2016年03月24日

みんな病んでいる。


1935599_1668200566773854_289842282884581096_n.jpg


ぐえええー。絞殺現場。



12803263_1668200583440519_4764618404565230108_n.jpg


高知大会直前、最後の練習日。

「今日もなばおに石を積みます」と予告していたMセンセー。


が、心の状態がさらに悪化してしまったのか

今日は、ぎううう〜と、羽交い締めにされている犬。



12321335_1668200766773834_4156160458571841368_n.jpg


でもやっぱり嬉しそうな、犬。






この春、犬友まりこさんちのダックス太郎くんが

膵炎で、徹底した食事管理が必要になってしまって

買いためていたオヤツやフードを

ごっそり送って下さいました。高価なものばかり〜💦


12495053_1668200613440516_2522356407147441704_n.jpg



セシルママにも昨日、新品のサークルやオヤツを頂いたし🎶

なんだか、もう、お気遣い本当にありがとうございます。

太郎くんの1日も早い回復を祈りつつ

大切に使わせて頂きますね。






実は、

庭猫たんぼ君が、2〜3週間前から右耳が腫れていて

どうやらこれは「耳血腫」というやつらしい。



12494837_1668200676773843_1924998911705977548_n.jpg



病院へ連れて行こうと、何度も捕獲を試みるも

びびりんちょのたんぼっきゅんは、全力で逃走し

疑いの目をおばちゃんに向けて、それから一切近寄らなくなって。

でも、なんとかまた少しずつ接触を試みて

やっとそばでご飯を食べてくれるまでに信頼を回復してきたので

再び、捕獲用の洗濯ネットを、ポケットにしのばせて

しずか〜に近づくと、必ず逃げられる。


これを、もう長い間繰り返してる。



12717894_1668200746773836_6211244136417715562_n.jpg




平常心を装っているつもりなんだけどな。


本当に不思議なくらい

猫の危険察知能力ったら、ほんとうに、本っ当に、半端ない!orz_03-8029b-thumbnail2.jpg



しょうがないので、捕獲器を買ってみた。

前のヤツ、震災の時にペットの保護用に福島に送ったから。



でも、捕獲機に入ったの、やすこだけだった。大失敗。





たんぼ君のおとり用にと、美味しい高栄養のAD缶を

いったいいくつ買ったことか。

このままでは、栄養過多になってしまうわ(笑)。



耳血腫は、それ自体、命がどうこうではないけど

やはりこのままでは耳が変形したりしてしまって都合が悪い。


高知大会までに、なんとかたんぼ君問題を解決したかったが

どうやら、この戦いは4月に持ち越してしまうかもしれない。




母ちゃんが、今から予定があって病院へは連れて行けない日

たんぼ君は、穏やかにそばでご飯をたべてくれるし、撫でても全然大丈夫。

でも。「さあ今日こそ捕まえるでー」という邪心をもつと

てきめん、絶対に!縁の下から出てこない。

どんなに美味しいごはんがそこにあっても。



Felvのシンちゃんや、他の猫に攻撃的なエンゾーが居たとはいえ

たとえどんな事情があったにせよ、たんぼ君を、

家に入れてあげることが出来なかった。この事態は母ちゃんの責任だ。



外で生きているねこさんは、自由きままに見えるけれど

いざ病気になった時に、本当につらくてもどかしい。



「心頭滅却」

一切の邪心を捨てて、無の境地で、臨もう。

これが今の母ちゃんに必要なことだ。



これって、競技会にも通じるんじゃないかなー。




12376680_1668200656773845_6128191736052389238_n.jpg


必ず治してあげるから、待っててにゃ。



posted by 庭師・香遊 at 11:51| Comment(2) | 日記「主人公はニャン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月22日

にゃあにゃあにゃあ。


12728991_1657203974540180_8209603941264167280_n.jpg


ごはん、おやつぅ〜、おそと〜、だっこ〜〜〜。

何かと要求の多い、我が家のえんぞう君です。


今週は、週末の山口行きを前に、

怒涛の忙しさになりそうな予感なのですが…。

その前に、ちょこっとだけ「お猫さん」に会いに行く。

猫の日ですからニャー。



1916561_1657203444540233_815639392772859196_n.jpg


須崎の猫神社。

えん君と庭猫たちと、猫友さんちの猫ちゃんと

お空のまーちゃんやシンちゃんの幸せを、

今年も欲張って、いっぱいお祈りしてきたった。



12744741_1657203454540232_2145313211246523261_n.jpg



ご本尊の「ねこさん」は

ぜんそくや脳の病気にもご利益があるらしい。

なば母ちゃんの脳みそも、もうこれ以上衰えませんようにと祈る。




12715622_1657203714540206_3297055504273707919_n.jpg


猫神社前の風景。

いつも、まったりできる時間です。。。






12744323_1657203711206873_1556369867901254729_n.jpg


早いもので、まーちゃんの命日も、今日で8回目だわ。


たんぼ君の黒モフっぷりがよく似ているおかげか

いつも、そばにいてくれるような気がする。


11666143_1588656268061618_4325394215122482042_n.jpg




まーちゃんやシンちゃんとのお別れは辛かったけど

遺して逝くことほど、辛いことは、きっとないと思う。

年明け早々に届いたシェパ友さんの訃報を、

今日また思い出して、泣きそうになった。


遺された4匹の猫ちゃんず。。。いまも元気でいるかな。






我が家のオッサン猫のえん君も、


12717385_1657203984540179_390574315147274048_n.jpg



めずらしく可愛く撮れた。きっと、猫の日効果。



posted by 庭師・香遊 at 19:29| Comment(2) | 日記「主人公はニャン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月16日

えんぞう爆発。


12033207_1612401992353712_4274064115347553959_n.jpg



そう言えば昨日から、ほんの少し、ご飯を残してたんだよね。

いっつも完食のえん君だったのに。

今朝も、ご飯を1/5くらい残していたから

おかしいな?と思って、よーく見てみたら…


。。。ん?

しっぽの付け根あたりのシルエットが明らかに、変。

触ってみると。。。ぎゃああ。めっちゃ腫れてるやん!!!


うわー。お腹空いたけど、今からならギリギリ午前の部の診察に間に合う。

腹がグーグー鳴ってたが、えん君かかえて病院へGO!だ。


獣医先生「うわーこれは膿が溜まってるね」と

カット綿を沢山持ってきて、切開してくれたけど

そんなもん、何の足しにもならないくらい、

猛烈に臭い、大量の膿が、ドバー!

診察台が、膿の海ーww


他所の猫には容赦は無いが、人間にはとっても穏やかなえん君が

うあああああああーん!と怒りの雄叫びをあげるほど、

それはそれは、痛かったようだ。可哀想に。



「喧嘩の傷が原因では?」と聞かれたが

ジェイソン父ちゃんがいつも

サッシ戸や網戸を閉め忘れて逃がしてしまうので

その可能性は十分にある。ふう〜。くまったくまった。



とりあえず帰宅して、

えん君が最近お気に入りのジェイソン机や床を消毒しまくり

大穴あいたお尻を、しばらくペロペロ舐めていたけど、

ようやく、落ち着いてきたとこ。


夕方のごはんは、まだ少し残している。




12039243_1612401989020379_8415107827014019975_n.jpg




実は、腫瘍に気づかず破裂させてしまったのではないかと思って

気が気ではなかったんだけど、単なる化膿でした。

ごめんね、もう少し早く気付いてやれたら良かったけど。

注射と、お薬ももらったし、すぐに良くなると思います。



ねこしゃんは、手がかからないから、ついついサラッと見過ごしてしまう。

母ちゃん猛省。これからはもっと気を付けなくちゃ。



11998867_1612401982353713_7958180078822280434_n.jpg

ひでえ目に遭ったのにゃ。




posted by 庭師・香遊 at 20:24| Comment(2) | 日記「主人公はニャン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月06日

ねこあつまった。


久しぶりに「ねこあつめ」などというねこ日記を書いたら

ララパパさんの職場に、こねこキター!ww


ねこスポットなのだろか? 2度目の保護になるようです。



10995816_282219461953189_5415903983181357938_n.jpg


こねこ飼いたい病ではあるが、そこは冷静に。

様々な不安要素や諸事情あり、

いま現在は、母ちゃん、飼える状況ではないので


このかわゆいねこちゃんずを

家族に迎えて下さる方を大募集でございます。



11403491_282219471953188_7632114028587865247_n.jpg


よいご縁が見つかりますように!!!


11700861_282219501953185_5064474510227249445_n.jpg




posted by 庭師・香遊 at 19:55| Comment(0) | 日記「主人公はニャン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月01日

ねこあつめ。


20141010_093119.jpg


家の中には、まごうことなきおっさん猫がいるし



庭へ出りゃー、可愛い庭猫3兄妹。

20140124_154646.jpg



写真撮るべ〜♪と思って、荷物を置いたら最後


20140124_154532.jpg

次の瞬間には、枕にされている。


20140124_154553.jpg


やすこさん、どいて〜。




11539633_1586370231623555_7465450976248117914_n.jpg

朽ちたパーゴラの上には、たんぼ君。



11038732_1584325255161386_2139864438803796857_n.jpg


やすこさんの最近のお気に入りは、鉢から生えること。




実生活で、こんなにリアルねこまみれなのに、

母ちゃんは「ねこあつめ」にうつつを抜かしてる。


スマホ上で、猫をあつめて、デレデレしている。


11659244_1586370068290238_4518642091095716509_n.jpg


しろたんは、玉遊びが好きでしゅね〜♪

しまちゃんは、いっつもストーブのそばだねえ〜〜〜♪とか


にやにやブツブツとつぶやきながら、スマホ歩きするヤバいおばさん。




おかげで最近、仔猫を育てたくなって、困ってるのだった(笑)。




20141010_093139.jpg


でも、おっさん、他のねこと仲良く出来んから、無理なのよねー。




posted by 庭師・香遊 at 15:29| Comment(0) | 日記「主人公はニャン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月20日

庭ねこ、屋根ねこ、座敷ねこ、にゃ。


20141020_093906.jpg


うちのえん君は、デコからおひげが生えている。


20141020_093947.jpg

ほら。


20141020_093549.jpg

ほら。


20141020_094030.jpg

ほうら。




20141020_093752.jpg


実は、落ちていた『おひげ』を刺してみたのでしたぁ。

…フッ。



***



ところで、我が家は平屋だが、屋根が高い。


20141020_083054.jpg


手前の建増し部分が一般的な家の高さだと思うが

向うの母屋はかなり高い。(屋根裏が物置になっている)


20141020_083057.jpg


庭猫やすこは、一人だけ、この高い屋根を好む。



20141020_083131.jpg


あわわ。あわわ。落ちる〜〜〜!



20141020_083141.jpg

「落ちにゃいにゃ。」


20141020_083109.jpg

「へいきにゃのにゃ。」


20141020_083155.jpg

「とおっ!にゃのにゃ」




キャアアアアアア!!!

ごはんのおばちゃんは、気が気ではない…。




そして、このオトコも。


20141020_173843.jpg


お散歩時間。外へ出すと、まず屋根にやすこを探すのだ。


20141020_173927.jpg


夜は、さながら「妖怪やねにゃん」。

犬をトリコにする…。




20141020_083135.jpg

頼むから、落ちないでね。




posted by 庭師・香遊 at 20:05| Comment(2) | 日記「主人公はニャン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月22日

まおちゃんとまあちゃん。


真央ちゃんがくれた感動を、いまだに引きずっていて

関連記事やニュースや演技の映像などをむさぼり見ては

毎回しつこく、号泣を続けているおばちゃんです。


いや〜年取ると涙もろくなっていかんわー。


でも、SPの後、

やっぱりこの子、メンタル面ほんとに弱いわー

未熟なんだな。まだ子供なんだな。と正直ガッカリしてたのに

翌日の、あのフリーでの奇跡のような完璧な演技!


よく、あのどん底から一夜で復活したなーと。

未熟なんかじゃなかった。

ものすごく強い精神力の持ち主だった。

本当に凄い選手です。

ブラボ〜真央ちゃん。感動を、ごちそうさんでした!



***



さてさて。

本日222の猫の日は

愛猫まーちゃんの6回目の命日。


20140222_130127.jpg


朝のうちに猫神社にお参りを…と思っていたのに

いつの間にか母が、シロアリ業者を頼んでいて

殺虫剤臭い部屋から、順次ぱこなばえん君を避難させたりしてて

結局、なんだか落ち着かないまま、一日が終わろうとしている。




まーちゃん。

今日も穏やかに晴れた、暖かい一日となりました。


ねこ日和。命日びより???



まーちゃんをお見送りした後で

姉に誘われて登った、皿ヶ峰頂上のあの青い空。

涙目にまぶしかったっけ…。


2008022420019.jpg



あの時の光景と、風の音と、せつない想いは

強く記憶に刻まれていて


今でも、抜けるような青い空を見ると

まーちゃんの顔が浮かぶ。


6年経ってもそうなんだから

もう、たぶん永遠に、私にとっての青空は

まーちゃんがいる場所であり

その気配を探してしまう場所であり

想像の中で、

おねこ様たちがじゃれあい笑う、とても美しくて愉しい場所。




20年連れ添ってくれたまーちゃんは

今も私の中では、特別で、とっても偉大な存在なのだった。



2008010520001.jpg




…ということを毎年、再認識する222にゃんにゃんにゃんの日。

なのであった。



posted by 庭師・香遊 at 14:23| Comment(0) | 日記「主人公はニャン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月11日

やすこ。


日除けの寒冷紗が、だらり〜〜んと重たそう。


20131006_082412.jpg


何事かと思ったら、やすこが寝てた。


20131006_081241.jpg



庭猫やすこ。

目がやさぐれてるから、やさぐれ→やっちゃん→やすこに改名。


20131006_082444.jpg

やさぐれてるっしょ?




やすこは、子猫時代に母猫から拉致して、里親探すため家の中に入れた時

網戸のたわみを利用してムリクリ押し広げ、母猫の元へ逃げた。

おかげで、兄弟猫の中で一人だけ、人馴れしていない。



でも、サバ白長毛で、シンちゃんによく似てて、とても可愛い。



20131006_082436.jpg


いいお昼寝場所、めっけたね、やすこ。

引っかけ金具が外れそうで怖いけど。




この顔見てたら、こっちまでほっこり。


20131006_082521.jpg



やすこ、至福のニャンモックタイムなのでしたー。




posted by 庭師・香遊 at 21:06| Comment(4) | 日記「主人公はニャン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月04日

洗濯の番人


20130212_091634.jpg

えんくん、洗濯機が好きにゃ。

ゴトゴト動いてる洗濯機が好きにゃ。

静かな洗濯機には乗らないけど、ゴトゴトにゃ洗濯機は別にゃ。


20130212_091538.jpg


かーちゃんは、「停止ボタン押すのやめて〜」と

怒ってるけど、えん君、にゃんのことだかわかんにゃい。


20130212_091646.jpg

好きにゃったら、好きにゃのにゃーーーーーーー!!!!!



***



おまけ画像:網戸越しの、デラックスな待つ子たち〜♪でへでへ。

20130303_173743.jpg



えん君は、洗濯機の振動がお好みのようで

いつも途中で停止ボタンを踏んでしまうので、困ります〜。でへでへ。




posted by 庭師・香遊 at 22:28| Comment(2) | 日記「主人公はニャン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月22日

まーちゃんと猫神社



20080202 016-1.jpg


にゃんにゃんにゃんの猫の日。

全国各地で、ねこ祭りが賑やかなこの日

まーちゃんは、没後5年目の命日を迎えました。


20130222_153013.jpg



まーちゃんがそっちの世界で

いつまでも楽しく暮らせるよう

そしてこっちの世界の全てのねこさんに

幸せが訪れるよう

母ちゃんは今年も、猫神社に、お願いをしに参ってました。


20130222_111035.jpg


あの!赤い鳥居も小さなお社も

建替えられていたので、ビックリしたよー

前回訪れたとき、あの震災による津波で

土台のコンクリートが割れていたからね。

お社を管理されているのは、小さな集落のお年寄りのはずだけど

有志の方々が、きっとお金を集めて

建替えて下さったんだろうね。


今回初めて、私の他の参拝者を見ましたよ。

2人のおじいさん。

お賽銭を入れて、拝んでらした。


そういえば、この猫神社、咳の病気にもご利益があるとか。

インフル罹患後の咳に悩まされているT子ちゃんの全快も

ねこさんのついでに(笑)祈っておきました♪


そして、いつもと同じように

222円のお賽銭を入れて、お花とおやつをお供えして、帰って来ました。



20070630 022.jpg



帰りの道中はいつも、

まーちゃんの色んな思い出に浸りながら、涙模様。


17歳から視力を失って、20歳で旅立つまで

まーちゃんのお世話をしていたあの頃が

いま思い起こしても、いちばん輝いてた思い出の日々です。



いぬでもねこでも

年老いてからが、いちばん愛おしい。


幼いときから、沢山のいぬねこと暮らしてきたけど

そのことを教えてくれたのは、まーちゃんであり、クリさんでしたね。


20080114 004-1.jpg



最近ね、

年老いてからシェルターや保健所に連れて行かれる

可哀想な子の話を、よく聞く機会が続いて…。


もう、年老いてからでは、里親さんなんて殆ど見つからないのに。

どうしてなのかな?と悲しくなる…。



年を取った子の、優しい瞳が、母ちゃんは大好きです。

赤ちゃんのように世話がかかるけど

赤ちゃんのように「未来」はないかもしれないけど

その一つ一つの仕草に、癒され、時には憂いたり

穏やかに、ただどうか穏やかに過ごせるように、と心を砕く日々は

のちに、何にも代えがたいほどの輝く日々に、なるんです。



ただ、可愛いからそばにおいて

可愛くなくなったから、捨てるのでしょうか。


「可愛いがる」と「慈しむ」は違います。

慈しんで育てることの出来ない人間は、ただの大馬鹿野郎です。


まーちゃんも、お空できっと嘆いていますね。


20080114 007.jpg



まーちゃんが、最後の日々が楽しかったかどうかは

まーちゃんのみぞ、知る。

でも、少なくとも母ちゃんは楽しかった。


徘徊行動が始まってから、

出たがるのでお庭に出した時にも

どこまでもどこまでも、真直ぐに歩いてゆこうとするので


20080206 002.jpg


慌てて障害物をどけたり

そっと方向が変わるように誘導したりして

一生懸命になっていたことが、

いま思い出しても、少しせつなくて、でもとても楽しかった。


20070612 013-2.JPG



いまは、世話のやける犬を、叱ってばかりの日々だけど

なば君も年老いたら、全てを許される日々が来るのだよ。


まだ想像がつかない、

はるか先のことだけど、それで、いい。




posted by 庭師・香遊 at 17:08| Comment(6) | 日記「主人公はニャン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月22日

許しちゃイカンでしょ。


愛読している「くるねこ大和」さんのブログに

里親詐欺の記述がありました。


広島で、仔猫を譲り受けては、殴り殺してる男の話。

(詳しくは → こちら



保護団体のスタッフが、警察を呼んだら

血の飛び散った部屋で、自供しているその男を

「許してやれ」と言う…。


「愛護動物をみだりに殺し、又は傷つけた者は、
一年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する」



いったい、何のための動物愛護法???





許したら、絶対またやるよね。

だって、やめられないんだもの。

仔猫をなぶり殺すのが楽しくて仕方なくて、やってるんだもの。


再犯率の極めて多い性犯罪者と、同じ類の変質者でしょ?

仔猫に飽きたら、絶対にこんどは子犬で同じ事するよ?


もっとエスカレートしたら、

いつか人間の子供だって…ターゲットにされるかもしれない。


その時、警察はどう責任とれるの?

「予見できなかった」って、そう言って頭を下げるの?





ああ。なんだか…やりきれない夜。


保護して、一生懸命お世話して、

「絶対に幸せになるからね」と送り出した保護主さんの

寂しいけれど嬉しい。そんな気持ちが、


痛いほどわかるだけに。




20120719_163715.jpg
(熊猫漫才で、厳しいツッコミを受けるENZO君)


ENZOが、我が家の縁の下に住み着いたとき

ノミ取り首輪が、首にほとんど食い込んでいた。

切ってやりたくても、怯えて近づくことすら出来なかった。

それくらい長い時を、放浪して過ごし

再び…いや、今度こそ、か。

安住の棲家を得た。


20120719_163728.jpg
(諭されて、激しく反省するENZO)



まあ、ね…

色々、不満な点はあるかもしれないけれど

えん君、たぶんキミは…運のいい方なんだよ。


だって、おばちゃん、人間離れはしてきたけれど

さいわい、変質者ではなかったからね。



20120719_163818.jpg

「そんにゃこと言われたって。…助けてよ、おばちゃん」



posted by 庭師・香遊 at 21:45| Comment(2) | 日記「主人公はニャン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月02日

20120402_173717.jpg


人は、なにゆえこうも桜に心引かれるのでしょうか。



ここのところ、暖かかったので

我が家の「染井吉野」さんも、いっきに8分咲きくらいになりました。


明日は天気が大荒れになるとか…

花びらはまだ、散らさないでね…



***



春は、新しい出会いの季節でもあり、

また、お別れの季節でもあります。


先代シェパのクリさんは、3年前の満開の桜の季節に旅立ちました。


その前年の2月には

20歳の愛猫まーちゃんを見送り…。


その、まーちゃんと同じ歳のねこさんで、

当時から老猫介護の友であった「みみ子さん」ところの

スーパーミラクルご長寿猫!だった、「み〜子ちゃん」が


今朝はやくに、

とうとうお空へ旅立ってしまわれました。


110815_E381BFEFBD9EE5AD90E381A9E382A2E38383E38397.jpg

ブァリバリ元気だった昨夏のみ〜子ちゃん(お写真勝手に拝借)



25歳の誕生日を、わずか4日後に控えての…旅立ち。



み〜子ちゃんの生命力は、素晴らしくって

いつも勇気をもらっていました。


いつまでも

元気で頑張ってくれそうな気がしていました…。



お猫さまは、いったい何歳まで生きられるんだろう?

猫の「年齢換算表」には

残念ながら、多くは「20歳」までしか表示されていません。


…み〜子ちゃんは、ニンゲンに例えると

いったい、何歳だったんだろうね???


とても、強い子であったことだけは確かです。



…寂しいです。

とても、…残念でなりません。



でも、軽やかな体を得て

今は、お空で走り回っているんだろうな。




クリさんの旅立ちの時にここに書いた歌を

もういちど、み〜子ちゃんに捧げます。




ねがわくば、花の下にて春死なん


そのきさらぎのもちづきのころ




20120402_173758.jpg




み〜子ちゃんのご冥福を、心からお祈り致します。



みみ子さんも

どうかお力を落とさないでね…










posted by 庭師・香遊 at 20:44| Comment(4) | 日記「主人公はニャン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月22日

まーちゃん、4回目の命日

2月22日。にゃんにゃんにゃんの猫の日は

偉大なる先代猫・まーちゃんの命日です。


120222 001.jpg


モノゴコロついた時から、いぬねこと暮らしていますが

20年もの長きにわたり連れ添ってくれたのは…まーちゃんだけ。




いろんなことを…教えてくれた。


20071029 006.jpg



まーちゃんは、本当に

パーフェクトな猫さんだった。


余所のいぬやねこさんがやってくると

走って行って、追い払い

痩せこけたのら猫さんを、…優しく迎えた。



昔、酔狂なジェイソン父が、凶暴なシャモを飼っていて

父以外の家族は、幾度となく襲われた。


執拗に飛び蹴りをかまして来るので

ただ悲鳴をあげて逃げ回るしかなかった中

唯一、いつも助けてくれたのが、まーちゃんだった。


庭に飛び出してきて、

ヒトとシャモの間に割って入り

シャモの闘争意欲を…消沈させてくれて

私たちを守ってくれた、まーちゃん。



優しくて、ホントに勇敢な子だったなあ。



遺してくれた、20年ぶんの想い出は

いまでも、ワタシの大切な宝物。



20071013 026.jpg

先代シェパ・クリさんをおちょくるまーちゃん。



ホントなら「猫神社」にお参りにいくはずが

慌しくて、今年はまだ行けていない。



110222 001.jpg


↑ この写真を撮ったのは、ちょうど1年前の今日。

この日から2週間あまり経ったころ

あの震災があって…

猫神社のある須崎市は、高知県下で最大の、2.6mの津波に襲われた。



岸壁沿いに立つこの小さなお社の、わずか3m前は…すぐ海面。


猫神社がどうなったのか…ずっと気になってて

しばらく経ってから、ようやく見に行ったとき、

鳥居もお社も無事だったけれど

基礎のコンクリート部分は…かなり傷んでしまっていた。



20080114 021.jpg



いま、お空にいる子

我が家で、暮らしてる子

お友達のところにいる、子…


そして

震災で、家族やおウチを無くしてしまって

今も、寒さと飢えに震えている

かわいそうな子たちのことを、

想い…願う場所が、猫神社なのだ。


無くなってしまわなくて、本当に良かった…。




もう少ししたら、またお参りに行こう。

まーちゃんや、虹の橋のなかまたちが

いまも、お空で、幸せでありますように。



そして

いま幸せでない子たちにも

明日はきっと…希望の光が射しますように。



20080114 004.jpg



posted by 庭師・香遊 at 20:09| Comment(6) | 日記「主人公はニャン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月20日

えん君、オペ終了!


120220 017.jpg


手術の同意書に、

猫の場合、1000匹に1匹くらいの割合で

麻酔による死亡事故が起きている…旨のクダリが書いてあり

実はちょっと…ドキドキしていたのですが。


えん君は、無事帰宅しました。



冒頭の写真のように、のび〜と転がっていますが

まだ少し、ビクビクモードです。

目が暗いです。


かわいそうに。


しかし、ご飯をねだります。

信じられない食欲…



えん君の歯は、歯周病からくるものではありませんでした。


なんと!

開いてみたら、問題の犬歯、

3つに砕けて割れており、

その一つが歯茎の奥に刺さっていたそうで。


何かにぶつけたとか、そういう物理的な原因では?

と、先生に言われました。



全く、心当たりがなく…

不思議でしょうがありません。



えん君は、お外に出たがるので

ハーネスに長いリードをつけて、

毎日30分から1時間くらい、裏庭に放置(笑)しているのですが

そ、それがいけなかったか…(汗)


でも、猫同士の喧嘩などは、無かったし???

葉っぱを食べて、ぼおおお〜とお外を眺めてるだけ。…いつも。



もしくは

家人の見ていない時を狙って

テーブルや流し台に上がって悪さをしているので

誤まってその時に落ちた…とか…???



…ありえんなあ。

太ってても、そこはねこ。


原因が、サパーリわかりまへん。



ついでに、夏の血液検査では異常なかったんだけど

えん君、多飲多尿なのが、前々から気になっていたので

尿検査もしてもらった。

手術前の内臓疾患などの検査と合わせて

こちらも、異常なしで万々歳。


しかし、ヘルスウォーターのボウルに

毎日半分以上飲むんですよ。

いくらお水が美味しくなるからとはいえ

飲みすぎじゃーないですか?…いぬじゃないんだからさ。


120220 018.jpg



で、肝心のお口の中は

抜歯して、跡をキレイに掃除?して縫ってくれてるそうなんですが

まだ、なんかお口を触られるのも痛かろうと思うので

術後の写真は…撮れておりません。



落ち着いたらまたのぞいてみよう。



あ。夜9時過ぎました。

少量のご飯をあげても良いというお許しが出た時間です。


今から、ちょっとらけご飯食べさせてきます。



痛そうだなあ

食べるかにゃあ。



120220 022.jpg

「食べるにゃ。」






posted by 庭師・香遊 at 21:23| Comment(8) | 日記「主人公はニャン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月13日

えんというオトコ



えん君は、6.4キロの大ネコさんである。

よく食べ、よく太り、稀代の甘えん坊で

そこにニンゲンの膝がある限り、その場所を寝床とする。

何がにゃんでも、そうする。


2011092220000000.jpg



えん君に背を向けて歯磨きしていると

「おばちゃん、抱っこ〜」と、いつもお尻に爪を立てられる。

夜中の洗面所に、母ちゃんの「…ウッ!…ふぉ」という

声にならない悲鳴が、夜毎ひびく、そんな生活。



この前は、洗面所で髪をタオルドライしていたら

次の瞬間…えん君が大ジャンプをしたらしく

とつぜん…胸に貼りついていた。


セミみたいに、上手に…貼りついていた。



久しぶりに、「目が点になる」という感覚を味わった…

すごい技をマスターしたもんだ。


季節が、冬で良かった。

薄着の夏だったら…流血物語になるところだった。




そんなえん君。

先日、お口チェックをしていたら…

すごい事になってしまっていた!



120213 002.jpg


ぎゃあああああ!

歯が…上の歯が…!前向いて生えとるがな!

歯茎も真ん丸く腫れあがっている!


えん君の右上の犬歯は(ねこだけど犬歯なのにゃ)

元々、欠けていて

長かったであろう野良猫生活の、苦労を物語っていた。


でも、何?…突然の、この方向転換。

潰瘍らしきものも、出来ているではにゃいかっ。


120213 003.jpg


これは…どう考えても抜歯しなくちゃいけないだろうと

取り急ぎ、「歯」に詳しそうな獣医さんの元へ。



どうやら歯根が腐っているらしい。

可哀想だが、やはりオペで抜歯することに。



オペ前夜は、夜9時までにご飯を済ませないといけないので

いつもワタシが夜遅く寝る前に

腹ペコえん君に与えていたお夜食、

カリカリ10粒は、もちろん中止。


流し台の三角コーナーも掃除したけど

念のため、木製の引き戸を閉めて、隣の居間に閉じ込めておいた。


2011081715050002.jpg



ところが翌朝…母が目覚めた時

流し台下の、フタ付きのゴミ箱が倒れてて中が荒らされてた!


えん君、どうやら…よりにもよって

今まで開けた事のない、重たーい木の引き戸を開けて

今まで荒らした事のない、大きなゴミ箱を倒し

中に捨ててあった魚の頭を食っちゃったみたい!


おーまいがー…orz_090902.gif



日課だった、夜中のカリカリ10粒を

もらえなかった事が、よほど腹に据えかねたか…。



ともかく病院に電話して、オペは延期してもらったが

運悪く、予約がたてこんでて

来週までお預けになってしまった…。



「早く治してあげたいのに〜」と思うのは飼主のみで



もしかして…

こやつ、全てわかってやったんじゃないだろうか…という

疑念を拭い去れない、今日この頃…。



2011092114570001.jpg

ぷぷ。野生の勘にゃヨ〜♪
















posted by 庭師・香遊 at 12:22| Comment(6) | 日記「主人公はニャン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月31日

12月31日


20070211 013.jpg


まーちゃん。24歳のお誕生日おめでとう。

お空で迎える、4回目の誕生日だね。


今年は、とても悲しい出来事がありました。

地がうねり、大津波が押し寄せて

放射能まで押し寄せて…

それはそれは、たくさんの命が奪われてしまったんだよ。

人も、どうぶつ達も。


何が起こったのかさえわからぬまま

虹の橋に辿りついた犬猫さん達で

そちらもさぞかし、…大変な様子だったのでしょうね。



111231.jpg


だから今日は

まーちゃんの誕生日を心静かに祝うとともに

亡くなった子たち

いまだ飼主さんのお迎えを待つ子たちのために


祈りたいと思います。


どうか、来年は

笑顔で終われる一年でありますようにと。




111231 001.jpg


例年にもまして、犬猫漬けだった母ちゃんの

本年、最後の1日である今日は

やっぱり…H&M先生ズの、合同練習会でした。


大晦日。

本当にほんとうの走り納めです。


そんな今日のナバ君は、

アジリティーの神様が、間違って降りてきたか?と思うほど

意外にも、まともな走りっぷりでした。


でも間違って降りてきただけだと思うので

本番の来月の競技会では

またいつものお笑いナバに戻っているはずです。

大丈夫、大丈夫(なにが)



111231 002.jpg

やっぱ、笑えんナバは、つまらんす。



来年も、たぶんお笑い路線を突っ走ります。

今年1年、お馬鹿な日記を読んで下さった方々に

心から感謝をこめて。


ありがとうございました。

おかしな犬&飼主ですが、

来年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。




posted by 庭師・香遊 at 20:00| Comment(4) | 日記「主人公はニャン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月09日

妖怪耳吸い


2011103118350000.jpg


たった今まで、お尻くっつけて寝てたのに、

カメラ向けると起きて逃げてしまったぱこたん。


ぱこたんは、すぐに興奮してズドド…!と走るので

それが、えん君の癇に障るようで、

しょっちゅう、追いかけられて

猫パンチをくらっては、椅子の下に逃げ込んでいる(笑)。



実に、態度のでかい猫である。

そして、体もでかい。


2011110210490000.jpg


はみだすほど、でかい。



2011110808570000.jpg


でも、足はちょっと…かわゆいね。




えん君は、耳たぶをちゅうちゅうするのが大好き。

しかし、そのくすぐったさに耐えられる人間は少ない。


私は絶対!断固拒否!なので

もっぱら、じいじのしおれかけた耳たぶを吸っている。


じいじの、笑いと悲鳴が混じった声が…

今夜も響いている、楽しい我が家です。



2011102422270000.jpg


ほれほれ。もっと吸いついてあげなさい。



我が家に住まう、妖怪ミミスイでした。

posted by 庭師・香遊 at 22:03| Comment(2) | 日記「主人公はニャン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月24日

仔猫の里親さん、募集チュー


KONA&LANIちゃんのママさんからのお願いです。


DSCF1022.jpg

d3ab618c5e8a79865978032df1f74be2.jpg


この、めっちゃ可愛らしい仔猫ちゃんを

家族に迎えて下さる方はいらっしゃいませんか〜?


山中で保護されたようです。

生後30日以内のとっても元気な男の子だそうです。


本当に可愛いお顔をしているので

おばちゃんは既に…ズッキュンドッキュン♪です(意味わからん)


素敵な家族が見つかるといいのですが。



***



良いニュースではないのですが…

仔猫ちゃんの件で、県内の愛護団体さんのサイトを見てたら

気になる情報が掲載されていました。


南国市〜一宮東町あたりで

猫を殺している男性が居るらしいです。

ホンダ○○32のナンバーで白いヘルメットの男らしい。

餌をあげるふりして近づいて、首を折るなどして

死体を持ち帰っているのだとか。


詳しくは→こちら

近隣の方は、どうかご注意を。



***



さて、少しだけ話をもどして…


可愛い仔猫で思い出しましたが

先日、映画「ツレがうつになりまして」を観て

それに出てくる、イグアナのイグ様のあまりの可愛らしさに

帰ってイグアナの値段の相場と飼い方を…

思わずググってしもた自分が怖かったです。


いやいや、飼いません。

ナバが既に「トカゲっぽい」という事実を思い出したから。


2011061108430000.JPG


長さ的には、イグ様もこれ以上に成長あそばすようなので

こんなの2匹も飼えるかよっ!

…って話でした。おわり。




あ!会長さんは2シェパ飼ってた!御免っ!

(…しかも1匹は43キロ・東の横綱???)






posted by 庭師・香遊 at 20:57| Comment(4) | 日記「主人公はニャン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月29日

simbaへの手紙


081203 002.jpg


シンバ君。いまも元気ですか。


シンちゃんを見送って、1年が経ちました。

長かったような、あっという間だったような。

そんな判断もつかないほど

私は、シンちゃんの最期の思い出を

心に、どっしりと重いフタをして

封印していたような気がします。


とても辛かったから。




ひどい母ちゃんですね。

でも、

シンちゃんを忘れた事は、1日もなくて

毎朝、起きて一番にすることは

シンちゃんお気に入りの場所だった出窓のカーテンを開けて

シンちゃん鈴を鳴らして、お空に話しかけること。


「おはようシンちゃん。そっちも雨?」

「今日も暑いね、そっちはどお?」とか、ほんのひと言。




081009 003.jpg


長寿を全うした、クリさんやまーちゃんと違って

やはり、やんちゃ盛りのシンちゃんを看取るのは

本当に辛くて悲しすぎて

いまだに、きちんと向き合うことが出来ません。


でも、

1年を機に母ちゃんは、

自分の心の、封印を解こうと思います。



20080804 001.jpg



きちんと作って残しておこうと思いながら

どうしても手をつけることが出来なかった闘病記にも

ようやく着手しはじめたよ。




そうしたら…


突然、母ちゃんの前を走る

後姿の仔猫のシンバ君が見えたような気がしました。




そうか。

シンちゃんは、もう一度子供になって

母ちゃんの心の中で育つんだね。



20080831 013.jpg




お子ちゃまだったシンちゃんはいつも

夜中に電気を消した途端

「クルゥ〜?これは何ニャ?」

「クルゥッ?今度はこれで遊ぶにゃ。」と

なんだか、クルクルつぶやきながら

夜中の運動会を繰りひろげて、

夜毎、母ちゃんを寝不足に陥れたよね。



20080813 011.jpg



あの時の「クルゥ〜?」というシンちゃんの声を

母ちゃん真似してたら…なんだか急に可笑しくなって

笑いと涙が、いっぺんに出た。



封印なんて、してちゃダメだね。

こんな温かい感情も、忘れてしまっていたよ。



いつまでも心に

シンちゃんの場所、これからも


…広く、あけておくからね。



110929 002.jpg




posted by 庭師・香遊 at 16:43| Comment(8) | 日記「主人公はニャン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月22日

ぱこvsえん


台風の爪痕が、スゴイことになってしまいましたね。

被害のあった地方にお住まいの皆さんは、

大丈夫だったでしょうか。



3.11の津波で被災された方が、

やっと入れた仮設住宅が浸水して、泥だらけになり

途方にくれている姿を、ニュースで見て…

言葉も、みつかりませんでした。


本当に最近は、

一極集中というか…全く、嫌な感じの気候が続きます。



***



さて。

8月の捕獲&去勢手術以降、

イエネコ修行を続けているENZO君。


甘えん坊で、要領がよく(さすが猫!)

気付けばいつも、ジージかバーバの膝の上で眠っています。


2011092220000000.jpg



面白くないのは、ぱこ。


「そこは、ぱこの膝でペキ!」とばかりに

えん君の鼻先で、ウザウザな舞を踊るので


とうとう猫パンチを食らうようになりました。

3mくらい、走って追いかけられることもあります。


110922 006.jpg



しかし、基本的に脳みそがスカスカなので

いつまでも、それを気に病むでもなく…



そしてまたバタバタと舞っては、追い払われています。



母ちゃんは、そんなぱこが

不憫で…また、可愛くてたまりません。


110922 005.jpg


110922 007.jpg



ところで

昨夜、床にこのような物体が落ちていました。

カマスの頭。


100524 076.jpg




ああ。そうでした。

ウチには猫が居るんでしたね。


先代のシンバ君は、ニンゲンの食べ物を獲ったことが無いので

すっかり、テーブルの上は無防備になっていました。


良い子を演じてきたえん君ですが

ついに、しっぽを出し始めたらしい。


かますのアタマで、眉間のあたりをぺちぺちと叩きながら

しっかり説教しておきました。



2011092220010000.jpg




このENZO君、

網戸とか開けておいても、さほど外へ出ようとしない。


もう、どっぷりと家が気に入ったようです。



心の中では、とっくに永住権を与えていますが

まだ本猫さんには、その事を伝えておりません。



いつ発表しようかニャ。



2011092114570001.jpg

posted by 庭師・香遊 at 20:17| Comment(6) | 日記「主人公はニャン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする