師さんに「じゃあ下着も脱いでこれに着替えてから、あちらの部屋へ」と言われ

検査着を着て、ドキドキしながら台の上に横になったら

先生が「あっ!」と叫び

看護師さんが「いやだ!〇〇さん、パンツは?」という。

「あらっ?私、上着しか出してなかったかしら?」って!

ねーよっ!貰ってないよ!

いやーんもう。恥ずかしすぎるー!!!!!

真っ赤な顔で、カメラ挿入用の穴の開いた使い捨てパンツを渡されて、

真っ赤な顔で、履いて、仕切り直しだ〜。



恥ずかしすぎて死にたカッターーーーーーー!!!





MY愛しき腸は、思いのほかぷるんぷるんでキレイでした。


そして、人生初の尻カメラは、とにかくくすぐったくて

肩を震わせながら耐えていたら

「痛がる人はいるけど、それほど笑う人は初めてです」と

先生に言われちまっただ。てへ。



こんな母ちゃんだから

病気の方が、逃げていくのかもしれません。

ええこっちゃ。




それにしても。

美しくない話なので、書かずにおこうと思ってたのに

なぜ暴露してしまうのかアタチ。性分かな?ビョーキかな???

以上、

恥ずかしすぎて、たぶん普通の人はブログに書かない話をお届けしました。



image12.JPG


ババアがばっちくて、すまぬのだ。




posted by 庭師・香遊 at 17:41| Comment(2) | その他のよもやま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月13日

まだ続きがあったのぢゃ。


先日の行方不明事件、めでたしめでたしでは終わらなかった。

後でよくよく聞いてみると、

〇〇さんは、行方不明になった当日

朝、ほぼ時間通りに、我が家のすぐそばまで来てたらしい。

でも我が家に上がる私道が見つけられずに、そのまま帰ってしまったんだそうな。

携帯も持っていたのに、ウチにかけることもせず

こちらから発信しても、出てくれることもせず。

家を出てから、警察の方が見つけてくれるまで12時間近く経過していたが

その間のことは「よく覚えていない」と言っているらしい。



もう、その時点で、かなり認知症疑惑ですよね。

しかし、〇〇さん本人はもちろん、奥さんも全く疑ってもいない模様だ。




そんなわけで、ワタシ、ウチの両親には

「もう、二度と!何があっても!〇〇さんにお願いしてはいけない!」

…しつこいほど言い聞かせて、両親も納得してました。



しかし、その翌々日の金曜日。

なばレッスン中に、母が携帯にかけてきて「困ったことになった」という。

「〇〇さんが明日もう一度来ると言って聞かないから、すまんけど頼むわ」という。





ハァ?




やいやいやい、待てーーーいコラ!!!

母ちゃんブチ切れ。久しぶりに震えるほどブチ切れ。

なに?ウチの親?どこまでアホなの?懲りないの???



「朝8時前後に、下の県道まで出て待っててあげて」という。

気が遠くなる。

それでも、もうワタシのチカラでは、なす術もなく

親子の縁も断絶された状態で、とうとう本日の朝を迎えた。



私は朝は忙しいので、ジェイソンを下の道に配備して、到着を待っていると

〇〇さんより電話。

「入る道がわからんけど、どこ?」

いやいやいやいや。父ちゃん目印に置いてるのに、〇〇さんこそ、どこよ?

「ここは、右に曲がると本通り、左に曲がると民家がいっぱいある」



わからねえよ。

なぞなぞですか?



他に目印らしき建物を聞くも、わかんないようで聞き出せず、

「じゃあ探しに行くからとにかく動かないで」と言って車を出す。

家沿いの道には、どこを探しても居ない。

春野を抜けて来ると言ってたから、もしかして

家よりだいぶん東の道の方角へ出てしまったのかもと思って

東へ走ってみる。で、やっと見つけた! 

はぁぁぁぁ。



で、その後はなんとか無事に、伐採作業開始。

と思ったら、早々にチェーンソーの歯がコンクリートに当たり

ヤスリを取り出して、歯の補修を始めた。


(…イラッ…)




ようやく補修が終わり、ロープを引っ張ってエンジンかけるも

ロープ引っ張りすぎて、部品のバネが壊れたらしく

その後、二度とエンジンがかかることは無かった…。


(…イライラッ)



土曜なのでダメだろうとは思いつつ、近くの農機具屋さんへ走るも

やはり土日はメーカーも休みで部品が無い為、

チェーンソーの修理は出来ないとのこと。



帰るのか・・・ほとんど何も出来ず、西土佐までまた3時間かけて帰るのか。

なんて可哀想な人なんだーと思ったら、

ふと「レンタルがあるんじゃないの?」と思い立ち

心当たりを当たってみたら、

家の近所の「建設センター」さんで借りれるように

ララパパ様が手配をして下さった。ありがたや〜〜〜。



かくして無事、チェーンソーをゲットし、やっと作業再開。

「もうちょっとやって行く」という〇〇さんを

明るいうちに帰そうと、早めに、丁重に、切り上げて頂いて



今度こそ、私の長い1日・第2弾…が、

ほ、本当に終わったのかな?・・・なんか、あやしいわ。




犬友さんに、いっぱいお世話になりました。

レオパパ&ララパパ様に、心から感謝します。

ありがとうございました!




なば母ちゃん、もうね、つかれはてたわー。

認知が認知を呼び、認知まみれ。1人でそのお世話。

認知ばんざい。もー助けてーん。(壊)



image5-20150601-5.JPG

かあたん、よくがんばったでペキよ。







posted by 庭師・香遊 at 22:19| Comment(6) | その他のよもやま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月10日

胃が裏返って口から出そうだった1日。


本日、西土佐に住む父の古い友人が

我が家の、生い茂った木々の伐採に来てくれることになっていました。


もう、うちのジェイソンは、代名詞のチェーンソーも使えないくらいに

色んなことに意欲を無くしておりますので。


ただ、約束を取り付けたのが、認知のジェイソンであるという時点で

本当に約束したのか、本当に来るのか、確信は持てなかったけど

いちおう家も大掃除して、お昼や、冷茶、おやつの用意などもして

万全の態勢で朝から到着を待つも…来ないわな〜〜〜。



ええい、この〜。

私はレッスンもお休みして待っとるんだわ。

どゆこと?くるの?こんの?どっち???



先方の電話番号も知らないので

「お父さん、〇〇さんに連絡してみてよ」と頼むも

「せんでえい!来なかったらその時はその時よ」と意味不明な返答で

何の役にも立たねえー。

ついに昼が過ぎて「これはいくらなんでもおかしい」と思って

不在にしていた母と連絡を取って、母から〇〇さん宅に連絡を入れてもらった。


すると、奥様が出て「朝5時にこちらを出ましたけど」と仰る。

「そちらで8時から作業を始める予定だと言ってましたが、着いてないんですか?」





顔面蒼白。

その時点で、家を出られてから8時間が経っていた。

奥様からも私の携帯に連絡が入り、

「〇〇の番号教えるので、そちらからも連絡入れてみて下さい」と言われ

何度か電話するけど、やはり呼び出し音が鳴るだけで、ご本人は出ない。



これはもう…急病か、あるいは何らかの事故に巻き込まれたに違いないと

K察(なぜ伏字?)勤務のお友達にアドバイスを頂きながら

とりあえず「おおごとにしたくない」という奥様を説き伏せ、

アドバイス通り、まずは行方不明の届を出して頂くようにお願いした。




それから何時間経った…???


もうダメだ。きっともうどこかの崖下で…

「心配」を通り過ぎて、

もう胃袋は裏返って喉の上まで上がってきていた。




〇〇さんが、今回の仕事に乗り気でないのは明らかだった。

何度か頼んだのに、全然来なかったからだ。


お歳はたぶん70代後半?

昔は林業に従事してて、引退した現在は、

森林保全活動などに従事しておられる

とてもお忙しい方だと聞いてた。


そんな高齢の方を、わざわざ西土佐から呼んで

万が一、作業中にケガでもされたら、どう責任を取るのか?

プロの業者にお願いした方が、仕事も早いし安心確実!と

当初から、私は反対していたけれど

昭和ヒトケタの父母は、くだらん人情に支配され

「どうせなら知り合いに頼みたい」の一点張り。

その友情のお仕着せが、

相手に無理強いさせてることにも気づかない。




そして、この結果だ。

どうしてくれよう、ウチの両親。

〇〇さんにもしもの事があったら、完全にこやつらのせいだ。



が、肝心のジェイソンは

「〇〇はどうしたのかなあ」と、勝手に警察に何度も電話しようとしたり

そうかと思えば、「腹減った〜なんか食うもん無いか?」と

緊迫した待ち時間の間に3回も!言って、私をイラつかせたり。





もう、ほんとうに、


私の怒りは振り切れてた…








それでも、夕方5時前になって

ようやく奥様から「見つかった」との朗報が届く。

「窪川で具合が悪くなってたらしい」

「いま警察の方が、自宅まで送ってくれてる途中です」と。




あああーほんとうに良かった。

胃袋もシュルシュルと定位置に戻っていった。


「詳しい状況は本人と話してからまた連絡する」と言われたけど

連絡はまだ無い。

でも、生きていてくれれば、もうそれだけで十分。





そんなわけで。


母ちゃんの、とても長い一日が終わった…。




が、ジェイソンとの戦いが終わったわけではない。



頑固で忘れん坊の年寄りは、最強。

ワタシ、自分の方が倒れてしまいそうな毎日だ。


image6-20150601-6.JPG

「たいへんでペキね…」




posted by 庭師・香遊 at 20:08| Comment(4) | その他のよもやま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月04日

3年越しの夢が叶った爺さん。



20150204_172638.jpg



薪ストーブは、ジェイソン父ちゃんの長年の夢でした。


3年前以上前から、薪だけは、用意していた。



(その頃の悲しい日記は → こちら)



それが今年、ついに(何故か2月になってしまったけれど)実現に至る。



寒い北側のダイニングに置きたかったらしいが

いざ業者さんに見積もりをお願いした所

煙突と屋根のひさしの位置関係で、どうしても北部屋には設置できず

けっきょく、南に面した居間の、押入れスペースを利用することに。



20150123_165648.jpg


これが



20150201_105912.jpg


こうして



20150204_171916.jpg


こうなったのでペキ〜〜〜。




20150204_172634.jpg


寒がりのえん君も、嬉しかろ〜?

(でも、やかんが…残念な感じ)




20150204_184507.jpg


年寄りも、火のそばを離れんなったっちゃ。




その頃、居間に入れてもらえないなばおは…?



20150201_164829.jpg


またティッシュ食って、母ちゃんの無言の怒りを買っていました…。




なば君も、いつか年老いて動けなくなったら(笑)

薪ストーブの部屋に入れてあげようね。

しょうがないよね?だってアンタ、狼藉者だもん。






母ちゃんも、薪ストーブは嬉しいけれど

ここに至るまでには、ジェイソンがボケているだけに

紆余曲折が…いま現在も、あります。


安全な使い方を、覚えられないので

そのぶん安全対策にお金をかけすぎて、大幅予算オーバー。

さすがに火事にはしないだろうけど

母ちゃん、これからも「キィーーー!」となること、ウケあいです。



いまはただ、美味しいピザを焼くことだけが、母ちゃんの楽しみ…。

早くピザパンを注文しなくちゃ。うひひひひひ、食べにきてねー。




posted by 庭師・香遊 at 19:51| Comment(6) | その他のよもやま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月17日

小さすぎる美術館。


さて。今回のメインイベントである、姪の個展である。



20141214_135302.jpg


どう見ても、フツーの民家。でも2階がロビー兼事務所で

1階と3階がギャラリーになっている「美術館」なのだそうだ。


20141214_135230.jpg


姪の作品は3階。

膝の手術をしたばかりの母が、ゆっくりゆっくりと階段を上がる。



20141214_131051.jpg


20141214_131109.jpg



畳図。なぜに畳なのかわからないけど

途方もなく長い時間をかけて、鉛筆だけで描いたそうだ。

在学中に、この絵で「安宅賞」を頂いたらしい。



20141214_132116.jpg


20141214_132041.jpg



ワタシは絵のことはよくわからないけど

そういえば、昔から変な子だったな。

4歳くらいの時に「死んだら、死んだらどうなるの?」と泣いて

死ぬのが怖くて眠れなくなった、という厄介な性格の持ち主(笑)。



個展の絵はどれも、爺ちゃん婆ちゃんの理解の範疇を超えていたみたいだけど

家に飾ってあったこの鉛筆デッサン画は、

年寄りには大好評だったらしく、もらって帰ってきた。



20141217_091510.jpg



爺は、「大収穫だ〜♪ オレが死んだら〇〇に返してやれよー」と

40回くらい同じことを言って、喜んでいた。



1418711550538.jpg


置いてあった作家プロフィールのファイルを群がって見る一族。





20141215_073648.jpg


月曜の朝になってようやく、厚い雪雲から朝日がのぞいた。



向うに着くなり大雪になって

結局、帰る日の15日朝まで雪が降り続いて

おかげでどこにも行けなかったけれど

まあ、個展も観れたし3世代団らんも果たせたし

お湯がとろっとろんの温泉も堪能したし

概ね目的は果たしたので、親孝行はでけたかニャー。



20141215_071845.jpg

どれどれ?よく降ったニャーと外を眺めるペンタ。



今回、3〜4回の休憩をはさみながら行ったので

けっきょく片道8時間近くもかかってしまった。

ぱこと爺は、その道のりの長さに文句ばっかり言うし

母は逆に足を動かさなかったために変な痛みも出たりして

やはり長丁場の旅になると、もう無理かもなー…とも思ったり。

特に、今回は運悪く

帰宅した次の日の火曜日には、九州から

父の昔の友人達が4人も泊まりに来たりして

旅から帰宅 → すぐさま大掃除。

しかも一人は足が使えず、一人は脳が使えない人達なもんだから

母ちゃん、1人で、なんもかんも1人で!!!

常時ヒステリー起こしながら、頑張った。

昨夜と、今夜ももう一泊するらしい(笑)



でも、まあ、ありがたい事です。

爺も嬉しそうです。


近場で、無理のない距離で、爺の脳に刺激を与える旅を

これからもまた続けて行ければ…と思います。



そうそう。この旅の直前、母の膝のことを考えて

居間の掘りごたつを埋めて、ダイニングこたつを設置したのだけども

その下の敷物がふわふわしてるのが気に入らないらしく

けさ見たら、こんな姿にされていたよ〜〜〜!


20141217_085218.jpg


しかも紙のガムテ!!

くっついて取れーん!じじいコロス!!!



ドライヤー使いながら難儀して取りました。えーんえーん。




20141215_111617.jpg


写真は、ぱこたん@多賀SAのお手製ドッグラン。フェンスが竹製(笑)


ぱこたん、車中でずっと変な声で喋りっぱなし。

そのうちニンゲンの言葉を習得しそうな気がします。



1418711524160.jpg


「ちょろいもんでペキよ」









posted by 庭師・香遊 at 10:24| Comment(0) | その他のよもやま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月16日

雪景色に消えたジェイソン。


ただいま〜岐阜から無事帰って来ました。


運悪く、出発に合わせるように寒波到来。

しかしその中にあっても

土曜の朝に通った高知道は、午後には通行止めになり

岐阜の姉宅へ到着した直後に、雪が降りはじめて…

翌朝には、こんな状態になったことを考えると


20141214_140652.jpg


どうやら、交通運?は良かったのだと思う。




しかし、事件はこの現場で起きてるんだ!


日曜の朝、久々の雪景色。

どうやら少し嬉しくなったジェイソン爺ちゃん

何やらいそいそとコートを着て

「おい、散歩いかんか」と私に言ったけど

ワタシは何をやってたか忘れたけど、忙しかったので断り

爺は、1人で出てった。



20141214_105258.jpg



その時は、なんも考えんかった。




20分くらい経ってから、ふと、

「アレ?どこ行った?」と急に不安になってきて

窓から四方を見渡すけれど、

田んぼの中に人家が点在するのみで、人影は一切ない。



・・・や、やばいかもしれん・・・。




ひええええええ。

ぼた雪の降る中、母ちゃんはひたすら爺を探した。

堤防の向こうには揖斐川。まさか、落ちはすまいが

…いやいや、まさか!病気を苦に自殺など…。

ないないないない!!!



堤防にあがれば、もっと周囲を見渡せると思って


20141214_081006.jpg


写真正面の、雪の積もった堤防の斜面を、

時折滑りながらも、なんとか登頂に成功。

ムートンブーツじゃなくヌプシ履いてきたアタシ、偉い〜。



しかーし、堤防の上から見渡すも、爺の姿はどこにも無い。


コギちゃん散歩中のおじさんが近づいてきたので

80歳くらいの黒いコートの爺さん見なんだか尋ねるも

「そりゃーこの天候だから早く警察に届けた方がいい」という返事。


ぐううう。そうか。やはりそうか。と思って

姉宅へ戻った時

姉宅1階の豆腐工場より、黒いコートの爺さんが

ポロリン・・・と出てきた。




orz_03-8029b-thumbnail2.jpg

orz_03-8029b-thumbnail2.jpg

orz_03-8029b-thumbnail2.jpg



おいコラーーーーーーっ!


散歩じゃなかったんかいっ。



「工場をのぞいたら、誰かが居て、これくれた」と

袋に入った餅やら海苔やら。


「それ、お姑さんだよっ」

誰かもわからんかったみたい。



コドモかっ?幼稚園児か???

挨拶したのかせんのか、それすら、もはやわからない。



もう、全身!雪まみれになったワタシ。車で探してくれた義兄。


すいません、本当に本当に、人騒がせな父で。



1418711545619.jpg

ストーブの前で濡れた手袋を乾かしながら、ぱこに癒してもらう。



20141214_114235.jpg

ぱこたんが居て、おかあたん、良かったわあああああ。




20141213_201923.jpg


しかし。

姉宅の兄弟にゃんこ「ぽんた」と「ぺんた」は

初めて間近で見る犬に、ビビりっぱなし。



20141213_175819.jpg


かわいそうに。棚の上から降りて来ない。



ごめんよぉ〜変な犬連れて来て〜。

でも、でっかいのよりマシなんだよ〜これでも。

ぱこの方は、猫にちょっと興味はありつつも

遠慮して近づいて行かないという感じ。

コレ、なばおだったら問答無用!容赦なく斬りこんで行きますからね。

大変よ、もう。



20141213_174317.jpg

たれ目のぽんちゃんとぉ〜


20141213_174355.jpg

ハンサムなペンちゃん。


2匹とも大人しくて、でも人見知りで逃げるほどでもなく

じっと触らせてくれて、オモチャでも遊んでくれるし、本当に良い子♪




20141214_115659.jpg


ぱこケージの横で眠る母ちゃんが目覚めた時は…


20141215_070318.jpg


棚の上から、揃って、見物されてたのであった(笑)



(長くなったので続く)




posted by 庭師・香遊 at 16:08| Comment(4) | その他のよもやま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月01日

じいじが予想外に可愛かった件。


20141101_162800.jpg



写真は、ワタシの「チュニックパーカー」。

ワンピースくらいの丈があり楽だし温かくて重宝している。

昨夜風呂から出たら、

物干しから取り込んでいたこの服を、

あろうことか、じいじ(齢83歳)が着用していた。

脱力〜そして爆笑!

写真を撮り忘れたことが無念でならない!



じいじ、絶賛アルツハイマー中!

いろいろ面白いことしてくれるのだ!



posted by 庭師・香遊 at 16:44| Comment(0) | その他のよもやま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月13日

台風一過と近況


20141013_173959.jpg


20141013_174142.jpg

(西の空をおがむ)


タイフーがイッカしたのだ。

オレ様が、空のむこうに追い払ってやったのだ。

口ほどにもないヤツめ。ファッファッファッ


20141013_174018.jpg




最強クラスの台風襲来と言うことで

早朝から風も強まり、ちょっとドキドキしましたが

ふたを開けてみれば…

我が家では、自転車すら倒れていなかった、という…。


他の地域でも、これ以上被害が拡がりませんように。




とはいえ、予定されていた12日のコンペは中止になっちゃいました。

楽しみにしてたのに…寂しいなあ。




延期されていた母の手術が、今月の23日(木)に決まって

11月の競技会は、徳島も福山FCIも、断念しました。サヨーナラー。


爺さんを置いては行けないし

連れてゆくにも年寄りには強行スケジュール過ぎます。


万が一、術後の経過が良く

主治医の許可が出れば

11月末のドラハには両親を乗っけて

岐阜の下呂温泉にでも放り込んで、岐阜の姉に面倒見てもらいつつ

ワタシは滋賀まで戻ってドラハ2DAY出場!とか

1人で色々妄想を膨らませておりますが…そんなにうまくいかんだろニャー。



岐阜へ行きたいのは、もう一つ理由があります。


姪っ子の個展が12月中旬まで岐阜の美術館で開催中でして。

その名も…『極小美術館』(笑)という所なんだけども

ギャラリーではなく一応『美術館』なのだそうだ。

これを観たくて、10月の岐阜競技会に行く予定してたのに、母の膝手術で断念。



20141013_192044.jpg



が、先日、姪っ子から個展のフライヤーが届いて

やはり爺婆も、初孫の個展を、急に観に行きたくなったみたい…。



ドラハ出場は間に合わなくても、

個展が終わるまでには、連れて行ってあげられると良いのだけど。



20141013_174032.jpg



posted by 庭師・香遊 at 20:09| Comment(4) | その他のよもやま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月05日

手術延期。


ウチの母。

6日に膝の手術受ける予定で、一昨日入院しましたが

術前検査で、様々な不具合が見つかり…

とりあえず手術は延期になってしまいました。


6日手術で、11月の競技会出場はギリギリだったので

今回の延期で、11月はぜーんぶ出場できない可能性が大。

ま、仕方ないです。ほぼアキラメています。



ただ…

近く、不具合の詳しい説明を内科の先生から聞けることになってるので

その内容によっては

いったん、膝の手術は保留にして、一時退院させてもらい

そちらの治療を優先することも、視野にいれないといけない。




年取ると、色々出てくるもんですね。


そんな感じで、落ち着かない日々です。

ジェイソンが、これ以上ボケないように頑張ります。




uMRK_2417.jpg

(撮影:まーくさん)






posted by 庭師・香遊 at 19:02| Comment(2) | その他のよもやま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする