2012年09月01日

いばらの道



今日のアジ練は、朝から雨となりました。

一時は雨足も強まり、ぐしょぐしょになりながら

休みもせずに4時間ちかく練習して。


ランチを頂きながら、訓練話に花が咲き

私とナバの、競技会での悲惨な戦歴に話が及びました。

「5回も落ちた」と言っているのに

どうにも信じてもらえない。


どうも自分の記憶もあいまいになってきて…

しかし冷静になって考えると

やはり5回落ちとるのですわ。みなさん。


もう忘れないように、ここに一覧にしとこうっと。




@徳島 '10年11月 CD2デビュー 93.3点

A福山 '11年1月 CD2初ポイントゲット〜♪95.9点

B加古川'11年2月 92.2点

C大阪'11年5月 67.6点(7科目終了後にリンク外のM先生の胸に飛び込む)

D徳島'11年5月 72.7点(母の尻ポケットに異物混入事件)

E徳島'11年11月 47.2点(50点満点のCD1に出場も、0.3点足りず)

F高知'12年1月と G大阪3月は、M先生と出て共にポイントゲット

H丸亀'12年5月 95.2点(ギリギリで、悲願のトレチャン完成)



ね?ね?ほらね?悲惨でしょ?悲惨だよねーーーー。

しかも、こうやって見ると、

私が出てポイントもらえたのって2回とも95点台


…ギリギリのギリギリやんけ。



しかも、徳島で開催された競技会には

例外なく、すべて落ちとるやんけ。



こんな成績で、どうやって

「次は表彰台に乗れ」とか、おっしゃる???


む〜〜〜り〜〜〜〜〜む〜〜〜〜〜り〜〜〜〜〜〜。




と、まあこんな話を長々と語らい

帰宅したらね〜、

偶然にも今日、届いてたんですよ。



20120901_191639.jpg


このトレチャン証明書に

いったい、どれほどの出陳料と労力を注ぎ込んだことか!

まさに私にとっては、汗と涙の結晶。



なばおにとっては…

ただの、紙切れ、紙布団…?だけどね。

20120901_191555.jpg


posted by 庭師・香遊 at 20:29| Comment(2) | 日記「主人公だワン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月03日

思い過ごしも愛のうち♪


20120903_153521.jpg

「こんにちは。ぺこり。ぱこでペキ」


頭頂部のハゲも、やっと短い毛が生えてきて

ハゲぱこから脱出の日も近そうなぱこたんです。


20120903_153515.jpg

「ハゲハゲ言うなっちゅーに。でペキ」



そんな、今日も絶好調に可愛いぱこたんの目に

昨夜、異変を見つけましてなー。

右の、白目の内側に、黒い点が出来てるんですね。


120903 004.jpg


わかります〜?

ちょ…

ちょっと暴れるのでうまく撮れないんですが


120903 007.jpg

こわいよ、ぱこ。


120903 005.jpg

貞子か。



格闘の末に、やっとまともに撮れたのがこちら。

120903 009.jpg



下まぶたの黒班は、10日ほど前に気付いて

なんだろう?と様子を見てたら

目の中にまで出来てたので、一気に不安に陥ってしまい。


日頃からネガティブ思考の母ちゃんは

黒班 → メラノーマ → 眼球摘出 ???

と、一気に妄想列車に乗って、奈落の底へと落ちてしまい

「それがどうした。生きてりゃオッケー」と開き直って

再び地上に舞い戻り、本日、病院へ行ってきた次第。



結果は…


ペキやパグなどの鼻ペチャ族は

120903 001.jpg

この、盛り上がった鼻のシワが

常に目やその周りに触れることで刺激となり

色素沈着してしまうことが、多々あるんだそうな。


鼻ペチャ初心者の母ちゃん、全然知らなかったわぁ。


目も、きれいで他に異常も認められないので

万が一、黒班が大きくなったり膨らんできたりするようなら

また来て下さい、と…

なんだか、取り越し苦労の不安症の飼主は

軽く、あしらわれて終わった感じなのであった。


でも、良かった〜〜〜♪♪♪





久しぶりに行った、隣の市のS病院。

(悪い病気が疑われる時は、とりあえずここに行く)

待合室では思いがけず

オサレな靴屋&カフェのTさんと遭遇。


どうしてなっのお〜♪

今日に限ってぇ〜♪

安いサンダルを履いて〜♪ …な母ちゃん。


むむう。ピトゥカさんで買った靴か

履きやすいサンダルか、悩んだ末に

履きやすい方の、

もう捨てなきゃ、いつ捨てようか、今日履いてから捨てよう

…と思いながら、なんとなくいつも履いている

1000円くらいの薄汚れた厚底サンダルを履いてきた自分を呪ったね。


裾が長めのズボン(ズボンて)だったので

厚底サンダルをチョイスした訳だが

その長いズボンを、更に下に引っ張り引っ張り

安いサンダルを隠しながら、

呼ばれて診察室に消えて行った、母ちゃんであった。


診察が終わって、待っていると

今度は、外が何やら騒がしくなり

入口を見ると、可愛い黒柴君が

わっせわっせと、ひとり祭り状態でして。


「なぜにそれほど病院が好きか?」と

待合室に入ってもいっこうにテンションの衰えを見せないその子の

飼主さんをふと見ると

なんだぁ〜♪

M先生の教室の、コタロウ君ではないですか〜〜〜♪

声をかけると、

「ああ!なばお君?」

いえ私自身は、なばおじゃありませんけど(笑)。

「しつけ教室が終わって、そのまま来た」と仰ってました。



という訳で、知り合いだらけのS病院でした。



結果が良かったので、上機嫌だった母ちゃんは

ついでに、ぱこのシャンプーをしてもらおうかと

知人のトリマーさんが居る

近くの大型ペットショップに寄ったのですが

あいにく予約でいっぱいだったので

店内を散策して帰りました。



むっちゃ可愛いフォーンのペキちゃんが居ましたよ。

20120903_141610.jpg

思わず、お持ち帰りしたくなりました。



20120903_141629.jpg

超!ハイパーなシェパピーも居たよ。

ごめん。アンタはちょっと連れ帰れない…。



20120903_141642.jpg

「困ったちゃんマユゲ」がとっても可愛いです。

誰か、飼ってやってええええええ。


以上、他力本願の母でした。


posted by 庭師・香遊 at 16:24| Comment(2) | 日記「主人公だワン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月07日

なぜにこれほどアホなのか(泣)【追記あり】


今朝のこと。

お庭を横切る猫さん達に、

またいつものようにコーフンして、吠えていた駄馬。


しかし、その後がやけに急に静かになったので

ふと気になって、部屋をのぞくと



キャアアアアア!!!

20120907_084622.jpg

血だらけですがなっ!

今度はなにっ?一体なにがあった???


顔を見ると、すでに

「ごめんなさい。母ちゃん」と言わんばかりの、謝り顔。

…テンション、ひくっ!

そしてその鼻の先からは、

ポタポタポタポタ、血が垂れて、


そこらじゅう、もう…

ポタポタよ。


20120907_083250.jpg

鼻の穴が、ひとつ増えとるがな。


どうやら、網戸破壊防止用に取り付けたラティスに

鼻を突っ込んで擦りむいたらしい。


120907 002.jpg


顔からの出血の量が半端ないのは、人間も同じですが

それにしても、舐め続けるので

いっこうに血が止まらない。


消毒と、レモンの精油(止血作用がある)を繰り返しつけても

それごとペロッといっちゃうから、どうしようもなくて


しょうがないから、マズルカバー付けとります。

20120907_085516.jpg


これも、若干ナバにはサイズが大きくて

お水がちびちびと飲めるくらいの舌が出るのですが

それでもなんとか、ようやく出血が止まりました。


…と思って1時間くらいしてマズルカバー取ったら

まーたペロペロペロペロ舐め始めて、再度ポタポタ。


ペロペロとポタポタの狭間で、母ちゃんも、発狂気味。


マズルカバーを手で取ろうとするので

久々のエリザベスまで、お出ましになる始末。


120907 005.jpg


定期的に、全てはずしてお水を飲ませ

舐める前に、またすぐに付ける。



なんぎや…

あまりにも、難儀な犬や…。



難儀な犬は、今日もクネって寝ております。

120907 007.jpg



難儀な犬の、アンニュイな午後…


20120907_085451.jpg



キモイ画像。第三の鼻の穴アップ。

120907 001.jpg

かなり、ざっくりやっとります。


なのに、なぜかしら。

もはや、同情する気になれない…



【追記】

のんきにこのブログを書いてた迄は良かったのですが

その後、出血後6時間が経過しても、いっこうに出血がおさまらないなばお。

下を向いては、直径2センチ近くの血溜まりが

ポタポタと、落ち続けるわけです。


いかに大型犬と言えど、さすがに心配になってきて

結局、夕方、病院へ走りました。

先生いわく、

「ああ〜…これは…舐めなきゃ治る」って(笑)。


しかし、あまりにも近い鼻のてっぺんと舌との間を

どうやって区切る???


とりあえず、止血剤と抗生剤を注射してもらって

ようやく、今現在、舐めても出血しなくなりました。


診察室で、そこら中にぴとぴと鼻くっつけて匂いを嗅ぐので

診察台の角にもズリズリズリ〜と長い血のり。

ドアや床にも、まんべんなく解読不能の血文字を残し

飼主は、ぺこぺこ頭を下げながら、病院を後にしました。


治療費、約5000円也。


出血が止まったから良かったけれど…



もう、

もう…

難儀な犬、ヤダーーーー!



posted by 庭師・香遊 at 13:58| Comment(8) | 日記「主人公だワン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月08日

鼻、その後。


今日は夕方から出張訓練。

出血しすぎで、お薬も飲んでるし

臭気選別は、またまた出来ない子ちゃんになってるかも〜

…と思ったものの、まあそれなりの出来だったなばお君。

その後、出血はしてません。良かったわ〜

だって、掃除と洗濯が大変だもん。



掃除と言えば、

倉庫の空室を利用した、本日の捜索犬ごっこで

なばおのヤツ、あろうことか

空室の、床すのこの上に、突然チーしやがりまして。


焦った〜!

ムリクリ途中で切り上げさせて

拭いて拭いて、拭きまくりました〜。

臭い匂いや染みが残ったら、どうしてくれんねん。

いや…?

こんな商売用の場所で、犬の訓練してる方が悪いのか。あはは。




飲んでいる薬のせいか、

昨日から、やたら水を飲み、やたら大量のチーをするんです。

昨夜も、2時半に

「かーちゃん、ちっこー」と言って、起こされた。

めったにないこと。おかげで眠い。


本当に、何をやっても迷惑な犬です。




そんなわけで。

真面目に、訓練を頑張る母ちゃんを尻目に

訓練士は?というと、こんな状態(笑)。

20120908_191247.jpg


う〜ん。やる気が出るわあ。

しかし、こうやって見ると、デカイ犬だねえ。




母ちゃんが休んだ、今日の午前のしつけ教室では

みんなが「ナバ君の鼻はどうですか」「大丈夫ですか」と

M先生に聞いてくれていたらしい。

ありがとうございます。みなさん。

…でも、たぶん…笑ってるよね。



グループレッスンのお教室に行くと、最近は…

ワタシ以外の人が、普通に

「ナバじる」(ナバが入ったあとのプールの泥水)とか

「ナバゲー」(ナバの、抜け落ちた気持ち悪い体毛)

などと言う言葉を、ごく自然に使うようになっています(笑)。


一部には、クネクネと変な動きをすることを「ナバる」という

そういう新語も生まれているとか、いないとか。



ナバ君は、みんなのアイドルだねえ〜〜♪


20120908_121239-1.JPG

うへへへへ。オレ様はアイドル。


…すべて、悪い意味でな。




20120908_121239.jpg

キモアイドルは、本日もクネっております。


20120908_121231.jpg

今日は、いつもより一層!のびのび♪とクネっております。



20120908_121253.jpg


もう、母ちゃんは…、



どうしたら良いのか、わからない…。







posted by 庭師・香遊 at 23:22| Comment(2) | 日記「主人公だワン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月14日

変。


20120910_171138.jpg


足が、変。


20120910_171148.jpg



20120911_204854.jpg


デコも、変。


20120911_204835.jpg


こんなにデカいシールを貼られているのに

何のリアクションもないので、


…つまらんです。


posted by 庭師・香遊 at 18:30| Comment(4) | 日記「主人公だワン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月18日

鼻筋の通った犬


20120724_155144.jpg

「まあ!鼻の高い犬やねえ〜」と言われました。

もちろん冗談で、ですが。



120918 004.jpg

お騒がせのなばおの鼻の方は

順調に回復しつつあります。

万が一、黒鼻に戻らなかったら…?

マジックで塗りつぶしてやるので大丈夫です!(何が)



そんななばおと、この土日は集中してアジ練に励んでました。

日曜日なんか、台風直前のけっこうな風雨の中

フィールドに着くと、たくさんの教室仲間が…


あぜん。

みなさん、本当に練習が好きだねえ〜〜〜。



ずぶぬれで帰宅すると

床のいたるところに落ちた、ぱこの血便が迎えてくれました。



おー

まい

がー

……


その後も、20分に一度くらいの頻度で

渋っては、「薄めたケチャップ」のようなミズ便を…


最後には、うんちんぐポーズを取ったまま

疲れ果てて、横に倒れてしまいました。

熱もある。



やばい!

これはやばいよっ!!!




次の日は祭日で、どこも病院は開いていない。

あっ!ちょっと待って。昨年末に出来たA病院はどうだろう?

と思って、ネットで調べたら

ラッキー!なんと祝祭日も診察やっていたので

翌日、朝一番で連れて行くことに。


血便は、夜中の1時くらいまで続きましたが

それ以降は止まり、朝は少し元気を取り戻して

ご飯も食べたそうにしていました。


病院に到着したのは、4番目だったみたいで

先生が1人で診察〜調剤までやっているもんだから

まさかの1時間40分待ち。


長い待ち時間に

仔猫を連れて隣に座ったオジ様が

ぱこを見て、

冒頭の「鼻が高いねえ〜!」と、始まったわけです。



「こんな鼻筋の通った犬、みたことないっ」

自分の猫に「ホラ、鼻筋の通った犬がのぞいてるぞ。よく見とけよ」なんて

とにかく「鼻筋の通った犬」という言葉を

20回くらい言って、帰って行きました。


やれやれ。

面白いオジ様でしたね。


120918 008.jpg


便も持参できなかったので

詳しい検査はできなかったのだけど

体温計についたもので調べた範囲では

「クロストリジウム」という細菌がやや多い、と言われました。


腸の中や、土の中などにも普通にいる菌ですが

これがストレスなどで大量に増殖すると、

出血性腸炎を引き起こすようなので

とりあえず、抗生物質飲ませて様子を見ています。


食欲は完全復活して、少し元気にもなりましたが

昨日〜今日は、まだ排便をしてません。

寝ていることが多いので

まだ少し、しんどいのかも。



母ちゃん、なばおばかり連れて出かけて行くからね。

じいちゃんばあちゃんが居るとはいえ

ぱこに、やっぱり寂しい想いをさせているのかな。


家にいる時は、精一杯そばに居るようにしていますが

ぱこのそばに座ると、

もれなく、大きなねこが割り込んでくるんだよね(笑)


120918 010.jpg

えん君。アンタ元気なんだからちょっと遠慮しなさいよ。



120918 009.jpg

ゆっくり休んで、早く治そうね。



しかし

どうしたことか、この夏は

ぱこなば共に、トラブル続きだったなあ…。






posted by 庭師・香遊 at 20:32| Comment(6) | 日記「主人公だワン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月21日

その後のぱこたん


20120920_143324.jpg

元気にお庭を散策ちう。


ゲーリーの治療のあとは、必ず何日か

出すもの出さずに、母ちゃんをやきもきさせる、我が家の犬ども。


ぱこも、食欲・元気は完全復活したものの

月曜から木曜まで、全くお出ましになりませんでした。


さすがに、今朝は

腸の動きを良くするお薬でももらいに行かなくちゃーと

病院へ出かける用意をしていたら…


20120726_200018.jpg

…。ヤバイでペキ。このままでは連れて行かれるでペキ。


…と思ったかどうかは定かではありませんが

熟成本仕込〜!…みたいな、いいブツが出ました。ようやく。


20120920_143317.jpg

レモングラスの茂みの下で何やらクンクン


20120920_143354.jpg

ぱこは、お外の庭ねこさんとも

それなりに仲良くできるし

遠くへ行かないので、お庭ではノーリード。



20120918_234511.jpg


なばおの場合は、絶対!母の制止をふりきって

猫を追いかけ、彼方まで行ってしまいそうなので

庭でも、猫の姿のない時しか、リードは放せません。


20120918_234428.jpg

今日も、ク寝ク寝〜。


20120920_143545.jpg

「白魔女コワイにゃ」


たんぼ君には、コンテナ上に逃げられてしまって、舌打ちぱこ?



20120920_143606.jpg

ぱこたん、元気になって良かったです!


posted by 庭師・香遊 at 16:47| Comment(2) | 日記「主人公だワン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月23日

いまさらな由来



長年、撮りためたビデオテープを

少しずつ、捨てているんですが

懐かしい映画のテープが出てきました。


515CN9EH2HL.jpg


「レディホーク」

中世ヨーロッパが舞台のファンタジー映画です。

たいしたヒットもしなかったように記憶してますが

普段、映画館に行ったこともないような、私の母が

すっかり大ファンになり

2回も!…1人で観に行った作品。


あらすじをざっくり話すと

若い恋人同士がいて、その女性に横恋慕した大司教が

あろうことか悪魔と取引し、この恋人たちに呪いをかけるのですな。

女性イザボーは、昼は「鷹」の姿に

男性ナバールは、夜は「狼」の姿に

2人が人間の姿で逢えるのは、日の出と日没のほんの数秒の間だけ


このせつなさが、オトメゴコロをくすぐるのでありました。


語り合うことの出来ない2人は、

いろんな人の助けを借りながら、呪いを解くために

大司教と対決してゆく…みたいなお話です。



若いミッシェル・ファイファーも、相当美しいのですが

img_116364_32642158_1.jpg



ルトガー・ハウアー演じる、この黒騎士ナバールが

なかなかね、格好よかったのです。

私の母も、すっかりトリコになるほどに。


この映画の少し前に

リドリー・スコット監督の「ブレード・ランナー」で

主演のハリソン・フォードを食っちゃったと評される

レプリカントのリーダーを好演した…と言えば

おわかりになる方もいらっしゃるでしょうか。


img_116364_32642158_2.jpg



呪いをかけられるまでは、騎士隊の人望厚い隊長で

黒馬にまたがって、黒いマントに身を包み、

その肩には、常に恋人である鷹が。

そして、夜は「狼」へと姿を変えて

恋人を守ってるんですな。



ナバール隊長。かっこよすぎー。

こんな犬になって、母ちゃんのことも、守ってええええ〜♪


090904 001.jpg

という願いから…

このクマちゃんに、そう命名したのでしたがね…




いったい、どこで


何を間違ったのだろう



120907 005.jpg


なぜに、こんな犬になったのだろう…???


posted by 庭師・香遊 at 20:43| Comment(6) | 日記「主人公だワン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月26日

病院こわい。


さっき読んだ、某ニュース。

米国の話なんですが

ノミ予防で、猫を病院に預けた飼主さん。

会社に戻ったところ、病院から電話があって

「安楽死は成功しました。亡くなった猫はどうしますか?」って…


なんでもノミ予防用と安楽死用の書類を混同してしまったのが原因だとか。


あまりといえば、あんまりな悲劇…



続いて、昨日のピイちゃんの病院で聞いた話。

待合室での、先生と別の患者さんのウワサ話が

診察室まで聞こえてきて

「えええええええええ!」と思ったのですが


避妊手術で預かった犬を

麻酔から覚めていないにもかかわらず

そのまま飼主さんに、返しちゃったんですって。

わんちゃん、そのまま亡くなっちゃったらしいです。


ありえん!ありえんでしょう!!!

「どこっ?どこの病院ですかソレ!」としつこく聞いたけど

先生も教えてくれませんでした。

ま、いちおう同業者ですものね。


ただ「だって、あそこのセンセー、ヤクザだもん」って言ってたので

もしかしたら…

ヤクザかどうかは知らないけれど

なんとなく「あそこかな?」と思い当たる病院はある…

…ような気がする…だけ…。

(高知市内ではないそうです)



こえー。

病院、こえー。



最近、なんか…

そういう悲しい話が多くて、かなわんわん。



120805 013.jpg


病院は、よおく考えて選ばなくちゃね・・・。



…と、病院ジプシーの私が言っても

まるで説得力はないけどね〜。

posted by 庭師・香遊 at 22:01| Comment(6) | 日記「主人公だワン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月29日

命日


9月29日は、シンバ君の2回目の命日です。

20120928_111443.jpg


お空のシンちゃん、

いまも元気でいますか。


この季節、シンちゃんの好きだったお庭には

リコリスだけが、満開です。


20120928_112230.jpg


20120928_112158.jpg


縁起が悪いという人もいるかもしれないけれど

母ちゃんは、この花がわりと好きです。


この花が咲き始めると

いつも、お空にいるシンちゃん達を思い出します。



白いおヒゲは、ねこちゃんのヒゲのよう。

20120927_175628.jpg



シンちゃんがいなくなった庭では

たんぼ君や

20120927_175547.jpg


シンちゃんに毛色がよく似た、やっちゃん達兄妹が

20120927_175429.jpg


今日も元気に、走り回っていますよ。


シンちゃん、いつもお外の猫さんたちと遊びたがっていたけど

その病気ゆえに、一緒に遊ばせることは…出来ませんでした。


今は、お空の上でたくさんのお友達と

毎日楽しく、走り回っていることでしょうね。



そんな姿を想像するだけで

深い悲しみから、少しだけ救われるような気がするのです。



080106 003.jpg


はああ…

可愛かったなあ。シンちゃん。


シンちゃんは、いまも

母ちゃんの、一番大切な、息子です。




posted by 庭師・香遊 at 00:00| Comment(6) | 日記「主人公だワン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする