2014年02月03日

一走入魂!


今週末は、大阪2DAYの競技会。

昨日はアジリティーの練習会があって、参加してきました。


なばおっちは、JP1とAG1の2走にエントリー。

1走目のジャンピングでは、なんと!まさかまさかの…!


20140202_153339.jpg



1席♪頂いちゃいますたぁー。


20140202_153402.jpg

(うれしすぎて、何枚も撮ったった。)



しかも、最強ボダコ軍団おしのけて、ただ一人のクリーンランって!

これを奇跡と呼ばずしてなんと呼ぶ?

おそらくもう2度とこんなことは起こらないです。


なばおっち犬生の、今がピーク?

ええ〜?

…そのピークの照準を、何故本番でなく練習会の…しかもJPに?



あのね。なば君。

もう何度も走ってるから、もういい加減に理解して欲しいんだけど。

競技会では、「ジャンピング」と、タッチ障害の入った「アジリティー」の

2回走るってのは、わかるよね。


きららみたいな小さい子のスモールクラスは

「アジリティー」から走ることも多いけど

なば君のようなデカい子は、ほとんどの競技会で

最初に走るのは「ジャンピング」なの。


「ジャンピング」は何度クリーンランしても

上のクラスには上がれないの。

「アジリティー」を3回クリーンランしないと、2度には上がれないの。



2年前の高知大会で、ビギナー1と2を共に2席でクリーンランし

その後の3月から1度デビューして、約2年間。

かあちゃんは数えてみたら、13大会にエントリーし

そのたびに金をドブに捨て、orz_03.JPG…←こんなんなってきました。




なぜ、今更こんな話をするかというとね。



…ギャップが、酷すぎるんです!

1走目と2走目の!


ま、まあ昨日の2走目は、余りのアンタの変わりように

母ちゃんもテンションだだ下がりになってしまい

トンネルへの誘導に失敗して、失格させてしまいましたが。


トンネル前で、力尽きて膝をついてしまった母ちゃんを

キミは、Aフレームの頂上から

憐れむような顔で、見下ろしていましたっけね…。




母ちゃんは、キミに問いたい。

わずかばかりの、シューチューリョクを

何故、1走目で惜しげもなく使い切ってしまうのか。



2回!

2回走るんです!競技会は!


そして、2回目が本番なのだと、お願いだから理解してちょーーー!!!





おまけ動画:奇跡の1走目。



母ちゃんバタバタしすぎですが、

シューチューしてると、ちゃんと付いて来る犬(汗)




そして「本日のシューチューリキ終了後」の2走目。






走り終わったご褒美のオモチャには興味も示さず

リンク外に先生を見つけて「わーい」と駆け寄っていく

親の心子知らずな、ばかお。



あ〜もう…。なんか。

この犬の全てが、腹に据えかねる………orz_03.JPG





posted by 庭師・香遊 at 20:43| Comment(0) | 日記「主人公だワン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月05日

ヴォーノ君にずっきゅん♪


どうにもこうにも。

1日1走しか走れないオトコ確定!のなばおっち。

ピット君パパからは、

「なば君はもう、1走だけに絞ったらどうですかー?」という

心揺さぶられるお言葉も、頂戴したりして(笑)。


1走だけに絞る。それは…何らかの、やんごとない事情により

1走目の「ジャンピング」を棄権するってことですよね…。



ふ…ふふふ…。

そういう姑息な手段は使いたくないと、頑張ってきたけれど…



今週末の大阪2dayの結果次第では、

とうとう、ヨコシマな母ちゃんになっちゃうかもよー。


でも1走に絞っても結果がやっぱりダメだったら?

…もう一生!立ち直れないからね、かなりの勇気が要る〜(泣)


20140204_093330.jpg




そんな母ちゃんのヨコシマな葛藤も知らず、

能天気なこの犬は、

今日も、レッスン後のララちゃんとのお楽しみタイムです。


20140205_115012.jpg

わ〜いわ〜い。ララちゃーん♪



20140205_115055.jpg

わ〜いわ〜い。なばくーん♪



20140205_115107.jpg

「ひどい。またなば君ったら、センセ―を探してるぅ〜」



はいはい。本当にひどいオトコですよ。

おばちゃんも、いつもソレに泣かされています。




さてさて。

今日はこの後、チョーーーかわゆいパピーとお近づきになりました。



ちょっと…


20140205_120310.jpg


ちっともじっとしてくれないので、ろくに写真が撮れませんが



H先生が連れてきたのは、2か月のロットワイラーのヴォーノ君!


20140205_120412.jpg


ブフォッ…!ハナヂ出る〜〜〜。

かわいい〜なにこれ〜この口元のモフモフ〜♪

そして、ありえないほど重たい〜。

走ってるのに、のろ〜い。

ふにゃふにゃのグダグダ〜〜〜♪



20140205_120934.jpg


かわゆすぎて、すっかり理性を無くしてしまった母ちゃんでした。



社会化のお勉強中のヴォーノ君。

H先生、また連れてきて下さいねぇ〜うへへh。





posted by 庭師・香遊 at 20:23| Comment(2) | 日記「主人公だワン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月07日

大阪寒さ対策。


なんか、大阪がめっちゃ寒いらしい。

今日の夜から、明日中ずっと雪らしい。

高知道も止まりそうなので、予定早めて間もなく出発。



悲しい。

なんで、よりによって競技会に出向くタイミングで

いつもいつも、こんな寒波が…?



今晩、大阪のホテル駐車場で車中泊するなばおの為に

ふかふかベッドと、毛布と湯たんぽと、湯沸しポット

史上最大の巨大な荷物になってしまった。



20140206_173358.jpg

いちご模様が似合わないことこの上ない。


20140206_101249.jpg

着なくなった母ちゃんの、モヘアのセーターも着せる。(笑)


20140206_101146.jpg

囚人1号。よくお似合いですわ。


20140206_173314.jpg


とりあえず、凍死しないでくれたら…成績は2の次で良いです。




posted by 庭師・香遊 at 13:27| Comment(2) | 日記「主人公だワン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月10日

悪魔再び。


近年まれにみる大雪に見舞われた中での

大阪大会2days。

初日は終日冷たい雨で、足も犬も合羽も泥んこになって凍える中

なんとか凍死は免れ、昨夜、無事家に帰りつきました。



20140207_214509.jpg

「かあちゃん、これは何の修行なのだ???」



防寒対策バッチリで、雪の中での車中泊も元気に生き延びたなばおっち。



競技会場での2日間は、完全M断ち。

M先生に会わせない。

先生はいつも風下待機(笑)の状態で過ごさせてみました。



センセ―居ないなら居ないで、それなりに走りはしますが

2日間もM断ちしたのは初めてだったので

ついに2日目の2走目。大切な最後のAGで

ヤツは…とうとうブチ切れてしまいました。


指示も呼び戻しも聞かずに、ネット際ギャラリー前まで一直線。

やっと帰ってきたと思ったら、今度は別方向のネット際まで一直線。



悪魔の笑みを、浮かべとりました…。

その眼には、イライラの赤黒い炎がもえたぎっておりました…。




Mセンセ―は、このとき既に会場を後にしていましたが

この姿を見たら、なばおは再びビギナークラスへ降格されるか

あるいはアジ出場禁止命令が出て、服従訓練のやり直しを命じられるか

どちらかだと思われ…。



ふう…。(深い深いため息)




その他の3走は

一日目のJPはクリーンラン。

2本目AGは集中力無いなりに指示は聞いていましたが

Aフレームを、飛ばずに降りた安心感からか

母がほんの一瞬!記憶喪失になってしまい

なばおに先行して走らないと間に合わない所を、出遅れてしまって

誘導に遅れが出たため、逆跳び失格。

これは完全に母のミスであります。ぷーんだ(反省の色なし)。



結局4走走って、CRは初日の1本目のみで。

2本のAGは共に失格という、テイタラクでござんした。


あかんわー。

やっぱ遠征の2DAYって、ろくな結果にならんわー。



と言っても、M組の他の皆は好成績を残し


20140208_165206.jpg


ルビーママは1日目JPで1席だったし

表彰式には出られなかったけど、

きららも1日目JPで、初の1席獲得!やったぁ〜!



20140208_165401.jpg


更に、センセ―と走ったピット君は、

なんと2日連続AGクリーンランで、みごと3度昇格が決定!

おめでとうございます〜〜〜パフパフ〜〜♪



…。

おや〜?

フタ開けてみれば、やはりなばおっちだけ

表彰台に立っとらん感じ?

まあ、ラージクラスは、ボダコ軍団と同じ土俵で戦う限り

一桁順位に入ることすらまず無いので、よいのれす。



遠征の2日目ともなるとなー。

いつも、なばおも母ちゃんもグダグダになってしまうけど

来月行われる、地元高知での2DAYは

コンディション的にも、今季最後のチャンスかも。

がんばるにょん。



あ、その前に再来週の岡山大会があった!


更にがんばるにょん。




くじけない、母ちゃんなのであった。



20140204_093346.jpg

「センセ―と会わせてくれないババアが悪いのだー」



posted by 庭師・香遊 at 12:27| Comment(0) | 日記「主人公だワン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月14日

ダッキーの腹一杯犬生。


隣に住む叔母んちの、ダッキーが

先日、13歳で虹の橋を渡りました。


ducky0220026.jpg


アメリカに住む従兄が、シェルターから引き取り

共に日本に帰ってきたけど

従兄はその後離婚し、泣く泣くダッキーを叔母に託して

再び、単身アメリカへ戻ってゆきました。



シェルターでしっかりとトレーニングを受けていた当時のダッキーは

私にとっては、こんな賢い犬見たことない!というくらいの

超!お利口さんでした。


でもその後は、甘々の老夫婦と共に暮らしていたもんだから

けっこう…普通の犬(笑)に成り下がってしまいましたが…。



飼い主に置いて行かれたダッキーが

不幸だったかといえば、一概にそうも言えない。


アメリカに居れば、従兄が仕事中は、一人でお留守番ですが

この、犬嫌い転じてダッキーにメロメロになった叔父の方は

365日、どこへ行くにも車にダッキーを載せて。


夏場は毎日、鏡川上流へ。

石を投げて、それをもぐって取りに行くダッキーは

いつしか評判になり、TVに出たこともありました。

TVの画面に、「犬神家のスケキヨ」のように

川面から後ろ足2本だけ突き出して映っていた様は

「お、溺れてるの???」と大笑いした記憶と共に、

今も鮮明に脳裏に焼き付いています。



08122420008.jpg



山や畑を、自由に駆け巡り

叔母夫婦が、丹精込めてこしらえた畑の

キャベツを丸かじりし

芋を掘り返して、エンドウ豆を根こそぎ平らげ

ったく、その食欲たるや、半端なかったっけ。


シェルターでは、ラブとダルメシアンのMIXだと

言われていたらしいけど。

…確かに体型は、小顔でダルに近かったけれど、

食欲だけはしっかりと…紛れもないラブだったね。



13歳になって、少し足腰も弱ってきてからは

獣医さんでも「長生きですよ」と言われていたらしいけれど

叔母「クリはいくつやった?」

私「14歳8か月」…と言う質問が、最近は何度も(笑)なされ


叔母が、ひっそりと対抗意識を燃やしていたのは

なんとなく感じていた(笑)。


まあ、長さじゃないけどねえ…。



年金で、慎ましやかに暮らす老夫婦だったから

フードが、ホームセンター山積みのアレだったことも

フードの他にも、残飯を丼一杯食べさせていたことも

明らかに炭水化物の与えすぎの肥満で、

それが足腰を弱らせていた原因だったことも

…あまり、強くは言えなかったなぁ…。


いや。最後の方は「ダイエットして!ダッキーの為だから!」と、

かなり、やいやい言ってたけど、

「好きなだけ食べさせてやりたい」って、

聞く耳、持たなかったもんなあ…。




でも、ねえ…。


亡くなる前日の夜も、満腹になるまでご飯を食べ

その後、呼吸をしんどそうにしている中でも

薬をしこませたパンを投げたら、パクッとキャッチしたそうで。


翌日の朝、病院へ向かう前に、

好きなオヤツを投げたら、やっぱりパクッとキャッチしたそうで…。



そして、そのまま病院で息を引き取りました…。




うん。


なんという、腹一杯の犬生。

あっぱれ、としか言えないよ、ダッキー。




アメリカの従兄は、ダッキーの訃報を聞いたあと

ダッキーが子犬の頃に付けていた小さな首輪を

ダッキーが大好きだったドッグランの横の空き地に埋めて、

花を飾り、彼なりの弔いをしてきたそうだ。


2007071420008-1.jpg


叔母夫婦からは「ラッキー」と呼ばれて

とうとう最後まで、本名の「ダッキー(アヒルの意)」で

呼ばれることはなかったけれど



でも、確かにダッキーは、幸運ではあった。


20070714.jpg



とても幸せな犬生だった…。



posted by 庭師・香遊 at 16:52| Comment(2) | 日記「主人公だワン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月17日

シースルー、ハースルー。


父の認知症を笑えないほど

実は母ちゃんも、日々老化の一途を辿っております。

ここぞ!という本番で

覚えたはずのコースが、飛んでしまうこと多々あり。



昨日のレッスンでは

スラロームに入れる際に「スルー!」と命令すべきところを

「シー…スルー!」(シーソーと言おうとした)

「ハー…スルー!」(ハウス!と言おうとした=トンネルのことね)


もはや、ひとつもまともに言えやしない!



あかんわー。

ちっともクリーンラン出来ないのも

犬のせいだけに出来ない状況に、だんだんなってきたわー。



脳トレしなくちゃしなくちゃ。



20140204_093324.jpg

「まったく、かーちゃんに足を引っ張られて困るのだ」



あー、なんか…↑この顔。イラってするんですけどー。



posted by 庭師・香遊 at 20:25| Comment(0) | 日記「主人公だワン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月19日

むっくり起きる。


連日のソチ五輪で、毎日感動をもらっております。

が、寝ることが何よりの楽しみな母ちゃんは

基本的に中継ではなく翌日の報道で結果を知ります。



でも、フィギュアの男子フリーだけは

2時45分にむっくり起きて、中継を見ました。

こんな時間に起きると、

寝ていたなばおが「おっ?競技会だな母ちゃん!♪」と

勘違いするので、大変うざいのですが。



今夜と、明日も

丑三つ時に、むっくり起きますよー。




真央ちゃん、がんばー。



20140206_173358.jpg

お出かけちゃうから。雄叫びあげて喜ばないようにね。



posted by 庭師・香遊 at 17:29| Comment(2) | その他のよもやま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月22日

まおちゃんとまあちゃん。


真央ちゃんがくれた感動を、いまだに引きずっていて

関連記事やニュースや演技の映像などをむさぼり見ては

毎回しつこく、号泣を続けているおばちゃんです。


いや〜年取ると涙もろくなっていかんわー。


でも、SPの後、

やっぱりこの子、メンタル面ほんとに弱いわー

未熟なんだな。まだ子供なんだな。と正直ガッカリしてたのに

翌日の、あのフリーでの奇跡のような完璧な演技!


よく、あのどん底から一夜で復活したなーと。

未熟なんかじゃなかった。

ものすごく強い精神力の持ち主だった。

本当に凄い選手です。

ブラボ〜真央ちゃん。感動を、ごちそうさんでした!



***



さてさて。

本日222の猫の日は

愛猫まーちゃんの6回目の命日。


20140222_130127.jpg


朝のうちに猫神社にお参りを…と思っていたのに

いつの間にか母が、シロアリ業者を頼んでいて

殺虫剤臭い部屋から、順次ぱこなばえん君を避難させたりしてて

結局、なんだか落ち着かないまま、一日が終わろうとしている。




まーちゃん。

今日も穏やかに晴れた、暖かい一日となりました。


ねこ日和。命日びより???



まーちゃんをお見送りした後で

姉に誘われて登った、皿ヶ峰頂上のあの青い空。

涙目にまぶしかったっけ…。


2008022420019.jpg



あの時の光景と、風の音と、せつない想いは

強く記憶に刻まれていて


今でも、抜けるような青い空を見ると

まーちゃんの顔が浮かぶ。


6年経ってもそうなんだから

もう、たぶん永遠に、私にとっての青空は

まーちゃんがいる場所であり

その気配を探してしまう場所であり

想像の中で、

おねこ様たちがじゃれあい笑う、とても美しくて愉しい場所。




20年連れ添ってくれたまーちゃんは

今も私の中では、特別で、とっても偉大な存在なのだった。



2008010520001.jpg




…ということを毎年、再認識する222にゃんにゃんにゃんの日。

なのであった。



posted by 庭師・香遊 at 14:23| Comment(0) | 日記「主人公はニャン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月24日

そうよ!私は万年一度の女。



20140223_113922.jpg

あたしLalaちゃん。今とっても疲れてるの。

朝早くから起こされて、ご飯ももらえないまま

岡山の競技会に来てるのよ〜。

今日はねー、CD2も頑張って2席入賞したの。

取れん肉チャンポンも獲得したの。

アジリティーだって、ビギナーとビギナー2を走って

2本ともクリーンランしてやったの。どんなもんよ。


20140223_113940.jpg


だから、とっても疲れてるの〜。

ちょっとぉ、おばちゃん。こんな顔撮らないで。

マネージャー通してくれないと困るのよね…むにゃむにゃ。



***



lalaちゃんのマネージャーさんも寝とるがな!



さて。

その、大活躍だったLalaちゃんや、他のM組の皆さま方が

いつものように、代わる代わる表彰台に上がる中

なばおっちは、やはり今回も、AGクリーンランならずぢゃった…orz_03.JPG



「なば君は悪くない」

みんな、そう言って温かく迎えてくれましたね………。


ええ。ええ。わかっとりますよ。

母ちゃんのハンドリングミスです。

2本目にしては珍しく、集中出来てた方だったんだけどな。


ううむむむ。口惜しや。

いいもん。また次がんばるもーーーん。ぷんっ。




…つまらぬ動画。。。見る?



まずは1本目のJP1




スタートから、一直線に3本飛ばせたあと

大犬、急に止まれず、スラローム前まで行き過ぎてアホ化する。

これ、鼻先がスラに入ってたら失格だったかも。

ギリギリせーふで、クリーンラン。



そして問題の2本目AG1。




「練習会」のつもりで

緊張も、気負いも、精いっぱいそぎ落として、臨んだつもり。

でも、レンガの逆跳びを防げなかったのは、母の未熟さだー。



実は、この日は…何故か母ちゃん絶不調。

岡山に向かう道中で、運転しながらだんだん気分悪くなって

鴻池SAで、こらえきれずゲロる。


同乗していたきららママは、感染症予防のスペシャリスト。

たちまち母ちゃんは、「ノロ疑惑」をかけられる。

「二枚貝、食べなかった?」

「…食べてない…。あ、でもカキ食った」

「それー!」


そっかー。カキも二枚貝か…ってそーゆーことじゃなくて。

でも、カキ食べてから2日半過ぎてるし〜。

ノロの潜伏期間24〜48時間はとっくに超えているし〜。

お腹も痛くならないし〜。


でも、「これで下痢が来たら決定ね」って言われ

グレー判定のまま、マスク買って付けて、競技会に出ました。

皆さーん、感染ってたらごめーん。って!

うそ、ノロでは無いようです。ゲ〜リ〜来ませんもの。



でもこの日は1日胃が痛重くて、帰りの道中もまた気持ち悪くなって

再び鴻池SAでゲロりそうになるが、(ごめんよ鴻池SA)

あまり食べてなかったので、吐きたくても出なかった。


すいません。汚い話になっちゃった。

てへ。


(あ、胃痛は帰宅して胃薬飲んだら、だいぶんマシになりました〜。)




でも、なばおと母ちゃんはダメだったけれど

長年「無神経ツートップ」や「ダメ男ツートップ」と言う名を

なばおと分かち合ってきた盟友きららが、


ついに!AG!初!クリーンラン!!!…を果たす。



ビデオ撮りながら、突如として両目から大洪水が発生。


なんか、いろいろと苦労を共にしてたもんで。

嬉しくて、本当に本当に嬉しくて

恥ずかしいほど、泣けた。

…あほちゃうか?ってほど、マジ泣きした。


20140223_160511.jpg

おめでとう!きらら。最近おばちゃんは涙腺が緩すぎる。




さあ。


しかしこれで、長年、一度もAGクリーンランが無いのは

なばおと海くんくらい(笑)になってしまった。



みんなみんな、アタシを追い越してゆくのよね…。フッ…






20140223_173055.jpg


競技会帰り、鴻池SAのドッグランは

偶然にも、M組が占拠しとった(笑)。

「ナバのバカ〜〜〜!」と吠えながら、追いかけるLalaちゃん。

こんななばおのことを、唯一、好きでいてくれる有難い存在だ。



その後、ルビーちゃん&レオ君も加わって。


e0245372_15593669.jpg

Lalaパパ様のブログより、お写真拝借。

2匹ずつ、ポーズがシンクロしてて、めっちゃウケた〜♪



みんな、がんばった競技会後のご褒美だね。



20140204_093312.jpg

「たのちかったのだ〜。」



posted by 庭師・香遊 at 21:27| Comment(4) | 日記「主人公だワン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする