2013年02月04日

なばおと走る。


fukuyamajp1.JPG


ポシェ家より、先日の競技会の写真を頂きました♪

ウレシイ〜♪

ポシェパパ&ママ様ありがとうございました。

DVDも頂いたのですが、なぜかYOUTUBEにアップできず…。

ファイルの変換がどうとか…わかりません。無理です(泣)

個人で楽しむことにいたします。


きらたんパパ&ママも、DVDどうもありがとうございました〜♪

今回、自分のビデオ、操作を誤り全然撮れてなかったので

助かりました。


fukuyamajp2.JPG

fukuyamajp3.JPG

fukuyamajp4.JPG


以上がJP。続いてAGのスタート地点から。


fukuyamaag1.JPG

キュッピーン♪ 跳び方、かわいいっすね。


fukuyamaag2.JPG

後ろのギャラリーのお兄ちゃんは満面の笑みで見てくれていますが

テントの中のお兄ちゃんは、大あくび中でした。


fukuyamaag3.JPG


母ちゃん「お控えなすって」してますね。

どうしてこうも要所要所で…カッコ悪いのか。


fukuyamaag4.JPG

続くAフレームの向こう側で

必ず踏まねばならない赤いタッチゾーンを

踏まずに飛び降りたのでした。


そしてその後の動揺を隠せず、シーソーへの誘導に失敗母ちゃん。


fukuyamaag5.JPG

2度目は、ちゃんと登ってくれました。

母はなぜか満面の笑みです。我ながらきもちわるい。


fukuyamaag6.JPG

ドッグウオークでも、わかりにくいけど母は笑っています。

これは、犬の目が泳ぎだしたので

笑顔で、大声援を送っているのです。


fukuyamaag7.JPG


しかし、なばも負けないくらいの笑顔です。

楽しくって仕方ないんでしょうね。


fukuyamajp5.jpg

前足のかかとが地面についてます。

カーブを切る時は、こんな低い重心をとるんですね、面白い。


写真では、動画ではわからない、色々な発見があります。


楽しくて、奥深いアジの世界。



今週末は大阪まで行って来ます。



posted by 庭師・香遊 at 15:10| Comment(4) | 日記「主人公だワン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月07日

泥トカゲ


水曜日の練習は、雨上がりでグラウンドは泥んこ。

犬も飼主も、農作業の後みたいにどろどろになりました。


20130206_103115.jpg

なばおの手形。(…というか、割印???)

TPOをわきまえず、飛びつく犬はキライぢゃ。



20130206_103031.jpg

そして、この寒いのに足洗い用のプールに入り、くつろぐミズトカゲ。


20130206_103103.jpg

それを面白がって、写真を撮る訓練士。



20130206_103314.jpg

いちごちゃんまで、付き合わされて

プールに入れられました。なばはウヘウヘ嬉しそう。


20130206_103336.jpg

濃厚な、なば汁の出来上がり〜泥ソース風味いちご添え(笑)


20130206_103342.jpg

いちごちゃんは、ママのOKが出るまで、

じっと待つ子デラックス(しつこい?)

そしてなばおは…マズルにくっきりよだれラインが…。




さて。

最後の練習がおわり、

いよいよ明後日から2日間、アジ競技会@大阪です。


明日の夕方、出発するんだけど

M先生の車で大人3人と大型犬1匹と小型犬2匹で

ぎゅうぎゅう言いながら、行って来ます!


母ちゃんは、助手席で

テントが入った大きな袋を股間に挟み込んで

ずっと抱えとかないといかんかもよー(笑)。


…珍道中になりそうで、楽しみです。



posted by 庭師・香遊 at 20:07| Comment(2) | 日記「主人公だワン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月11日

ばかおと走る。


大阪2daysの競技会から帰ってきましたが

内容は…惨憺たるものでした、はい、ザンネーン。


あまりに酷くて、本当は動画も載せたくないんだけど

「…いい時しか載せないのね」と思われるのも癪なので(笑)

恥をしのんで、比較的マシな2本を。



まずは1日目のAG1



よそ見小僧です。

チラチラすんなー、何が気になるんぢゃ???


そしてあんなに練習したAフレームで

またしてもタッチゾーンを踏まずに飛び降り。

「アイター!」と母が思った瞬間に、

ハードルを逆から跳んでしまい、「失格」です。

まあ、これは母ちゃんも、悪い…。




続く2日目の、JP1



またしても、よそ見をしてますが、マシな方。

スピードコースだったので、

ともかく母ちゃんは、走り抜けることに必死で

一番最後のバーが落ちたことにも

落ちてなければクリーンランだった、ということも

終わってから知りました。わはは。



なばおは、今回の遠征、

まるで集中力に欠けていました。

唯一、2日目のJP1だけマシだったのは

この時だけ、始まる前にM先生から

たっぷりいい子いい子してもらったからだ…と思えてならない。


甘える時間が少ない時は、必ずと言っていいほど

いい結果が出ないんですよね。

もちろん、私のハンドリングのミスも多々あるけど

そうでないときにも

ネット近くで、よく集中が途切れてしまうのは

ヤツの心が、ネットの外にあるからだと思うのです。



アジリティーに飽きてしまったのかな?


なんか、もう…

母ちゃんも、ガックリきました…。




M組のテントが、仄暗〜い雰囲気に包まれてるという話が伝わり

絶好調だったH組のウランちゃんママが

可愛いの、連れてきてくれました。


20130209_134839-1.JPG

5ヶ月のJRTのニコちゃん♪ ちょー癒されるわぁ。


20130209_134753.jpg


20130209_134757.jpg


20130209_134808.jpg


5ヶ月のパピーより、落ち着きのない男ですね。

ウランちゃんママ、可愛いお見舞い(笑)ありがとうございました♪


M組の成績はというと

ピット君と走ったM先生は、AGクリーンランで2度昇格!

夏にアジを始めたばかりの、天才犬ルビーちゃんも

パパと走ったAGで、初めてのクリーンラン&3席入賞です。

ママと走ったアトラクション2では、2席!おめでとう〜♪

20130210_140644.jpg


予想通りルビーちゃんに、かる〜く追い越されてしまった

無神経ツートップのきらら&なばおは

共にCRならずでしたが

きららは、2日目、すごく良くなってたので

なんだか次に期待できそうな終わり方でした。

が、なばおは、

絶望的な予感のする…そうゆう終わり方…でしたわ…。



20130210_222525.jpg


20130210_225533.jpg


帰宅したら、爆睡。

いつもなら、寝てても母ちゃんが動くと

飛び起きて付いて来るのに、ほんとに爆睡。



今朝は、めずらしく朝ごはんを戻しました。

なばおが吐くのは

3年前に、コナ君のボールを飲み込んで

病院で無理やり吐かされた、あの時以来のことです。



さすがに、ストレスが溜まったか…。



KYな無神経男としか捉えてなかったので

ちょっと反省。

…もうちょっと、なばおのことも

たまには、考えてやらなくっちゃイカンすねー(汗)。



posted by 庭師・香遊 at 21:09| Comment(4) | 日記「主人公だワン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月14日

休息モード


2日間の競技会@大阪も終わり、

次なる3月9日の高知大会までは、

束の間の休息モードに入っているなば母ちゃんです。


隣の叔母宅まで、ゆっくりまったり、ぱこ連れ散歩。


20130214_114029.jpg

もれなくキツネ君がついてきます。


20130214_114018.jpg


20130214_114032.jpg


20130214_114037.jpg

ゴロンゴロンして、冬の枯れ芝を背中にいっぱいつけて

それを母ちゃんの足になすりつけるので、たまりまへん。


20130214_114106.jpg

かわいいごっつんこ♪




庭へ出ると、池から大きな影が

慌てて飛び立ってゆきました。


20130211_174208.jpg

アオサギです。

池のフナ金を狙って、時おりやってきます。

一度、近くで撮影したいと思うのですが、なかなか…

屋根の上で、家人が再び家の中に消えるのを待ってるようです。


20130211_174157.jpg

…笑えるほど、のどかな環境でござんしょ?…ヒヒヒ



***



20130214_132623.jpg


さて。

大阪では、あまりにもひどい内容だった、なばお君。

M先生とも話しして

次の高知大会は、アジの1度を走るのはやめることにしました。

もう一度、初心に戻って練習し

母ちゃんに集中できるようになってから、

再び1度に挑みましょう。


アジリティーは、とても楽しいスポーツです。

でもそれは、なばおが今まで楽しそうに走っていたから。


あんな風にうわの空では

母ちゃんも全然楽しくなかったし、とっても…悲しかった。



20130214_132610.jpg


さあ。

今さらながら、このばか息子に、

母のありがたみを

これから、少しずつ教えていかなくてはなりません(笑)。



posted by 庭師・香遊 at 15:30| Comment(2) | 日記「主人公だワン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月15日

ピィちゃんに捧ぐ長い長い日記。


080919 007.jpg


ピィちゃんの朝は、毎日ほぼ8時に始まる。

朝の挨拶をしながら暗幕を開けて、ご飯とお水を替える。


今朝、いつものように「おはよう!ピィちゃん」と言いながら

鳥かごを覆う黒いカーテンを開けると

いつもなら、シャカシャカシャカと私の手元に走ってくるピィちゃんが

動かないヒトになってしまっていた…。



心臓がバクバクして、まさか…と思いながら触ってみても

もう、本当に動かないヒトになってしまっていた。




あまりに突然の別れ…



まだほんのりと温かくて柔らかいピィちゃんを

もしかしたら、また動き出すんじゃないかしら?と

いつまでもしつこく、両手で抱きしめていたけど

やっぱりピィちゃんは…もう遠くに旅立ってしまったようだった。


081224 044.jpg


腹部ヘルニアと肝臓の治療を始めてから、

1年半が経とうとしていたけど

最近までは、とても経過は良かった。


「同じ治療をしてる子の中では、一番いい状態かも」って言われていた。

「管理がよく出来ているね」って褒められていた。



20080503 005.jpg


ピィちゃんのお世話は、

朝8時にカーテン開けて、8時間後の午後4時に閉める

(日が長くなると、春キター!と思って発情してしまうから)

ご飯は、体重管理のため低カロリーペレット「1日6.5g」と決められていて

朝は、4gにビタミン剤を足したものをあげ

午後は残り2.5g、と2回に分けて、都度、ちゃんと計ってあげていた。

お水は、50ccに肝臓のお薬を溶かして、それを6cc飲んだら普通のお水に取り替える。

糞の状態をチェックしながら、毎日、床の受け皿を掃除して。


そして3週間ごとに、発情抑制の注射に通う。



自分でも、頑張ってやっていたほうだと思う…

なかなか普通に働いている人には、難しいだろうな。



肝臓は「たぶん次回は薬を止めてもいいだろう」と

言われるほど、良くなっていたけれど

長く続けている発情抑制のホルモン注射の副作用も心配だし

腹部ヘルニアもほっとくと腸管が圧迫されて

腸閉塞とか起こしかねないから


次にもし具合が悪くなったときには、その手術を受ける予定だった。

鳥さんの手術は非常に難しくて

まだ若い主治医の先生は、横浜市の鳥病院での手術を勧めてくれていた。

費用は、宿泊・交通費や入院費も含め、約25万もかかるけど

成功率は90%以上。


こちらで、主治医の先生が執刀した場合は、

費用は半分くらいで済むけど

成功率は60〜70%、とのお話だった。


まだ、いますぐにどうこういう状態ではないけれど

どうするか考えておいてね、という話になっていた。



101027 014.JPG



昨日のピィちゃんも、いつもと全く変わりなく元気だった。

午後のご飯の前に、かごから出して

ご飯を計量する私の手元にやってきて

「まだか?まだか?ハラヘッター」と

ペレットフードの袋にかみつきながら激しく催促し


夕方、カーテンを閉める時も異常はなく

夜遅く私が休む前に、電気を消した部屋で

チラッとピィちゃんをのぞくんだけれど

普通に止まり木にとまっていたし。私の指に甘えに来たし。


鳥さんは、具合が悪いのを隠す。

そうしないと、自然界ではたちまち狙われてしまうから。

どうしても具合が悪くなると、止まり木にもとまれなくなる。

そうなると、人間でいう危篤の状態。

ピィちゃんは、前夜まで止まり木にとまっていた。

昨夜はそれほど寒くもなかったし、ヒーターもちゃんと入れていた。


いったいぜんたい、何がどうしてこうなったのやら

さっぱりわからない。



ただ、眠っている間に

うっかりと遠くまで行ってしまったとしか思えない。

そんな、とても穏やかで安らかな顔だった。


130215 008.jpg


来月、普通に5歳を迎えられると、信じて疑っていなかったのに…。





ピィちゃんが我が家へやってきたのは、2008年の春。

20080405 002.jpg


20才大往生のまーちゃんを見送って

寂しくて、誰かのお世話をしたくて、ピィちゃんを迎えた。

言葉を教えようと、オスを選んでもらったのに

しばらくしたら卵を産んだ…。


女の子なのに、乱暴者で

ジェイソンの肩に止まって、老人斑やシワを尖ったクチバシでつまみ、

じいじを怒らせては、キッキッキッと笑っていたっけ。


でも、母が吐血して入院した時は

涙目で帰ってきた父の肩で、やっぱりシミシワ齧って

沈んでいた父を笑わせてくれたのも、ピィちゃんだったね。


20080612 006.jpg




いちど、私が大失敗して

ピィちゃんを外へ逃がしてしまったことがあった。


あの時、ピィちゃんは庭の白木蓮の木に止まり

木蓮の葉っぱをいつまでもついばんでいた。


おかげで、私は

心臓バクバク足はガクガクになりながら

なんとか梯子を登って、奇跡的に

再びピィちゃんを捕まえることが出来たんだった。

あのまま飛び去っていたら、生きてはいなかったろう。




130215 005.jpg


20130215_130248.jpg


だから、ね。

あの時、ピィちゃんの命を繋いでくれた

白木蓮の木の下に

ピィちゃんのお墓を作ることにしたんだよ…


もう少ししたら、満開を迎える季節だね。


20130215_130057.jpg



大好きだったけど、カロリーが高いから

ほんの少ししかあげられなかったシードも

これからは、思いっきり食べてもいいんだよ。


20130215_125841.jpg




ピィちゃんのお世話に費やしていた時間を

これから母ちゃんはどうやって埋めようか…


突然、お暇を頂いて

お世話係は、途方にくれてますよ…



20080421 003‐1.jpg



ありがとうね。

5年足らずの短い間だったけれど

私を、家族を、慰め笑わせてくれて、

ホントに今までありがとう。



ばいばい、ピィちゃん。またいつか。


20121005_153755.JPG



posted by 庭師・香遊 at 23:32| Comment(12) | 日記「主人公だピヨ!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月20日

中国、四国、九州方面の方へ(拡散希望)


以下、お友達の日記からの転載です




1893296064_112s.jpg

☆岡山から・・収容期限切れのセッター♂〜2/22までの命

《情報拡散、転載希望》

今週金曜日に期限を切られてしまいました。

保健所判断では老犬とのことですが、
それほどの年ではないように思います。
(先日、引き出せた犬も老犬と言われていましが、
 獣医師推定5,6才でした。)

攻撃的であること、下痢が続き、体調が悪いからとの 理由で、
ボランティア譲渡も不可になっていますが、なんとか皆様のご協力で
命がつながればと願っています。

保健所に詳細を聞きました・・

普段の行動は問題ないのだが、自分の好きな物に執着すると
言われました。 フリーにしていた時、置いてあったフードの袋を見つけ、
引き離そうと すると、歯を見せ、威嚇。檻に戻そうとした時、職員の
長靴を咬んで 穴をあけてしまったそうです。

下痢については、下痢止めを飲ませてくれたせいか、ようやく
便が固まってきたそうです。

寄生虫は最初は、いないと言われていましたが、後に、回虫卵が
いると わかりました。とても痩せている原因の一つはこのせいも
あると 思います。

フィラリア検査の結果は陰性でした。

********************************

私もこの仔を実際、見ました。他の犬に対して、攻撃的であると
言われましたが、2匹と一緒に、フリーにされていて、(その犬達とは)
問題ないように見えました。ひどく痩せてはいましたが、
セッターの気品を漂わせ、颯爽と歩いていました。元気はあるように
思います。 食欲もあるそうです。

この仔を救いたい、または、愛情と責任を持って、里親様になって
下さる方がおられましたら、 inu.zukushi@gmail.com までご連絡ください。

期限は今週金曜日、2月22日です。
どうぞ、この仔にチャンスを与えてください。




以上、転載しました。


うーん。

いい里親さんが見つかれば、言うこと無いけれど

せめて、「ボランティア譲渡」が許可されればいいのですけどね。


どうか、この子の命が繋がりますように!





posted by 庭師・香遊 at 20:13| Comment(0) | 日記「主人公だワン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月21日

ムーヨン5歳♪


ナバ君の唯一の幼馴染と言っていいのか

パピーの頃に遊んでくれた(無理やり遊ばされた?)ムース君が

本日、5歳のお誕生日。ぱちぱちぱち。おめでとう〜♪


20130220_144107.jpg

(主役なのに、もて遊ばれるムース君)


ささやかなお誕生日パーティーを

粉庭さんでお祝いしました。


20130220_144054.jpg

(頑張れ!あともう少し!)



ちっちゃいわんこ達の集いは、まったり癒される時間。

ムースママが、「早くナバも仲間に入れるといいね」と言ってくれたので

「あいつが年老いて動けなくなったら、連れてくるね」と言っておきました。



楽しみやね〜、なば君♪

20130214_132623.jpg

「…待てねえよ…」



posted by 庭師・香遊 at 19:55| Comment(2) | 日記「主人公だワン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月22日

まーちゃんと猫神社



20080202 016-1.jpg


にゃんにゃんにゃんの猫の日。

全国各地で、ねこ祭りが賑やかなこの日

まーちゃんは、没後5年目の命日を迎えました。


20130222_153013.jpg



まーちゃんがそっちの世界で

いつまでも楽しく暮らせるよう

そしてこっちの世界の全てのねこさんに

幸せが訪れるよう

母ちゃんは今年も、猫神社に、お願いをしに参ってました。


20130222_111035.jpg


あの!赤い鳥居も小さなお社も

建替えられていたので、ビックリしたよー

前回訪れたとき、あの震災による津波で

土台のコンクリートが割れていたからね。

お社を管理されているのは、小さな集落のお年寄りのはずだけど

有志の方々が、きっとお金を集めて

建替えて下さったんだろうね。


今回初めて、私の他の参拝者を見ましたよ。

2人のおじいさん。

お賽銭を入れて、拝んでらした。


そういえば、この猫神社、咳の病気にもご利益があるとか。

インフル罹患後の咳に悩まされているT子ちゃんの全快も

ねこさんのついでに(笑)祈っておきました♪


そして、いつもと同じように

222円のお賽銭を入れて、お花とおやつをお供えして、帰って来ました。



20070630 022.jpg



帰りの道中はいつも、

まーちゃんの色んな思い出に浸りながら、涙模様。


17歳から視力を失って、20歳で旅立つまで

まーちゃんのお世話をしていたあの頃が

いま思い起こしても、いちばん輝いてた思い出の日々です。



いぬでもねこでも

年老いてからが、いちばん愛おしい。


幼いときから、沢山のいぬねこと暮らしてきたけど

そのことを教えてくれたのは、まーちゃんであり、クリさんでしたね。


20080114 004-1.jpg



最近ね、

年老いてからシェルターや保健所に連れて行かれる

可哀想な子の話を、よく聞く機会が続いて…。


もう、年老いてからでは、里親さんなんて殆ど見つからないのに。

どうしてなのかな?と悲しくなる…。



年を取った子の、優しい瞳が、母ちゃんは大好きです。

赤ちゃんのように世話がかかるけど

赤ちゃんのように「未来」はないかもしれないけど

その一つ一つの仕草に、癒され、時には憂いたり

穏やかに、ただどうか穏やかに過ごせるように、と心を砕く日々は

のちに、何にも代えがたいほどの輝く日々に、なるんです。



ただ、可愛いからそばにおいて

可愛くなくなったから、捨てるのでしょうか。


「可愛いがる」と「慈しむ」は違います。

慈しんで育てることの出来ない人間は、ただの大馬鹿野郎です。


まーちゃんも、お空できっと嘆いていますね。


20080114 007.jpg



まーちゃんが、最後の日々が楽しかったかどうかは

まーちゃんのみぞ、知る。

でも、少なくとも母ちゃんは楽しかった。


徘徊行動が始まってから、

出たがるのでお庭に出した時にも

どこまでもどこまでも、真直ぐに歩いてゆこうとするので


20080206 002.jpg


慌てて障害物をどけたり

そっと方向が変わるように誘導したりして

一生懸命になっていたことが、

いま思い出しても、少しせつなくて、でもとても楽しかった。


20070612 013-2.JPG



いまは、世話のやける犬を、叱ってばかりの日々だけど

なば君も年老いたら、全てを許される日々が来るのだよ。


まだ想像がつかない、

はるか先のことだけど、それで、いい。




posted by 庭師・香遊 at 17:08| Comment(6) | 日記「主人公はニャン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月25日

ひせり。


20130225_002057.jpg


3月9日の高知大会を控えて

昨日は、H先生チームとの合同練習会がありました。


服従訓練のCD2の方は

のろのろでグダグダのよそ見小僧と化しておりましたが

まあ…これ以上の劇的な上達は…おそらく見込めない男でしょう。


お昼を取ってから、母ちゃんはなばおを置き去りにして

参加してるボランティア(@どうぶつ園)の会合に出かけてました。

ボラ代表が、この日は龍馬マラソンを走ってるもんで

代理で会の進行を頼まれておりましたので、やむなく…。


サクッと…とはいかず、グダグダ〜と会を終わらせたあと

練習会の会場に戻った母ちゃんを迎えたのは

バリケンで暴れ続けて喉がカラカラになってた、ばかおでした。


母ちゃんが居ない2時間少々の時間、

ずっとひせり続けてたらしいです。

最近は、M先生にも「ひせり」って呼ばれています。


あ、「ひせる」って土佐弁で、キンキン声で叫ぶ、みたいな意味れす。

皆さん、たいそううるさかったであろうと…

うちのひせりがご迷惑をおかけし、申し訳ごじゃりませんでした。

どうぶつ園の敷地内には、犬は連れて入れないもんで…(汗)


あ。誤解のないように申し上げておきますが

別に母を求めてひせり続けてたワケではないんですよ?ヤツは。

ただ、「出せ〜出せ〜俺様を放て〜〜〜!」という

単なるワガママ吠え。治らないんですよねええ。困ったもんです。



20130225_002103.jpg


さて。午後からはアジリティー。

今度の高知大会は、前回、大阪の出来があまりに悪かったので

降格しまして(笑)ビギナークラスを走るのですが

練習会のビギナーのコース検分に、母ちゃんが会場に戻るのが間に合わず

その後の、1度のコースを走らせてもらいました。



すると、意外にもヤツは、よそ見もせずに

まともに走りましたよ。母ちゃんも拍子抜け。

きららたんも、見事なクリーンラン。

大阪以来、「ダメ男ツートップ」と改名した

元「無神経ツートップ」の2匹が、練習会ではなぜか絶好調。

その力、本番で出そうよ、ふたりともぉ〜。



この練習会のアジの出来次第で

3月末のドラハ(ドラゴンハット@滋賀県)2days出場を、

先生から許してもらえるかどうか?決定することになっていたのですが

おかげ様で、なんとかお許しを頂けましたです。いえーい。


つーワケで、ドラハでは再び1度のクラスに再チャレンジです。

正直、降格期間がもっと長くなると思ってたので

早くも1度に復帰して、本当にこの犬は大丈夫なのか?と

少々不安は残りますが…。


まあなんとか、よそ見をさせないように、がんばってみます。


20130225_002223.jpg

画像は、練習会後のなばお。ひせり疲れて爆睡ちう。

なばおは、寝ている時がいちばん可愛い♪

起きているときは、四六時中ウザいから…。


posted by 庭師・香遊 at 19:29| Comment(0) | 日記「主人公だワン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月27日

ジェイソンと大根星人


ジェイソンの作る大根が異常!

20130215_104842.jpg


「ひどいなあ」と思って写真を撮ったコレ↑などは

まだマシだった!


20130223_173915.jpg

更にひどい!


↓ コレに至っては…

20130223_143911.jpg

どー見ても、おちんち……モゴモゴ。ではないか。



うちのジェイソン父ちゃんは

いったい、何を生み出そうとしているのかっ?



posted by 庭師・香遊 at 19:18| Comment(8) | その他のよもやま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする