2015年06月02日

おされなガーデナーさんになれなかった日。


image1-20150602-1.JPG


今日は、じいじをデイサービスに送り込んだあと

頂いたバジルの苗をプランターに植えて〜

根っこがキュウキュウだったウンベラータちゃんを、

重たいでっかい鉢に植え替えて〜


そしてついに意を決して、お山の畑にあがり

じいじが意欲を無くし、放置されていた「南高梅」を収穫。

熟しすぎて、もう木の周りにポロポロ落ち始めていたから。



image3-20150602-3.JPG


収穫おばちゃんルック。どうだぁー。

帽子は蚊避けのメッシュ付! ふはは。まいったかぁー。





ナニゲに「梅いらんか」とお誘いしてみたら、

お1人は忙しいようで、もうお1人は、

「マムシ出るから長靴履いてきてね」という

いらん一言を付け加えたせいで、丁重にキャンセルされてしまった(笑)。




image2-20150602-2.JPG


頑丈なHUNTERの長靴なら、マムシも怖くないのだ!

でも、危ないので、犬は連れてきてませんよ。




image4-20150602-4.JPG


そして、収穫した梅〜。

梅ジュース作ろかな〜と思いつつ、めんどくさいのでやめた。

プラッツさんに置かせてもらうので、早い者勝ちだよーん。



posted by 庭師・香遊 at 19:14| Comment(4) | 庭仕事帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月06日

マンボウなばお。


先日、フィラリア検査時のなばおっちの体重。29.6キロ。

冬の間は、若干ごはん多めにしてたので30キロ超えてた。

丸二日のPPの後で計測したせいもあるかもしれないけど、

まあ、ここ何年かはずっと30キロ前後をキープしてる。



体高があるので、体重を言うと「意外と軽い」とびっくりされることが多い。


実は、あまりの細さにアップするのを躊躇してたシャンプー画像が、コレだっ!



image3-20150601-3.JPG


海まむさんいわく「知らない人が見たら、飼育放棄」(笑)




image4-20150601-4.JPG


確かに〜(笑)。




胸板は厚いのに、ペラペラな姿は、まるでマンボウのよう。


8f1323cc3157263c56981eceb2d8eda6.jpg

漂う感じも、よう似とるわ。





アジ走ること考えたら、あまり体重は乗せない方がいいのだけれど

ガリガリで胸板厚い体型は、胃捻転を起こしやすいので

胸〜腹周りの筋肉をもう少しつけて、防ぎたいところですな。



ところで、胸から腹まわりの筋肉って、

犬の場合、どうやって付ければいいのだろう???引き運動とか?




なばごはんは「アカナ」。しかも規定量より多くあげているのに。


image2-20150601-2.JPG


その太らない体質を、くれ〜〜〜。




posted by 庭師・香遊 at 20:42| Comment(0) | 日記「主人公だワン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月10日

胃が裏返って口から出そうだった1日。


本日、西土佐に住む父の古い友人が

我が家の、生い茂った木々の伐採に来てくれることになっていました。


もう、うちのジェイソンは、代名詞のチェーンソーも使えないくらいに

色んなことに意欲を無くしておりますので。


ただ、約束を取り付けたのが、認知のジェイソンであるという時点で

本当に約束したのか、本当に来るのか、確信は持てなかったけど

いちおう家も大掃除して、お昼や、冷茶、おやつの用意などもして

万全の態勢で朝から到着を待つも…来ないわな〜〜〜。



ええい、この〜。

私はレッスンもお休みして待っとるんだわ。

どゆこと?くるの?こんの?どっち???



先方の電話番号も知らないので

「お父さん、〇〇さんに連絡してみてよ」と頼むも

「せんでえい!来なかったらその時はその時よ」と意味不明な返答で

何の役にも立たねえー。

ついに昼が過ぎて「これはいくらなんでもおかしい」と思って

不在にしていた母と連絡を取って、母から〇〇さん宅に連絡を入れてもらった。


すると、奥様が出て「朝5時にこちらを出ましたけど」と仰る。

「そちらで8時から作業を始める予定だと言ってましたが、着いてないんですか?」





顔面蒼白。

その時点で、家を出られてから8時間が経っていた。

奥様からも私の携帯に連絡が入り、

「〇〇の番号教えるので、そちらからも連絡入れてみて下さい」と言われ

何度か電話するけど、やはり呼び出し音が鳴るだけで、ご本人は出ない。



これはもう…急病か、あるいは何らかの事故に巻き込まれたに違いないと

K察(なぜ伏字?)勤務のお友達にアドバイスを頂きながら

とりあえず「おおごとにしたくない」という奥様を説き伏せ、

アドバイス通り、まずは行方不明の届を出して頂くようにお願いした。




それから何時間経った…???


もうダメだ。きっともうどこかの崖下で…

「心配」を通り過ぎて、

もう胃袋は裏返って喉の上まで上がってきていた。




〇〇さんが、今回の仕事に乗り気でないのは明らかだった。

何度か頼んだのに、全然来なかったからだ。


お歳はたぶん70代後半?

昔は林業に従事してて、引退した現在は、

森林保全活動などに従事しておられる

とてもお忙しい方だと聞いてた。


そんな高齢の方を、わざわざ西土佐から呼んで

万が一、作業中にケガでもされたら、どう責任を取るのか?

プロの業者にお願いした方が、仕事も早いし安心確実!と

当初から、私は反対していたけれど

昭和ヒトケタの父母は、くだらん人情に支配され

「どうせなら知り合いに頼みたい」の一点張り。

その友情のお仕着せが、

相手に無理強いさせてることにも気づかない。




そして、この結果だ。

どうしてくれよう、ウチの両親。

〇〇さんにもしもの事があったら、完全にこやつらのせいだ。



が、肝心のジェイソンは

「〇〇はどうしたのかなあ」と、勝手に警察に何度も電話しようとしたり

そうかと思えば、「腹減った〜なんか食うもん無いか?」と

緊迫した待ち時間の間に3回も!言って、私をイラつかせたり。





もう、ほんとうに、


私の怒りは振り切れてた…








それでも、夕方5時前になって

ようやく奥様から「見つかった」との朗報が届く。

「窪川で具合が悪くなってたらしい」

「いま警察の方が、自宅まで送ってくれてる途中です」と。




あああーほんとうに良かった。

胃袋もシュルシュルと定位置に戻っていった。


「詳しい状況は本人と話してからまた連絡する」と言われたけど

連絡はまだ無い。

でも、生きていてくれれば、もうそれだけで十分。





そんなわけで。


母ちゃんの、とても長い一日が終わった…。




が、ジェイソンとの戦いが終わったわけではない。



頑固で忘れん坊の年寄りは、最強。

ワタシ、自分の方が倒れてしまいそうな毎日だ。


image6-20150601-6.JPG

「たいへんでペキね…」




posted by 庭師・香遊 at 20:08| Comment(4) | その他のよもやま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月13日

まだ続きがあったのぢゃ。


先日の行方不明事件、めでたしめでたしでは終わらなかった。

後でよくよく聞いてみると、

〇〇さんは、行方不明になった当日

朝、ほぼ時間通りに、我が家のすぐそばまで来てたらしい。

でも我が家に上がる私道が見つけられずに、そのまま帰ってしまったんだそうな。

携帯も持っていたのに、ウチにかけることもせず

こちらから発信しても、出てくれることもせず。

家を出てから、警察の方が見つけてくれるまで12時間近く経過していたが

その間のことは「よく覚えていない」と言っているらしい。



もう、その時点で、かなり認知症疑惑ですよね。

しかし、〇〇さん本人はもちろん、奥さんも全く疑ってもいない模様だ。




そんなわけで、ワタシ、ウチの両親には

「もう、二度と!何があっても!〇〇さんにお願いしてはいけない!」

…しつこいほど言い聞かせて、両親も納得してました。



しかし、その翌々日の金曜日。

なばレッスン中に、母が携帯にかけてきて「困ったことになった」という。

「〇〇さんが明日もう一度来ると言って聞かないから、すまんけど頼むわ」という。





ハァ?




やいやいやい、待てーーーいコラ!!!

母ちゃんブチ切れ。久しぶりに震えるほどブチ切れ。

なに?ウチの親?どこまでアホなの?懲りないの???



「朝8時前後に、下の県道まで出て待っててあげて」という。

気が遠くなる。

それでも、もうワタシのチカラでは、なす術もなく

親子の縁も断絶された状態で、とうとう本日の朝を迎えた。



私は朝は忙しいので、ジェイソンを下の道に配備して、到着を待っていると

〇〇さんより電話。

「入る道がわからんけど、どこ?」

いやいやいやいや。父ちゃん目印に置いてるのに、〇〇さんこそ、どこよ?

「ここは、右に曲がると本通り、左に曲がると民家がいっぱいある」



わからねえよ。

なぞなぞですか?



他に目印らしき建物を聞くも、わかんないようで聞き出せず、

「じゃあ探しに行くからとにかく動かないで」と言って車を出す。

家沿いの道には、どこを探しても居ない。

春野を抜けて来ると言ってたから、もしかして

家よりだいぶん東の道の方角へ出てしまったのかもと思って

東へ走ってみる。で、やっと見つけた! 

はぁぁぁぁ。



で、その後はなんとか無事に、伐採作業開始。

と思ったら、早々にチェーンソーの歯がコンクリートに当たり

ヤスリを取り出して、歯の補修を始めた。


(…イラッ…)




ようやく補修が終わり、ロープを引っ張ってエンジンかけるも

ロープ引っ張りすぎて、部品のバネが壊れたらしく

その後、二度とエンジンがかかることは無かった…。


(…イライラッ)



土曜なのでダメだろうとは思いつつ、近くの農機具屋さんへ走るも

やはり土日はメーカーも休みで部品が無い為、

チェーンソーの修理は出来ないとのこと。



帰るのか・・・ほとんど何も出来ず、西土佐までまた3時間かけて帰るのか。

なんて可哀想な人なんだーと思ったら、

ふと「レンタルがあるんじゃないの?」と思い立ち

心当たりを当たってみたら、

家の近所の「建設センター」さんで借りれるように

ララパパ様が手配をして下さった。ありがたや〜〜〜。



かくして無事、チェーンソーをゲットし、やっと作業再開。

「もうちょっとやって行く」という〇〇さんを

明るいうちに帰そうと、早めに、丁重に、切り上げて頂いて



今度こそ、私の長い1日・第2弾…が、

ほ、本当に終わったのかな?・・・なんか、あやしいわ。




犬友さんに、いっぱいお世話になりました。

レオパパ&ララパパ様に、心から感謝します。

ありがとうございました!




なば母ちゃん、もうね、つかれはてたわー。

認知が認知を呼び、認知まみれ。1人でそのお世話。

認知ばんざい。もー助けてーん。(壊)



image5-20150601-5.JPG

かあたん、よくがんばったでペキよ。







posted by 庭師・香遊 at 22:19| Comment(6) | その他のよもやま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月18日

なばおとセンセとアラチッチ


最近は色々と場所を変えて、お鼻の練習をやっています。

画像ブレブレですが、アラバウアーのなれの果てのアラチッチ。



image3-20150618.JPG



image4-20150618.JPG


「アラシのやつ〜。オレ様の方がずっとカッコいいのに〜」

・・・非常に残念な犬の、そんなつぶやきが聞こえそう。




うん、かっこええ、かっこええでー、なば君。

まるで訓練チャンピオンのガウンみたーい。(←棒読み)




image1-20150618-2.jpg

すげーのだ。おれさまスゲーのだ。




posted by 庭師・香遊 at 22:13| Comment(0) | 日記「主人公だワン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月20日

アラシとおばちゃんとナバチッチ


なにかと天然で変態が多いM組ですが、

今日の梅雨空の下、「雨でもやります!」と名乗りをあげた変態は

ララパパと、なば母だけだった・・・。おかしいなあ。

でも練習中は、けっきょく雨、一滴も降らなかったんだぜイエーイ。



なば母ちゃんは、アラシとアラバウアーして遊びました。

(さつえい:センセー)



11012942_1583203978606847_5205712146390703332_n-1.jpg


背中から、全力で倒れこんでくるアラシを受け止めるには

体力も経験値も無い母ちゃん、そのまま共に地面に倒れこむ。



10329045_1583203985273513_1899022007290843339_n.jpg



でも、なんだろう。このシアワセな感じ。

なばおとなら、こうはいかない。

ヤツは嫌がって、母ちゃんの頭をがぶがぶ咬みながら逃げるだろう。




11426378_1583203918606853_170926685178845575_n-1.jpg

口に咥えているオモチャを、他の犬が口移し?で盗っても

アラシは怒らない。

なんていい子なのか。うちのバカ男なんか

草食ってる時も、取られると思って怒るよ。性格悪すぎる。



10154318_1583203911940187_4077166172457661437_n-1.jpg

あはは。うふふ。なんて楽しいのかしら。



10455644_1583203981940180_6593819381755966827_n-1.jpg

ここが地面じゃなくて、部屋の床なら・・・もっと良かったけど。




11535844_1583203971940181_412349861988383522_n-1.jpg

はー満足満足。って何しに来たんだっけ。





犬たちも楽しかった!わーいわーい。


11427225_1583203871940191_2337623943401279909_n.jpg




そして、なばっちっち&アラチッチ、衝突事故の瞬間!


11227573_1583203868606858_3856735751648260022_n.jpg




なんか、ヤバい感じの音がしたので

「あ。今夜のコンペだめかも…」と思ったけど、なばお、大丈夫でした。



11253231_1583203925273519_5967590118824562738_n.jpg


でももう、やり切ったので、今夜、走る余力は無さそうです!テヘッ




posted by 庭師・香遊 at 15:31| Comment(0) | 日記「主人公だワン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月21日

ナイターアジコンペ


T先生んとこの、ナイターコンペに参加してきました。


10300664_277419309099871_4271427759608749602_n.jpg

(ララパパさんより画像拝借。)



東京?から、E先生をお迎えして、

時折、セミナー風味が混じった、とっても熱いコンペでした。

終了した時には、日付が変わっておりましたとさ。



ヒトも犬も、眠い眠い〜。

image1-20150621.JPG

(ちなみにこの方は、昼間もよく寝てるけどね)




ルビたん、首いたくないかな?

image2-20150621.JPG



E先生がお作りになったコースは

トラップだらけの、半端ない難易度でした。

JP2、なんとか拒絶のみで生還は果たしたものの

犬は漂うし、ハンドラーのミスもあったので、リトライに挑戦。



動画はその2回目のJP2。





やり直さなきゃ良かった…という出来映えであった。orz_03-8029b-thumbnail2.jpg

1回目、普通に成功したスラ入れが、2回目は失敗。

犬とぶつかりそうになって、アレレのおばさんが出現した。

あれぇ〜〜あれれれれ〜〜〜〜。



それでなくても、このフィールドは砂地で疲労度が半端ない。

AG2が始まる頃には、既に2走したアレレのおばさん、疲れ果てており

その日の朝、レッスンに行ってアラバウアーで遊んだことを

ちょっぴり後悔・・・は、別にしていない。



が、聞けばAG2は、障害数が25本だという。

そんなのやったことねーよ。

競技会でも最高で22くらいだったかな。

25本も、絶対!順番を覚えられない。


特に、3番ハードルで受けてからの

9番トンネルに入れるまでが、最大の難関。

どうやっても飛ばせにくいハードルの並びで

よくもこんなイケズなコースを考え付くもんだなあ〜と感心した。



検分時間も終わるころになってようやく

「これしかない」と、ハンドリングが決まった。

とにかく9番トンネルまで成功したら、終わったも同然。

と思って走ったところ

本当に9番過ぎたら、色んな箇所でミスして、終わってしまった。


でも、9番まで成功したので、自分的には大満足。

あとはスタミナだな〜。


ラスト近く、E先生から「もうちょっと!もうちょっと!」と声援を戴く(笑)。

すいません。おばちゃん本当によれよれでした。


だって、コース全長200m超えてるんやもん。(普段は140m〜くらい?)




では、アレレに引き続いて、今度はギャアギャアうるさいおばさん動画。

おばさん、ケツで犬をおしのけるという暴挙に出た挙句

でも結局失敗して、カエルの死に際のような声を漏らして撃沈します。






息も絶え絶えなおばちゃんの姿を、どうか、悲しげな笑顔で見守って頂けたら・・・





いやー疲れたわーーーーー。orz_03-8029b-thumbnail2.jpg



でも、つくづく思った。ケナゲやなーウチの犬。

なんかね、ハンドラーこんななのにね。

よく指示を聞いてくれます。(ときおりボケるけどね)



頑張ったねーなば君。おつかれさま。あんがとね。



image7-20150617.JPG

まったく、始末におえんババアなのだ。




posted by 庭師・香遊 at 14:37| Comment(2) | 日記「主人公だワン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月29日

尻カメ体験記〜美しくない話。


ちょっと最近慌ただしくて、更新さぼっちゃいました。


実は、5月の健診でひっかかったワタクシ。

実は実は、心当たりがありまくりだったなば母ちゃん、

いつになく繰り返される便秘とP。便は細るし

もーアタチ絶対大腸がん。と思ってた所への

「潜血反応陽性。要・再検査」でしたから。


さよーなら MY LIFE。さよーなら愛する犬猫たちよ。

と思いながら、先日ついにお尻からカメラを入れたら

何の異常も無くて、

どうやら潜血反応は「切れ痔」によるものだった模様。うそ〜ん。やだぁ〜。



初めての大腸内視鏡検査は

洗腸剤を飲み続けて、腸がキレイになった人からカメラに移るのですが

なかなかキレイにならんかった母ちゃん。

キレイになってカメラに移れるかどうか、

なんと!出た便を、看護師さんに見てもらわないといけないらしい。



ウ〇コを人に見られるなんて!耐え難い恥辱!!!

…と思っていたのに

なかなか透明な水状にならなかった母ちゃんは

何度も見てもらう中で、だんだんと羞恥心ってヤツを失い

「見て〜♪」

「見て〜♪これは〜?」

「見て〜?今度こそどおお???」って

ワクワクしながら便を見せたがるおばさんと化していた。


ヒトは、どんな環境にも馴れるものなのですね。

羞恥心も平常心も、人間性さえすっかり失なう、そんな恐ろしい検査でした。



結局、なかなかキレイにならんかった母ちゃんは

爺さん2人に先を越されるという屈辱を味わいつつ

吐きそうになりながら、まずい洗腸剤を、

6時間かけて、都合3.8ℓも頑張って飲んで

やっとOKが出て、さあ、カメラだぁー!


看護師さんに「じゃあ下着も脱いでこれに着替えてから、あちらの部屋へ」と言われ

検査着を着て、ドキドキしながら台の上に横になったら

先生が「あっ!」と叫び

看護師さんが「いやだ!〇〇さん、パンツは?」という。

「あらっ?私、上着しか出してなかったかしら?」って!

ねーよっ!貰ってないよ!

いやーんもう。恥ずかしすぎるー!!!!!

真っ赤な顔で、カメラ挿入用の穴の開いた使い捨てパンツを渡されて、

真っ赤な顔で、履いて、仕切り直しだ〜。



恥ずかしすぎて死にたカッターーーーーーー!!!





MY愛しき腸は、思いのほかぷるんぷるんでキレイでした。


そして、人生初の尻カメラは、とにかくくすぐったくて

肩を震わせながら耐えていたら

「痛がる人はいるけど、それほど笑う人は初めてです」と

先生に言われちまっただ。てへ。



こんな母ちゃんだから

病気の方が、逃げていくのかもしれません。

ええこっちゃ。




それにしても。

美しくない話なので、書かずにおこうと思ってたのに

なぜ暴露してしまうのかアタチ。性分かな?ビョーキかな???

以上、

恥ずかしすぎて、たぶん普通の人はブログに書かない話をお届けしました。



image12.JPG


ババアがばっちくて、すまぬのだ。




posted by 庭師・香遊 at 17:41| Comment(2) | その他のよもやま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする