2016年09月04日

肝を冷やす。

台風12号の影響で、時折どしゃぶり模様の日曜日。

それでも17時くらいには、いったん雨は上がりそうな予報だったから

降ってなければ、夕方からレッスンの予定を入れておりました。



15時前に、母に頼まれて、近所の量販店まで送迎&荷物持ち。

店内に入って4〜5分経った頃か?急に大きな声で私を呼ぶ母。

どした?と隣の通路をのぞいたら

冷蔵ケースにもたれかかり、斜めになってつかまってる母が。


「めまいがして、立ってられない」という。

20年ほど前に酷いメニエール病で入院したことはあったけど

その時のめまいとは全く違う、という。

頭が、真っ白になってぼーーーーってしてる、って。


わあ。まずい。脳かも。と思って

本人は少し落ち着いて、大丈夫だと言うけど

脳梗塞の前兆かもしれないし、日曜だし、

とりあえず救急に電話して症状言ったら、来てくれることに。


母は大動脈瘤&弁膜症があって、かなりの不整脈。

血栓が出来て、それがいつ脳に飛んでもおかしくない。

なので、念のため心臓でかかってる医療センターへ運んでもらった。


処置が長引くことも考えて、私は自宅に寄って、じいじをピックアップ。


どこで倒れた?

どこにある店だ?

どこの病院へ行った?

それはどこにある?


同じ質問を4回ずつくらい繰り返されて

きいいいいいーとなりながら

もし母に何かあったら

このじいじと、今後は2人きりの暮らしか、あるいは

後遺症を抱えたばあばと、認知症のじいじを、

アタシ1人で看るのかよっ?なんてことまで考えて

ほんとうに、生きた心地はしなかった。



でも救急救命センターに駆けつけると

母のめまいも治まっており、

「症状が出てないので脳の検査は行っていない。」

「もう帰っても良いですよ」という。


なんでも、脳内のスイッチオンの指令と、オフの指令のタイムラグで

それが体にうまく伝わらず、一瞬、立っていられなくなるのだそうだ。

朝礼で倒れる子供なんかも「貧血」っていうけど、実はそう言うことなんだって。

本当なの?



「おそらく脳からきた原因ではないと思います」とは言われたけど

「まあボク、脳の担当じゃないんで」とも言ってるし(消化器外科医だった)


とりあえず、来週、脳神経外科を受診させようと思います。念のため。


そういえば、最近、じいじも手足がしびれるといって

脳外科、行って来たんです。

しびれの原因は、頸椎から来てましたが、

かくれ脳梗塞と血管の狭窄が見られました。

この血管が詰まると、ますます厄介なじいじになるので

今後も、要経過観察なのです。



2人とも80超えてるんで、いろいろ大変です。

「あんたも、いぬいぬ🎶言うてんと、ちょっと考えな〜」

って、母に言われました。

この先ずっと私に、老人介護だけしろ、と言ってるのでしょうか。

私の楽しい犬生活が脅かされています。

・・・とはいえ、さすがに良心も痛む娘です。。。



14080025_1726001810993729_1925131636236277037_n.jpg

とりあえず、今月は、比較的。。。大人しくしとくのだ〜。




posted by 庭師・香遊 at 19:24| Comment(2) | その他のよもやま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月12日

さよなら未来。


20150318_110839.jpg



みらい。


希望いっぱいのステキな名前をもらった子




毎日、楽しくて

わあいわあいと駆け抜けていたら、

気がつくと

ついうっかりと、虹の橋まで行ってしまったの。



4歳のお誕生日を迎えたばかりだったけど

きっと、一生分の楽しい思い出を、蓄えたんだと思うんだよ。

大好きな、やさしいパパとママのおかげで。




はやく、また別の姿でいいから

戻って来てください、はやく。早くね。



紫陽花の前で、また、みんなで待ってるよ。


13495191_1708277696099474_5947192210547999528_n.jpg




みらい。いままで、ありがとね。



posted by 庭師・香遊 at 16:26| Comment(4) | 日記「主人公だワン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月14日

遠い目の男。


今日から6日連続で雨マーク予報のなば地方。

今日も時おり土砂降り&雷ゴロゴロ。とーぜんレッスンも中止になった。


14354939_1735681163359127_3845664880433421137_n.jpg

「退屈すぎて、がじがじが止まらないのだ!」



さて。忘れっぽい母ちゃんが覚えているうちに

カヤック体験のお話を、書き残しておきましょうかね。



過去2回、川の増水で中止になって

2年越し・3度目の正直で、やっと乗ることができたカヤック。


14291909_1735683633358880_9166358757206042991_n.jpg



14316739_1735682696692307_5183588009655099983_n-1.jpg

母ちゃんも、やる気満々🎶


14264092_1735683146692262_4285425051049216240_n.jpg

なばおも乗る気満々…って、コラ!引っ張るな。




14316811_1735682773358966_8000331368373840385_n-1.jpg


ずっとこの姿勢でいてくれれば良かったのだけど

そこは、落ち着きのない男。

飛び込みたい⇔でも怖い〜で、がさがさごそごそ動いていたので

横からダックス夫婦が載った船が、コツン!と私たちの船に衝突すると

そのわずかな衝撃で、なんか知らんけど、

なばお、突然ずぶずぶと川の中に落ちて行った。。。


ライジャケ着けてるから、沈んだりはしないのに

恐怖に支配されて、バシャバシャ💦とパニくる犬に

母ちゃん、ひいひいお腹を抱えて笑いながら、

なんとかライジャケの取っ手を持って、引き上げた。



14263976_1735683063358937_6945809555000836668_n.jpg


遠い目をして、呆然と、いつまでも横たわる犬。



14354983_1735683106692266_3621764533856957385_n.jpg


魂が抜けて、帰ってこない。おーい。おーい。こっちだよ〜。




ふと見ると、なばおの下半身は、静かに、川に流されていたのだった。


14355590_1735682546692322_439857092664059828_n-2.jpg


あまりにも気持ち良さげに、横たわっていたので

このままでも良いかと思っていたけど

インストラクターさんが助けに来てくれて、無事、下半身も乗船することができた。



14355590_1735682546692322_439857092664059828_n.jpg



ほんとうにおもしろい犬だなーと、つくづく思った。




人生初のカヤック。パドル漕いで進むのはなかなか至難の業だったけど

馴れてきたらなんとか…思い通りに進むと、気持ち良い!




14355088_1735682710025639_647245381953695442_n-1.jpg



カヤックの楽しさをもっと味わって欲しかったのだろう

途中で、インストラクターさんが、なばおを引き取ってくれる(笑)。


14316809_1735682596692317_616178525602065724_n-1.jpg


基本的に、呼ばれればどこへでも行く男(笑)。

が、揺れにビビってモソモソするので

川遊び用のカラーが、あら可愛い💛カチューシャになっとるで。


14344811_1735683003358943_4004935667859221831_n.jpg


もちっと嫌がるとかすればいいのに、相変わらず平気な犬。


14333003_1735683023358941_1934871388280468437_n.jpg



そして、インストラクターさんと乗ってる時だけ

まるで生まれた時からカヌー犬として生きて来たような落ち着きを見せる。


14344688_1735682973358946_8224386279551360107_n.jpg


14359034_1735682960025614_3859339155545983727_n-1.jpg


どないやねん。



14329904_1735682900025620_5696100595003761114_n-1.jpg


ただいまおかん。今、そっちへ帰るのだ。(でもちょっと怖い)



14358849_1735682820025628_3212657938579052580_n-1.jpg


みんなで、本当に楽しかった。



14370365_1735682930025617_1939441110885764014_n-1.jpg


撮る時に、へんなとこ触ってしまって

奇跡のようなショットも撮れた。双頭なばドラゴン。こわいわ。





14355048_1735682780025632_2025604560746569791_n-1.jpg


また来年、行こう。でもそれまでに・・・



14368864_1735683070025603_6309751176959872880_n.jpg


もう少し泳ぎの練習がいるかもね〜・・・




posted by 庭師・香遊 at 18:03| Comment(4) | 日記「主人公だワン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月23日

かっぱ


先週は、京都から姪っ子が来てました。

先日、応募したという講談社の絵本新人賞。

2週間で仕上げ、郵便局から送る当日まで描いていた、という

なんだかやっつけ仕事的な挑戦でしたが

1次→2次と通過し、最終選考18作品の中に残ったものの

惜しくも入賞ならず。

その作品が返却されてきたというので、

わざわざ、お婆ちゃんに見せに来てくれたのです。


すごく面白い作品だと、私は思ったけど

姪いわく「一番気に入ってる絵が、こわすぎると言われた」のだとか(笑)。


まあ、私の母から言わすと

「おどろおどろしくてよくわからん」と言っています。ww



彼女が数年前に応募した、海洋堂ホビー館主催の

かっぱ造形大賞。

こちらは第2回で審査委員長賞を頂いて、いまも展示されてます。


遠くてなかなか行けなかったのですが、

今回やっと、その「かっぱ館」へ連れて行ってきました。



14330041_1737031303224113_1566031868625327652_n.jpg

建物全景



14316898_1737031586557418_5692741260438843765_n.jpg

やぐらのてっぺん目指すカッパたち



14358712_1737031583224085_2728918879636629468_n.jpg

こっち見てるよ。



14369884_1737031563224087_2711829831533895176_n.jpg

お手洗いの蛇口も



14359091_1737031556557421_1801170301996573648_n.jpg

ハンドソープにも努力の跡が




14359147_1737031513224092_4271293660214428555_n.jpg

孫の作品を、うれしげに眺める、じいじ&ばあば。




14370059_1737031503224093_513570101282553767_n.jpg

尻子玉に味付けして屋台で売ってる、おかまのカッパのあおちゃん。(という設定らしい)




これが入賞して新聞に載った時

爺ちゃん、「嫁入り前の娘が、尻子玉て。恥ずかしい」と泣いてたけど

姪も、なんとか無事に、昨年、嫁にいけました。



14317424_1737031419890768_182250042745555827_n.jpg

お遍路さんカッパ



14390743_1737031423224101_7922681789670440540_n.jpg

なんか、世間話とか始まりそう。。。




14370258_1737031413224102_2272889457693509569_n.jpg

古民家にも、カッパ




14368713_1737031376557439_2757454234356897743_n.jpg

ちとこわい。



14292497_1737031346557442_8928461623103796399_n.jpg


じいじと、孫。

孝行娘で、ありがたいことです。




14292367_1737031313224112_3101817487573902212_n.jpg

うっしっし。



14368797_1737031276557449_6429697166573266571_n.jpg


道の駅・四万十とおわでお昼ご飯🎵




かっぱ館、思ったよりもけっこう楽しめました!


高知、好きだから、と

年に何度か、じじばばに顔を見せに来てくれる姪っ子に、心から感謝。


爺ちゃんも、楽しい1日になったのではないかと思います。





14364881_1737031896557387_2586317699080273532_n.jpg


ええ〜と〜・・・出番ないけど、オレ様も、元気であるのだ・・・。



posted by 庭師・香遊 at 20:00| Comment(0) | その他のよもやま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月27日

再会


14344970_1737031073224136_1216626210196585589_n.jpg



少し前に、花屋さんでアレンジを頼んだとき。


用途を聞かれたので、

「友人のワンちゃんが亡くなってしまって」

そんな風に伝えたら、


花屋のおばちゃん、露骨に態度がかわり



「わんちゃんの花なら、何でもいいねーっ!」って。

大きな声で、まるで、吐き捨てるように言われて…。



久しぶりに、怒りで震えたかも 。。。


「もうええわっ!バーカ!バーカ!」と泣き叫んで帰ろうかと思ったが

もう、私もいい大人なので…

さすがにそれをする度胸はなくて、じっと耐えたのだった。



もう二度とあの店に行くことはない。




悼む心は、いぬでもヒトでも、

同じなのにね。




14502704_1741599359433974_1880001956710772964_n.jpg



この1ヶ月のあいだ、立て続けに

お友達のわんこが、4頭も、虹の橋へ旅立ちました。


今夏の猛暑を乗り切るだけで、力を使い果たしてしまったのか…

これほど、悲しいお知らせが続いたのは初めてのこと。


飼主さんの悲しみにふれるたび、今も涙が尽きません。私まで。





「ナバが、寄り添いに来てくれた」と言ってもらえました。

誰にでもくっついて行くわけでは無いので

ヤツなりに、何らかの密命を帯びていたのかな・・・?



とりあえず、なばおなんぞでお役に立てるのなら、

いつでも、モフモフしに来てください。




本犬も、すっかり白髪混じりの爺さんになりつつありますが。


14446215_1741599369433973_3285550539045887127_n.jpg

(あごのまわりは、真っ白)




庭のリコリスが、今年も咲き乱れて

そろそろ、終わりを迎えています。



14484901_1741599386100638_4488715875157563067_n.jpg



花言葉は、「再会」。




愛しい子たちと、いつかまた、会えますように。

願いをこめて。


感謝を、こめて。




IMG_0674.JPG


「あんがい、すぐ近くに、いつも居るのだ」





posted by 庭師・香遊 at 12:20| Comment(2) | 日記「主人公だワン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする