2017年05月07日

ぱこ、8歳になるの巻。でペキ。


18342277_1844448615815714_2064095099540782577_n.jpg


母ちゃんの愛するぱこたん、6日で8歳になりました。


いつも、見てるだけでシアワセな気持ちになる、ぱこたん。

いつまでも、元気でいてほしい。


18222419_1844448602482382_7763861986826563846_n.jpg



3月下旬に、低蛋白血症と診断されて

その後ずうっと投薬を続けながら、週に一回、採血して様子見してます。



18058046_1841811096079466_8316531186929855927_n.jpg


待ち時間が長くて、車外に出たがるので、涼しい場所で待機。



18221787_1841810936079482_2705228854896116738_n.jpg

よその車に映りこんで楽しむ、怪しいおばさん。




血液中の総蛋白値は、基準値(5.4〜8.2)のところ

一番ひどかった時の3.8から、6.4→5.1→5.8→5.8→今は4.9という推移。

アルブミンも、底値から増えたり微妙に減ったリ、繰り返してる。


食欲と便に関しては、文句なし!元気もありあり。



時間はかかるが、たぶん良くなるだろう、という見立てを信じて

毎週、病院通いを頑張ってもらっています。



ただね。


もしこの症状の原因として

厄介な病気が潜んでいる可能性も、ゼロではなくて。

前にも書いたけど

それを特定するには、48時間近くも絶食をして

全身麻酔で、腸に内視鏡入れて、20ヶ所以上の組織を採ると。

それは犬にとっては、かなり辛くて、リスクもあって。


それによって、もし仮に

恐れている「腸管型リンパ腫」などが発見されたとして。

その病気を完治させることなど、どうせ出来ないのだから

(仮に寛解に持って行けても必ず数カ月で再発すると)

だから、犬に辛い思いさせて、内視鏡をやったところで

あまり意味は無い…というのが主治医先生の考えのようだ。



そんなこんなで、常に不安を抱えながらも

私の中では、いまは決断を控えている。。。



でも、

ぱこがあまりに元気だから、きっと良くなるんだ!と信じて

高たんぱく低脂肪のささみを増量しながら

リンが増え過ぎないよう何回も茹でこぼして〜

ミネラルバランス考えて〜カルシウムなども補いつつ〜



とにかく、母ちゃん、がんばってる次第だ。




18221591_1841812369412672_335223606130418907_n.jpg

18199021_1841811339412775_4466958464263538846_n.jpg

18194089_1841811332746109_4071700203222389230_n.jpg

18268473_1841811256079450_111680765056825301_n.jpg

18199384_1841811252746117_5200594771340429177_n.jpg


えんぞうに、フレーム乗っ取られて、不機嫌ぱこたん。



18221623_1841812552745987_6043395100505916058_n-1.jpg


18157466_1841812542745988_7555736152006706293_n.jpg


鳩に、執拗にストーカーされる、ぱこたん。


18194622_1841812462745996_5999713394382770341_n.jpg


んもー!あっちへ行くでペキっ!!!


アンヨが可愛すぎます。。。





つい最近、お友達わんこの、悲しいお別れもあって。。。

共に過ごせる時間について、考えてしまう。。。



8歳。なんて早かったんだろう。




18268517_1844448569149052_300062395951917565_n.jpg



可愛いぱこたん、おめでとう。

でも本当に。お願いだから、ゆっくり歳をとってね。



いつまでも、そばにいてもらいたいよ。。。。



18342432_1844448632482379_6799882970709953527_n.jpg



そしてまた、えんぞうに主役を乗っ取られる、ぱこたんなのでした。。。


posted by 庭師・香遊 at 12:11| Comment(6) | 日記「主人公だワン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする