2017年11月30日

冬支度。


24068370_1930281933899048_9142896900506662358_n.jpg


今朝、またしてもトイレにこもって出てこないじいじを

バタバタしながら、デイの職員さんに引き渡し

その後、やはりバタバタしながら、倉庫の仕事を一件終わらせて、

なんだかようやく、3週間ぶりに、

ほうーっと一息つけたような、木曜日。


24058923_1930281937232381_21711897798488891_n.jpg



気付けば、庭の銀杏もすっかり色づいてました。




明日からまた、少し寒くなりそうなので

我が家も遅ればせながら、冬支度。

薪を焚く準備をしました。



24058894_1930283817232193_486680549724658944_n.jpg



昨シーズンの終わりごろには既に

じいじは、薪ストーブを焚く気力すら失っていましたが

今年はどうだろうか。。。




そこへもってきて、最近、

母の呆けっぷりが加速してきて

言葉が出て来ずに、会話の半分、訳が分からないし

一昨日の夜は

早い時間に床についたはずの母が

夜9時過ぎに、居間でぼんやり、外を眺めているので

どうしたのか、眠れないのか?と尋ねたら


「おかしいなあ。9時を過ぎてるのに明るくならない…」と。



ひいいいいい。

おかん。今は夜やでー夜の9時過ぎ〜明るい訳がないやろう?と言ったら

「ええっ…朝ちゃうんかいな!」と言って、驚いていた。


驚くのはこっちやわ。

朝の9時過ぎにこんなに真っ暗やったら、それこそ世界の終わりやわ。。。



それでもまだ、母は自分の足を鍛えないと、と言って

歩行器がわりに、手押し車で自ら買い物に出かける元気はある。

でも、買い物帰りには、我が家の心臓破りの坂の手前で

しょっちゅう、手押し車を放置している。

中身のスーパーの袋だけ持って、坂を上がるらしい。


坂道の上り口に、ぽっつんと残されている手押し車よっちゃん号を回収するのは

いつも私の役目だ。


今朝も、可哀想に一晩置き去りにされていたよっちゃん号を

なばの朝んぽの帰りに、連れて帰ろうとして

ついつい怠け心が、ひらめきを生んでしまい

私は座面に座って、トナカイのように、犬に引かそうとしたのだけれど

やはり無理だった。。。

工事のおじさんに変な目で見られて、終わった。。。



24068181_1930281953899046_4306568434406651389_n.jpg




話は変わるけれど

先日、従兄と安居渓谷へ行って来た。

2週間も休暇をとって駆けつけたのに、母親の最期に間に合わなかった

可哀想な従兄を放置して、

捜索犬の試験に行ったり、アジ練習会に行ったりしてた手前

その他の日は出来るだけ、あちこち連れて行ってあげたいと思いつつ

結局、あんまり行けなかったけれど、

仁淀ブルーを見たいという従兄のリクエストにより、

安居渓谷だけは行って来たのだ。



24129929_1930282187232356_4307105721388674274_n.jpg



人気の「にこ淵」は、10月の台風以降通行止めで見に行けなくなっており

やむなく「水晶淵」のみ。でもやはり噂通りの美しさだったー。



24129673_1930282033899038_4348049880045002277_n.jpg


24231826_1930282230565685_5453369772185199405_n.jpg



紅葉はあいにく、終わりかけだったけれど

従兄も、少しだけ、仁淀ブルーに癒された一日だったのではないかしらー。


24293887_1930282237232351_5514042054582361968_n.jpg



アタシは、リバービュー💛な「高知アイス」で

土佐ジローのソフトクリームに、あっつい珈琲注いで飲むのが

超美味しくて〜💛癒されたー🎵



23659464_1926796654247576_8925467522317580599_n.jpg





そんな従兄が、たっぷり2週間をこちらで過ごし

アメリカへ帰って行った日。


その日は給料日だったので、銀行回りをしなければ、と思いつつ

まずは、ぱこのいつもの病院へ。。。


が、いつもの地元の様子が変だ。。。


24068356_1930281993899042_7201517757415582075_n.jpg



え?え?何この人混みは?と思ったら

なななんと、我が家のメインバンク(?)に強盗がー💦

凄い数のパトカーに、報道陣!!!

これ、お金引けるんだろか???



と不安に思いつつ、ものすごい大渋滞の中を

やっとぱこの病院から帰って来て、銀行へ行ったのだけど

案の定、おまわりさんに「敷地内へは入れませんよ」と言われ。。。orz_03-8029b-thumbnail2.jpg

ちょっとぉー、引けないの?アダヂの給料おおおおお!

高知市内に3店舗しかない銀行へ入るなよー強盗!!!

万々支店まで行かないと、ATMすら無いやないかっ!



24129811_1930281950565713_7924657423787248802_n.jpg

(5日経っても、道路には、オレンジのカラーボールの跡がうっすら。)



また、途中の上町で乗り捨てられたバイク見つかったもんだから

銀行⇔上町間が、車が大渋滞で動きやしない。

迂回迂回を繰り返し、ようやく任務完了。

まったくー💦本当に偉い目にあった一日だった。

疲れ果てて帰宅したら

「アンタは、毎日何がそんなに忙しいのよー」と母に文句たれられて

さらにイライラ感がつのる、そんな毎日を過ごしていたのでした。




だから、久しぶりに、誰も居ない静かな木曜日。

今日はもう、アダヂ、なんもしないもんね。。。



オビも、実はあまり練習できなくて、けっこう追い込まれていたけど

やはり、難しさを改めて痛感することもあって


何回か出さないと無理なんだろなーと、潔くあきらめた。(笑)



うん。。。今回は、出来ない犬で、いいや。。。

ぼちぼちと、やっていこうと思う。



24294199_1930282070565701_7669691023369726604_n.jpg

(かのんちゃんパパ、いつも撮影ありがとー)



posted by 庭師・香遊 at 12:22| Comment(2) | 日記「主人公だワン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月18日

我儘と不義理の末に。。。


23561340_1925539777706597_5417768474912603085_n.jpg



8月末から入院していた、隣に住む、叔母。

悪化したり良くなったリ、を繰り返していました。

全身の動脈硬化が進み、心臓も腎臓もボロボロ。

それでも、余命宣告を受けたわけでもなく

出来る範囲で、どんな治療をすれば、

お正月を、少しだけでも自宅で過ごすことが出来るか?

そんなことを、ずっと叔父と話していました。



入院以来、全く経口で食物を摂っていなかったので

足の付け根に、高栄養を送る為のポートを埋め込み。

細心の注意を払ってくれていたとは思いますが

結局、肺炎を起こしてしまいました。



「アメリカに居る息子さんを呼んだ方が良い」と言われ

私が連絡をとり、従兄は仕事が終わってすぐ航空機のチケットを手配。

その直後に主治医から

「安定しているので、息子さんを呼ぶのはもう少し待って」と言われて

そのことを慌てて従兄に伝えると、

「チケットのキャンセルも高いし、2週間休みもらったので、とりあえず行く」と。



ろくに寝ずのまま、機上の人となった従兄でしたが

結局、叔母の最期には間に合いませんでした。

成田に到着する前に、叔母は息を引き取りました。


急すぎて、私も間に合いませんでした。。。



それが、11月11日土曜日の昼でした。




23621497_1925539641039944_8689624465166322862_n.jpg



さて。。。


私は、11/14(火)〜16日(木)まで、広島・神石高原での、

トレーリング(捜索救助犬)セミナー上級&認定試験が控えていました。


薄情な、犬馬鹿の姪は

「日曜日が通夜で月曜日に葬儀と火葬で、なんとかセミナー間に合う」と

勝手に都合よく計算していたのですが。。。


ニンゲン、邪なことを考えてしまうと、ろくなことがありません。



日曜日が、まさかの友引で、火葬場が休み。

必然的に、土曜と月曜はもういっぱいで火葬場の予約が取れないのです。



ひいいいいいいいい



そして、お願いするはずだったお坊さんが

火曜日はどうしても都合が悪く、水曜の朝になる、と言います。




水曜まで、葬儀と火葬を待つか

あるいは、火曜日に火葬だけ先にして、水曜日にお骨での葬儀。。。?



「骨葬!骨葬!骨葬!そーんな水曜まで置けないよー」と強く主張し(^^;)

他の親族も同意見だったので


私は、火葬まではキッチリ見送り

その後、密かにセミナー会場へ出発しました。


アメリカから呼び寄せて、しかも母親の死に目に逢えなかった従兄に

「じゃっ私、犬のセミナーあるから葬儀は出ないから〜」なんて

口が裂けても言えなかったので、こっそりこっそり行きました(汗)

帰って来たら、ばれていたけど。。。


まあ、元々犬好きな従兄なので、理解してくれたけど

決して、いい気持ちはすまい。


本当に、立場なくて、辛かった〜💦



23561461_1925539637706611_1739350198326376091_n.jpg




で、前置きが長くなりましたが

そのような事情で、セミナーには遅れて2日目から合流。

主催者側には伝えていたので、なばの試験は

2日目の午後遅くにしてくれてました。



事前に聞いていた試験内容は

「行方不明になってから1時間後・1kmのトレール」

「コースから10m外れたら、その場で失格」

とのことでしたから、受かる可能性は無いと思ってました。


が、当日は風がかなり強くて、難しい捜索。


一律10mずれたら、ではなく、風向きや強さ、地形などを考慮して

審査員に「そっちではないので戻れ」という指示を2回受けたら、失格。

というルールに、緩和されてました(^^;)




23622383_1925539737706601_626922740198003358_n.jpg



さて、ながい待ち時間のあとに、とうとうなばおの番です。

ジプロックに入った、ヘルパー(行方不明者役)さんのTシャツを嗅がせて

いざ、スタート。



高齢の為か?殆どセミナールームから出なかったアンディとマーシャが

なぜか、最後だからか?なばの試験に付いてきてました💦

3名の外国人ジャッジと、通訳、そして撮影してくれたゾーイママ。

総勢5人も後を付いてきてるので、なばおも、若干挙動不審気味?(笑)



(※動画、長いです💦)





最初すぐに、左側に広がる草原へと足を踏み入れたものの

少しだけリードにテンションかけて、戻しました。

分岐点では、犬を回しながら慎重に探させるように言われていたからです。


その後、舗装路を直進。が、すぐに頭をあげて、

ネガティブ(臭いを見失ったというサイン)を見せて

今度は、右手の住宅地へ入って行きました。


ここは行き止まりっぽいから違うかなーと思ったら

やはり再びネガティブ見せて、戻ってきました。

戻りついでに、他所様の庭に入ろうとして、笑われてます。



私が、戻ろうと振り返ったとき既に

ジャッジのキャシーが通訳と共に、すぐそばまで来てました。

呼び戻される寸前に自分から戻った、ということで、セーフ(^^;)


結局、最初に足を踏み入れた草原が正解で。

その後は、一直線。。。


…とはいかない所が、なばおのなばおたる所以で。



視界が急に開けた、高原の心地よい草むら。

なんだか、突然「タノシイ💛スイッチ」が入ってしまい

急に全力で走り出すなばお。

そのまま、母の周りを2週ほど走った後

何事もなかったように、捜索に戻りました。



ジャッジも、とりわけアンディが大笑い。



その後、無事ヘルパーを発見。

1kmという話だったのに、おそらく2〜300mしか歩いておらず

あまりにも近くて、拍子抜け。

この方は囮で、この先に本物のヘルパーさんが隠れているのでは?と思って

そうジャッジに告げたら、また笑われた。



アンディとマーシャとキャシーと

三人の講師に、「beautiful!」だの「perfect!」だの

代わる代わる褒められた母ちゃんは


日頃、褒められることに馴れていないので

思わず頬をつねりそうになってしまった。


これは夢なのか?

何かオチがあるのではないか?



23559931_1925538931040015_2322117387997298983_n.jpg

(なばくん、こんなに年老いて・・・)



でも、実際は特にオチもなく

母ちゃんとなばは、


18頭中12頭の合格ペアの中に、無事入れて

おまけに、1度も呼び戻されなかった5ペアに贈られる

メダルまで頂くことが出来た。


23722520_1925539384373303_1362137518436414962_n-1.jpg

(いや本当は、呼び戻される寸前だったんだけどね。)



23722273_1925539394373302_7182366784779095807_n.jpg

メダルをかけてもらって、思わずマーシャに拝む母。。。(笑)


23659338_1925538871040021_4099346283081797702_n.jpg

ドヤ顔の犬。


*
*
*


そんなこんなで。

初級、中級、そして今回の上級と。

3年に渡って通った、神石のトレーリングセミナーが終了しました。

講師のアンディとマーシャが高齢の為、今回が最後の来日なのです。


23621620_1925539477706627_5990693611188845145_n.jpg



同じチームの、キャシーとヘザーに引き継がれますが

セミナー自体、今後は形を変えて行うようです。。。



また続けて受けられると良いのですが。




23559881_1925539401039968_2647822621841870837_n-1.jpg

(サク&とのちゃんも🎵高知勢全員合格でした!)




これまで応援して下さったみなさま。

隠れ役を引き受けてくれたみなさま。


本当にありがとうございました。




トレーリングドッグ(捜索救助犬)としての活動は

今後も、なばお、続けていきます。

というか、実践に向けて、更に更にスキルを磨いていかねば

今の状態では、実際の現場では全く通用しません。



23621623_1925538777706697_3371906267905721385_n.jpg




てなわけで、これからも隠れ役さん大募集です。

どうぞよろしくお願いします🎵


23621962_1925538887706686_6387092088233623922_n-1.jpg




長い日記、読んで下さってありがとう。

明日は久しぶりのアジ練習会だよ〜。


爺さん、楽しんでくれるといいな〜。。。(^^♪









posted by 庭師・香遊 at 20:23| Comment(0) | 日記「主人公だワン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月09日

ほとりの婆さん


22007751_1905593063034602_4290598143468124039_n.jpg



あまり真面目に仕事していませんが、家業が貸倉庫をやってます。

んで、ときおり変なお客さん、来ます。たいていの場合、それは高齢者です。


先日珍しく倉庫受付用の電話が鳴り、出ると

「手荷物一時預かり所ですか?」とお婆さんの声。

「…〇〇レンタル倉庫です」と冷静に言い直すワタクシ。


聞けば、「今いる所が嫌だから、次住む場所が見つかるまで荷物を預かって欲しい」という。

きたよーきたきたー。やばいヤツやー。。。


この時点で、「あいにく倉庫はいっぱいです」とか言えば良かったんだよー

でも、とっさの時に、そういう判断が出来ないワタシ。

嘘が下手、と言えば聞こえはいいが、つまりどんくさいのである。


急いでいるようで、今から倉庫へ行くから話を聞いてほしい、と言う。

ワタシはと言えば、なばおのカイカイの薬をもらいに隣市の病院まで

今まさに出かけようとしていた所だった。


…ちっ。(心で舌打ち、ごめんなちゃい)


まあいいや。早く終わらせて病院行こう、と思って

「どちらからいらっしゃいますか?」と聞くと

「鏡川のほとりにいる」と言う。


鏡川も、源流から河口まで長いからね?

「鏡川のどの辺ですか?」

「ほとりです」

「。。。お宅は、何町になりますかね?」

「家は土佐市です」

(土佐市は、我が家から言うと鏡川とは逆方向です)


あかん。もうすでに太刀打ちできない。。。どうしよう。

「自転車で今から行きます。30〜40分で着くでしょう」

と言うので、とりあえず電話を切って、倉庫へ行く用意してたら

20分も経たないうちに、「着いた」とTEL。しかもタクシーで来てた。



。。。深く考えるのはやめよう。早く話を聞いて、終わらそう。


で、よくよくお話を聞くと

今住んでる所(名前もわからないようだが多分高齢者住宅的な所らしい)は

社会福祉協議会だかによって、無理やり入れられたので、嫌でたまらない。

はやく出たいので、とにかくすぐに倉庫借りて荷物を入れたい、という。


保証人が必要なので、土佐市に居ると言う息子さんに電話するも、連絡つかず。

じゃあ、県外に妹がいるから、そこへ保証人を頼むと言って電話。

ここで妹が、まさかの快諾だぁーーーっ(!?)



ううう。じゃあ貸さねばなるまいかー?

その高齢者住宅だかグループホームだかに連絡とりたいが

名前もわからないので、こちらも連絡のつけようがなく。



とりあえず、契約書を渡して

「これを妹さんに送って、署名捺印の上、送り返してもらって下さい」

「契約はそれからになります。それまでに今お住いの住所を確認して、教えて下さい」


と言って、帰ってもらった。



なのにその翌々日。また電話があって

「契約をしたい。倉庫にいるので来てほしい」という。



ぐわあーーーー


「〇〇さん、契約書は妹さんに送って頂きましたか?」

「署名捺印してもらってからでないと契約出来ないんですよ」

と、我慢づよーく対応するも

「契約書?私もらいましたか?手元にない。もう一度下さい」という。



ひいいいいいーー



何度何枚渡しても一緒やろーーーーいかんいかん。

やっぱーかなり進んでるこのお婆ちゃん💦


とりあえず「お願いですから来てください」と乞われ

どうしようもなくて、再び話をしに倉庫まで。



で、やはり今いるホームの職員さんに黙って契約は出来ないから、と言って

社会福祉協議会に電話してもらい、担当者に確認。

担当者も困っている。やはり持て余している人物のようだ。

その時に私が「認知症のような状態で…」と

小さな声で担当者に言ってしまったのが、聴こえてしまったようで

お婆ちゃんだんだん怒り出す。。。いやはや、無理もない。

本人に自覚が全く無いんだから、それは怒るよね。すいませんでした(^^;)



「とにかく私は、自分の住む所は自分の責任で自分自身が決める。」

「年がいっているからって、自由を奪う権利はない」

「認知症だなんて、診断されたこともない。」

「医者でもない貴女に、そんな失礼なことを言われる筋合いも無い」



うんうん。確かにそうだ。気持ちはすごーくわかる。ごめんなさい。

。。。で、

じゃあ私はどーすればいいんだろね???



もうなんか疲れ果てて思考回路も働かんわー





昔ね、高齢者に倉庫貸して

エライ目に遭ったこと、あるんですよ。



「倉庫に入れている衣類が無くなってる」って言うのね。

で、明らかに合鍵持ってるワタシを疑っている訳ですよ。



80歳超えた、腰が曲がった小さな小さなお婆ちゃん。

アナタの服盗っても、私、入りませんから。

つか、年寄りの古着、誰が盗むか???



いくら言っても信じてもらえず

むろん、そんなだから倉庫代も払ってくれなくなり、

とうとうある日、裁判所から呼び出しが。。。(笑)



。。。結果的に、まあ

調停の担当者も、婆ちゃんマダラ呆けって言うのは理解してて


こちらも、もうどうでもいいから、早く出ていって欲しかったので

「滞納している倉庫代は、免除する」という妥協案をのんで

万事解決したのであった。

…懐かしいなあ。あのお婆ちゃん。まだご存命かな。

相変わらず色んな所に迷惑かけながら

がんばって、生きててほしいわ〜





で、話は戻って、いまのお婆ちゃん。。。


次の住むところが決まるまで

お婆ちゃんが納得する、終の棲家を見つけるまで

短い間なら、倉庫、貸してあげても良いか。。。と

チラッと思ったけど



怒って帰ったから、もう来ないだろうな。




それとも、

怒って帰ったことも忘れて、また来るかなあ。。。




少しだけ後味悪くて、胸の痛む案件だった。。。


22046615_1905593053034603_7392677953519276828_n.jpg


posted by 庭師・香遊 at 21:51| Comment(4) | その他のよもやま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月01日

ショック、Wショック。


秋の本部訓練競技会が、中止になってしまいました。。。

本部の中止は、史上初だそうです。

会場の河川敷が、2度の台風で、3mも冠水。。。

常設トイレも流されて無くなっていたようです。



つい先日、本部からオビUの進行表が送られてきて

『団体待て』の時の、なばおの両側が、ゴルちゃんだと判明!


23032344_1918714261722482_6846213399592654078_n.jpg


何を隠そう、オビ1の時に、隣のゴルちゃんに挨拶に行き

0点を叩きだしたオトコなので

M先生にお願いして、アラシとひかりちゃんに

わざわざ挟まれ練習までしてきたというのに!



22894035_1918714368389138_1047308586036259643_n.jpg

22853370_1918714321722476_9206376953199897018_n.jpg


見よ!真面目に待てている!(笑)

しかしそれにしても、顔がデカいっ💦




本部でシェパ友さん達に会えるのも、とーっても楽しみにしてたので

中止には、ほんとうにガックリ来てたんだけど。。。


まあでも、冷静に考えると

今の、完全に出来ていない状態で出すよりも、良かったのかな、とも思う。

犬神さまに、猶予を貰えたのだと思って。。。

更に練習を重ねていきたいと思います。。。





動画は、M組の愉快な犬神さま💛





23167530_1918714271722481_2239330569377927626_n.jpg



さて。

本部中止の知らせを受けた翌日の今日は、

いつもの水曜オビレッスン。


かーらーのー

終了後には、こちらは「待ったなし」の

トレーリング試験に向けての、練習会。


隠れ役に、ムースママがお手伝いに来てくれて

久しぶりに、なばおの「探す意欲」が高まったかも。ありがとう💛

(でも逆方向へ行こうとした空回りのアホ犬で、ごめん)


22886235_1918714301722478_5228615046036373671_n.jpg

秋も深まる土佐山の、サクちゃんとH先生。




早起きオビレッスン→トレーリングでお疲れだった母ちゃんは、

帰宅して、しばしぱこと💛イチャイチャした後

少しばかり、ウトウト・・・っとしてたときの出来事。


母の広大な腹の上で寝ていたぱこが

モソモソ、胸の上まで上がって来て、

母ちゃんの顔を覗き込みました。


うふふ、どしたの?かわいいぱこたん・・・と

目を開けようとした次の瞬間!



ケッ…!


という音をたてて、ぱこが吐きました。

母ちゃんの顔の上に。。。




…ぐへはっ…!



高速で横のティシューを、ずばばばばばと沢山もぎとり

顔をとりあえずふき取って、被害を確認

ふとん、まくら、髪。。。あううううううう

なんてこったい!なんて悪夢なのーーー?


母の顔をのぞき込んで、吐くかオマエはーーーー(泣)

なんて失礼なやつなんでしょーぱこたん。



21557492_1899397420320833_313133323194816841_n.jpg



ぱこたんは、どうも逆流性食道炎的な症状があって

食べた物ではなく、ほんの少量の食べ物が混じってる状態の胃液を

時おり爆発させます。周囲に激しく飛び散る感じ。


上むいた時や、はしゃいでる時に起きることが多いんだけど

今回、母の顔をのぞきこんだ下向いた状態で起きるのは珍しい。


以前から、病院で症状を話して、胃薬を処方されて

ずーーっと飲んでるんだけど、全然効いてない感じ。

今度の通院日には、薬を変えてもらってみようかな。。。



血液中の蛋白値も、この前、7.7という素晴らしい数値に回復し

わーいわーい(^^♪と喜んだのに、次の測定ではまた4.8まで急降下。


なかなかステロイドと縁が切れないなあ。。。

おかげで、モフモフぱこたんは落ち武者のような貧毛のままだ。


22528258_1913486628911912_4618007329348276777_n.jpg



いろいろと心配は尽きないけど

この可愛い笑顔のために、がんばらなくてはいけない母なのだ!



22490163_1913486562245252_3533312102166066092_n.jpg


でももう、顔には吐かないでね〜〜〜泣。


posted by 庭師・香遊 at 20:16| Comment(2) | 日記「主人公だワン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月28日

悪あがきな日々。


練習!練習!練習するどーーーっ!!!


22780251_1916902055237036_3244556790240665922_n.jpg



いよいよ次の週末は、本部。

金曜日から出発することを考えると、実質練習できるのは

今日を含めて6日間しかないのに、

なんでまたここへ来て、台風とか来るかなー!ばかー(´;ω;`)


予定していたレッスンも、とーぜん休み。

焦燥感に突き動かされ、雨の止み間をぬって、近くの運動公園で練習するも

ばかおのヤツ、ハウスにまっすぐ走ったと思ったら

ひょいと横にずれて横から入ってハイ0点。。。orz_03-8029b-thumbnail2.jpg


くっ。。。

この段階で、またしても失敗を覚えさせてしまったか。。。



やはり、センセーに罵倒されながらでないと

身に付いた気がしないのは、長年しみついた哀しきドM病ね。。。





22814366_1916902038570371_3849385374930908355_n.jpg




昨日は、もーひとつの試験にむけての練習をした。

11月14〜16日の、神石高原での

トレーリングセミナー&上級認定試験。


少し前に、試験内容が明らかにされたのだけれども

「1時間経過後の、1kmのトレール」

つまり、行方不明者(に扮するヘルパー)が出発してから

1時間も経ってからその跡を辿らないといけない。しかも1kmも!

更に、正解のルートから10mそれた時点で、即失格!だという。。。


そんな難しいの、やったことないから慌てて練習してるんだけれども、

そんな長時間に渡って付き合ってくれるヘルパーもいない。。。




22814410_1916902255237016_572101477141613176_n.jpg



H先生のご厚意に甘えて

昨日はH家周辺で、1時間経過後のトレールを

短距離から600m強の長いものまで、3本も作ってもらって

いっしょに練習させてもらいました。



これだけ作ってもらうのは、本当に簡単では無くて

ヘルパーAさんに、スタート地点からゴール地点まで歩いて臭いを付けてもらい、

ヘルパーBさんが車で、ゴール地点のヘルパーAさんを一度拾って帰り

1時間経過後、再びBさんがゴール地点までAさんを車で運び、戻って来て

そうして、ようやく犬が出発し、Aさんを見つける。というのが「1本」


この面倒な作業を3回も繰り返して、3本もトレール作ってもらったので

本当にH先生Y先生Sさんには、感謝しかないです。。。(´;ω;`)

本当にありがとうございました!



22853221_1916902041903704_8153729937473611208_n.jpg



。。。がしかし。

残念ながらというか、やっぱりというか。

最初の300m、次の500mは、なばおちゃん、安定の失格!(笑)


曲がった場所を、気付かず行き過ぎてしまったり、

曲がってもいない場所を勝手に曲がって行ってしまったり。

「お。あの辺が隠れてるポイントっぽいぞ」と

なばお流に勝手に判断を下してるんじゃなかろーか?という話でした。


でも、なばおが曲がる前に

すでに私が「あのへんかな」とか、ついつい想像してしまうので

そういう一瞬の思考が、もしかしてなばおに

空気感染してるのかも、と思った。。。(笑)



22308534_1909959599264615_4139054095723031203_n.jpg
(こないだうちの長雨で、庭に生えたキノコと)



で、1本2本と終わって、なんのかんのと時間が経過し

トレール付けてもらってからは、結局2時間半くらい経過した、3本目・最長600m強。


なぜかなばおは、一番スムーズに見つけ出した。



…あいやー。ごめんなさい。スムーズでは無かった💦


スタートして序盤、

小さな川にかかった小さな橋が怖くて渡れず、右往左往してました。orz_03-8029b-thumbnail2.jpg

その前に出発したH先生がここを越えて行ったのは見えていたので

この橋は正解のはず!・・・なんとしても進んでもらわねば!


結果、ものすごいへっぴり腰で、意を決して橋をわたってくれた。

(本番、橋が出たらアウトやなー)

そこから先は、母も拍子抜けするほど迷いなく辿りつけました。



22365159_1909959525931289_5498257965066324172_n.jpg
(巨大化するキノコ)




しかしまあ。

隠れてくれたY先生の臭い、2時間半も前の臭跡を

本当に、ちゃんと辿れているのか?

それとも直前に出た、H先生&サク君ペアの跡を追ってるのか

そのへんがなんとなく、疑惑のなばお、なのであった。。。



できれば、さく&とのちゃんと、みんな一緒に受かりたいけどー

なばおは、無理かもなー。とほほ。



22281831_1909959519264623_773835892630114266_n.jpg




練習終わってから、災害救助犬の黒ラブ・モネちゃんの赤ちゃんを

触らせてもらったよー💛



22815232_1916902105237031_6178032612984760533_n.jpg



しろくまちゃんが、指をちゅぱちゅぱ💛

22780440_1916902195237022_1262926669780444260_n.jpg


連れ去りたいほど、めっちゃ可愛かったー。


22780581_1916902175237024_1592911866720517989_n.jpg


22852094_1916902115237030_3969310513784984940_n.jpg


まだ女の子の行き先が決まってないみたい。

どなたか〜

お父さんはビューティーチャンピオンだそうですよー。


22814417_1916902191903689_4783208995423287180_n.jpg
(てへぺろ〜)



とまあ、そんな感じで。

いま母ちゃんは、人生最大のW試験に立ち向かっているので

先日の台風で、屋根からデッキの上のパーゴラに落下したアンテナのことは

とりあえず見て見ぬふりを続けているのであった。



22852010_1916902215237020_6669646334638880636_n.jpg
(遮光シートは片づけたよん)



明日の台風で、崩壊するかもしれーん。。。💦




posted by 庭師・香遊 at 11:17| Comment(0) | 日記「主人公だワン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月26日

おばちゃんのオオカミ愛💛


昨夜いってきた『日米オオカミフォーラム』という講演会が

とっても面白かったので、語らせて下さい。(興味ない方はスルーで💦)



22780607_1916271185300123_2591272718324408767_n.jpg


ネイチャーガイドのスティーブ・ブラウン氏

アメリカ・イエローストーン国立公園での

オオカミ導入の成功例のお話を、語ってくれました。




かつて害獣として狼は駆除されて、絶滅。。。

その結果、鹿が増加して食害が深刻化し、自然は荒れ果てて。。。

で、22年前に、公園内に31頭の狼を再導入したところ、

19000頭いた鹿が、現在4000頭に減り

狼は100頭近くまで増えたあと、今は90頭前後で落ち着いてるらしい。


鹿が食べつくして砂漠化していた水辺には、緑が戻ってビーバーも復活。

ビーバーがダムを作って湿地が戻り、水生植物が増えて水鳥も戻ってきた。

わずか31頭の狼のおかげで、本来の生態系を取り戻した、と言う話。



18920213_1857596471167595_6786416732703798693_n.jpg
(シルエットだけオオカミ)




同じこと、いま、高知県でも起きてます。

高知の最高峰「山嶺(さんれい)」周辺。

鹿の食害が問題になって、もう何十年経つでしょか。

もう、「土」が無いそうです。

山はもう、危機的状況なんだそうです。



そして私、愕然としたんですが

この間、鹿の侵入防止の為に張り巡らされた防護ネット。

張っては破られ、老朽化しては取替えしてきた

その柵の全長が、すでに!なななんと!

4000kmを超えているっていうじゃーありませんか。

。。。日本列島、3000kmですよ。

びつくりー。そして、何の効果もなく鹿は増え続けてるー💦



害獣対策として、やれ若手ハンターの育成だのジビエ料理だの

自治体はやっきになっているみたいですが

いまだに、鹿肉はなぜにこれほど高いのでしょう。

一般人まで、ジビエ、ぜんぜん浸透してません。


増え続ける鹿の数を、ジビエによって10年後に半分に減らそうとするなら

私達、魚も牛肉も食べる暇ないくらい、

毎日、朝昼晩と鹿肉ばっかり食べないといけない計算になるそうです。

そんぐらい、鹿は増えてる。。。


22788870_1916242175303024_6474756518510014366_n.jpg
(ちいちゃなオヤツ待ちオオカミ)



生物多様性を最も良い状態で保てるのは、1㎢に、鹿が2〜3頭いる状態。

でもいま問題になっているような場所は、20〜30頭いるんだって。

で、狩猟を可能にする鹿の密度っていうのが、やはり1㎢に20〜30頭。


今は狩りが出来ても、これが数が減って10頭くらいになっちゃうと

もう、鹿の姿は見えず、狩猟はたちまち成り立たない。

山の奥へ何日も入らないと狩りが出来ない、そんな事ができるハンターも居ない。

今はハンターに鹿1頭で何万円も報奨金を出してる市町村もあるみたいだけど

いつまで続くやら。。。自治体も、もうじゅうぶん疲弊してる。

防護ネットやジビエ対策だけでは、

いくら何千億もの対策費を投入しても、鹿の数は減らせない。。。



22728716_1916242011969707_9206114716246004432_n.jpg
(ひとり腕枕オオカミ、目クソ付き〜)



もちろん、狼の再投入には

それはそれで、いろーーーんな問題・不安があります。


そもそも二ホンオオカミは絶滅したんでしょ。今更外来種入れても

マングース入れたけど、ハブを獲らずに

アマミノクロウサギやヤンバルクイナなどの

貴重な固有の絶滅危惧種ばかり獲るのーって話、どっかで聞いたしー。


ところがどっこい。

二ホンオオカミは、長く日本の固有種だと思われてきたけど

最近のDNA解析によって、

北半球に広く分布するハイイロオオカミと同種だとわかったらしい。


ただ、餌の大きさによって、個体の大きさも変わってくるから

エゾ鹿を獲っていたエゾオオカミは大きくて

ニホンジカを獲っていた本土以西のニホンオオカミは小さかった。


だからハイイロオオカミを投入しても、外来種を入れる事にはならない。

本来あった自然の姿に、戻すだけ。。。

それが、かつてニホンオオカミを絶滅に追い込んでしまった、人間の責務だと。



22730301_1916242055303036_3547259153624111236_n.jpg
(忍びの者風オオカミ)



でもでも狼って、人を襲うんじゃーって不安も大きいですよね。


基本的に、健康な普通の狼が、人間を襲うことは無くて

「狂犬病」に罹った個体。あるいは、バカな人間が餌付けした個体。

そういった背景で事故が起きたことは

狼が広く分布するヨーロッパ全体で、過去66年にわずか9件。あったそうな。


犬の咬傷事故が、日本だけで年間何千件も起きていることを考えると…(笑)




ドイツでは狼が生息する森に、立入禁止の表示はなく

子供も自由に森に出入りするけど、事故は起きていないらしい。

(さすがに犬を連れる時は、制約があるようですが。。。)


そして、もしオオカミが羊などの家畜を襲った場合、

1頭当たり350ユーロの補償金が、州より支払われますが

年間30万円の狼対策の予算は、ほとんど使われることはないのだとか。(゚Д゚;)





22788648_1916241941969714_5371976523884107807_n.jpg
(寝顔がやけに可愛いオオカミ💛)




うふふ。

オオカミ、本当に大好きなので

ついつい長々と熱く語ってしまったけれど。


もっと森林面積の狭い国でも、その数を増やしてるらしいから

日本の森にも、狼が復活したらどんなにワクワクするかなー🎶…と思う。



狼がいる。

その事実だけでも、鹿は確実に数を減らす。

安全に餌を食べることが出来なくなり、繁殖力が弱まる。



豊かな森が戻れば、里に降りてくる熊の被害も減るだろうし。

街中で、猪に襲われる事件も減るだろう。




でもねえ。。。

再投入を期待したい気持ちも大きいけど、

いまのこの国では、不安も拭えない。



いまだに、山に犬を捨てたりする輩がいるからねーニッポン。

野犬と交雑が進んで、狼が本来の狼でなくなったり

野犬とつるんで、里へ降りてきて悪さをしたり

大好きな狼の、そんな姿は決して見たくはない。



ハイブリッドウルフドッグとか作り出すニンゲンも、

もう本当に、嫌なんだ。。。





私にとって狼は、永遠に崇拝する気高い動物なのです。。。



grey-wolf.jpg



posted by 庭師・香遊 at 21:51| Comment(0) | 日記「主人公だワン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月19日

じんわりと焦る日々です。


22539712_1913486062245302_7615851409127153594_n.jpg


しばらく更新を怠けててすんません。


本部のオビUと、その後のトレーリング上級試験を思うと

自分で自分の首を絞めている感じが、満載で滝汗ー。

なんとも落ち着かない毎日を過ごしています。




22552848_1913486732245235_7288949845593405855_n.jpg


オビの練習、初めての場所でも同じように出来るよう

長雨の間をぬって、色々な公園に出向いて頑張っているんだけど


なんだか、ねえ。

とっても非協力的なこのおっさん。



22540219_1913489092244999_8227823389106507557_n.jpg



よそ見ばかりして、全然やる気を見せず、

「右のダンベル」を指示しても、ポワぁぁ。。。と左を取りに行く



22519600_1913488848911690_650161999070660609_n.jpg



のっけからそんな感じなので

もうこれは、出来るようになるために練習してるのか

それとも、失敗の練習をさせているのか

母のやり方が悪いのか

犬のあたまが悪いのか

あたまは悪くないが、性格と態度が悪いのか


もう、かんぜんに煮詰まっている毎日。。。


22687655_1913489085578333_379281054085062801_n.jpg




先日は、岡山のS先生のオビセミナーを受けられる機会があって

はるばる、岡山まで行って来たけど


22540218_1913486192245289_3202719484158990738_n.jpg


取り組むべき問題点は、より明らかになったけれど

修正には、果てしなく時間がかかりそうだ。。。




22549937_1913488935578348_6524796089165129355_n.jpg



「飼い主がうろたえてると、犬がみじめだよ」と言われて

ほんとそうだな。それだけは気をつけよう、と思った。



アジでもオビでも、私はいっぱい、なばをみじめな犬にしてきたから。




・・・そうだよ!

これからは、『ダメな犬を連れた立派なハンドラー』を目指そう。

それすら、私にはなかなか難しそうだけど(笑)



22491880_1913488932245015_8885462208827664940_n.jpg



でもまあ、とりあえず。

いっぱい笑って楽しんでこようー。


そんで、次につながればいいや。。。




22156994_2516506348490077_1539393620_n.jpg



posted by 庭師・香遊 at 20:53| Comment(0) | 日記「主人公だワン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月28日

サイは投げられた!


この秋の目標としていた「OBU」の舞台が近づいてきて

先日、申込書を提出した。



22046105_1905593209701254_5703609198072941729_n.jpg



な、な、なんと。『本部』である。



のろまな癖に「待て」も出来ない、デカいだけの犬を連れて

遠く関東まで足を伸ばす価値など、到底ないのは承知の上。。。


21559063_2506344126172966_6407515086449876708_n.jpg


21432832_2506344199506292_6847638898108489747_n.jpg



全員、カップを狙えるレベルのM組優等生ご一行に紛れて

スクールいち出来の悪い犬が、

一番場所とるデカいバリケンで行きます、ごめんなさい。




そうまでして行きたいのには、訳があり。



22046615_1905593053034603_7392677953519276828_n.jpg




なばおを迎える時に、茨城のブリーダーさんに見に行って

なばおの写メを送ってくれた「会長さん」

お互いのブログを通じ、もう11年目のお付き合いです。



22007751_1905593063034602_4290598143468124039_n.jpg



いつかお会いしてお礼を言いたいと思いながら、時間は流れ

会長さんはJRTのマイロ君を見送り、

そして、なばと同じ犬舎の、ラムちゃんとタロさんも旅立ってしまった。


22007963_1905593106367931_1393107136220068148_n.jpg



ラムちゃんは、私が今まで見た、どのシェパよりも美人だった。

だから、ラムちゃんの犬舎を紹介してもらった。

やってきたなばおは、狙い通り、やはり顔だけは男前だった💛

(顔以外は、さっぱりだった)



そしてラムちゃんの弟分の、全盛期43キロだったタロさんは、

アジのタイヤをギリギリ抜けれる、ジャストサイズで、

そういう意味で、アジリティー界の東の横綱だったと思う。


一度でいいから一緒に走りたかったなあ、と今でも少し後悔する。。。



22046742_1905593049701270_6415431868999167289_n.jpg




そう。

それで。。。


もうこれ以上の後悔はしたくないから

なばが元気なうちに会って頂こうと思って、本部行きを決めた。

違う犬舎から新たに迎えた、ふーちゃんに会えるのも楽しみだ。



で、とりあえず本部に行くなら何かに出しましょ?ということで

オビなのだ。


22007640_1905593563034552_1846552933555590792_n.jpg



他にやれそうな課目もないから。

どうせダメなら、今後の糧にもなるように

オビに挑戦して、いさぎよく玉砕するのだ!



22007673_1905593663034542_5708177648317727977_n.jpg

(自信をつけさせる為に、簡単な選別も練習しています)



22046677_1905593626367879_7089017860142313334_n.jpg


22050282_1905593639701211_4592773905325714276_n.jpg

(このドヤ顔!)




この前の練習会では、団体の待てが出来ずに

H先生のエマ君に挨拶に行った上に

なぜかじんわりと1人で盛り上がり、エマ君に馬乗りしようとした犬が。


本当に、待てるのか?

誰にも迷惑かけずに、動かずに、待てるのか?


22046910_1905593859701189_1130940310138989040_n.jpg



申込書は送られて、もうサイは投げられたー。

あとはもう、ひたすら「待てる犬」になってもらうしかない。




22007741_1905593749701200_5150716770527720525_n.jpg

待って、待って。




22007443_1905593139701261_8737398646045507502_n.jpg

ひたすら待って。



22008055_1905593503034558_577418538164718728_n.jpg

ギャラリーの猫ちゃんの誘惑にも負けず。





コーンにされても、ひたすら待って。

(芸達者な、天才いっちゃんの可愛いこと!)





(…って、動いとるがな)




M先生のハイエースでゴトゴトと、女ばかりの5人旅。

めっちゃ楽しみな関東遠征💛



そして、本部が終わったら、10日後には

なんと今度は、恒例の神石高原トレーリングセミナー2泊3日。である。

ろくに練習もしとらんが〜今年は「上級」である。泣

認定試験もあるらしい。(たぶん受けられるレベルに到達してない)

どうなることやら。なのだ。



22046755_1905593579701217_1045535969172712973_n.jpg


11月はなにかと多忙な、なばおと母ちゃん。

終わったら、遊ぶど――――!!!



22008018_1905593576367884_7927461592466084805_n.jpg


悪魔祓いを呼ばなあかんレベルー(笑)。。。



posted by 庭師・香遊 at 23:47| Comment(2) | 日記「主人公だワン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月16日

2017夏の忘備録(ぱこ編)


21432788_1899397270320848_5736297230558795421_n.jpg



血液中のタンパク値が下がり、春からずううっと投薬を続けてるぱこたん。

血中の蛋白質は、血管外の水分を血管内に導く役目をしており

低蛋白血症になると、血管内の水分が血管外に出てしまうらしい。


放っておくと、胸水や腹水が溜まったリ、浮腫ができたりするんだとか。。。



21742930_1901075153486393_253088445020100973_n.jpg

「ふあああああーーーー」



21752121_1901075170153058_6714844914636435031_n.jpg

「…む。」




お薬はステロイドなので、

2週間に一度、血液検査して、蛋白の数値と相談しながら

少しずつ薬の量を減らすべく、みんなで頑張っています。


基準値内まで上がったと思ったら、次はまた下がったリ

アルブミンが上がったと思ったら、グロブリンが下がったリ。

まあなかなか、一筋縄ではいかぬところがもどかしい。。。



でも、食欲モリモリ。下痢もせず、

いつも元気にビチビチと跳ねまわっているぱこたんに、救われる日々。。。



19511278_1867645660162676_8410895732657755597_n.jpg



ぱこたんは他にも、たぶんアトピー性だと言われるカイカイがあって。

でも普段は、薬を飲ますほど酷くもならないので

掻き壊すことがないように、肌に優しいウェアを着せてる。



21557829_1899397266987515_3608035555628362284_n.jpg

(竹で出来てるウェア『TAKEFU』は、なかなか良いみたい)


21463021_1899397333654175_1778127508115993603_n.jpg

(ただ、犬には見えないかもしれない。。。)




ただし夏の猛烈な湿度がある時期だけは

毎年掻き壊してたので、薬ぬりやすいようサマーカットしてもらってた。


ところが今年は。。。



7月の始めにカットしたまま、毛が生えてこない。。。


20375988_1882387498688492_2526435795595327376_n.jpg

(7月のあたま)


21432940_1899397203654188_2604066616322449098_n.jpg

(2か月過ぎたけど、ヒョロヒョロもやしのような毛が少し伸びただけ)



毛質が変わるとか、生えなくなるとか

噂には聞いたことあったけど、ついにぱこたんにソレが来たー💦


これは低蛋白のせいなのかしら?

人間の髪だって、たしか蛋白質で作られているもんね。

トリマーさんに聞いたら、また突然生え始めることもあるって言うから

いつかまた、健康を取り戻してから

母ちゃんの大好きなモフモフに戻ってくれると嬉しいけど。



21762232_1901074943486414_8464622232207959254_n-1.jpg

母ちゃんの顔を踏みつけながら、カイカイ掻いてる、ぱこ様




でもまあ、貧毛ぱこだろうが剛毛ぱこだろうが

それがどーした。生きてりゃオッケー。

ぱこたんは最強に可愛いから、なんだって良しとしよう。



21557492_1899397420320833_313133323194816841_n.jpg



そんなぱこたん。

この夏の変化が、もうひとつ。



いままで、じいじとばあばの居る居間が、主な居場所だった。



夏には冷え冷えマットで。


13607038_1710833732510537_3726111984221177888_n.jpg



冬には薪ストーブの前で


20150204_171916.jpg



じいじからオヤツをねだり、宅配のお兄ちゃんを追い払い


21433200_1899397566987485_5310288415471901526_n.jpg



ぱこの天下だった居間から

ウザくてデカくて、ぱこが嫌いななばおがいる、母ちゃんの部屋で

一日を過ごしたがっているのは、どういう心境の変化かな。。。



デイから帰ってきたじいじが、

薄目と口をぱっくり開けて、リクライニングチェアにもたれている姿は

まあ。。。確かに、魂が抜けてるようにしか、見えない。


ぱこも、何かを感じ取っているのかな。

あまり、触れ合わなくなりました。じいじ側の要因かもしれないけど。



21740082_1901075143486394_6059908746308924586_n.jpg

「ふあああああーーーー」



21742905_1901075150153060_4984712228746085897_n.jpg

「・・・む」




かくして、ぱこたんも母ちゃんとなばおの部屋に最近は入りびたり。


でも、じいじやばあばが、私の部屋の隣のお風呂に入りに来て

なばが、挨拶しに行ったりすると、ぱこたんがめっちゃ怒る〜💦

『じい&ばあは、アタチのしもべでペキッ!』と思っているから。


20663645_1885903528336889_4235670060309291551_n.jpg




普段は癒しのぱこたんなんだけど

なばおが楽しそうにしてると、厳しく白目むいて怒るのよね。

なばは、うまくかわしながら、やり過ごしてますが

本当は、ぱこと一緒に遊びたそうに、オモチャ咥えては、また怒られて。。。


ある意味不憫ななばおです。

でも、これからぱこも、少しずつ慣れていくのではないか?と期待。




耐えて!ぱこたーーーん💛


21762121_1901075296819712_5669497603909060403_n.jpg

「あのウザ犬さえいなければ・・・でペキ。」




posted by 庭師・香遊 at 16:51| Comment(2) | 日記「主人公だワン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

楽しいアジオビ練習会。


21557527_1899397196987522_113620979627587569_n.jpg



秋の競技会シーズンを前に、

H先生が、合同練習会を開催してくれました🎶

いつもありがとうございます。


土曜日は、アジ。

始まる前に、ちょこっとだけトレーリングの練習も。

蚊に刺されながら隠れ役を引き受けてくれたレオパパにも感謝〜🎵


21370960_2505531656254213_2570781143420034376_n.jpg

(かのんちゃんパパ、撮影ありがとうございます)



夏の間、ほぼ練習しとらんくって(滝汗)

たぶん「ダメ化している犬」と思ってたら

ダメだったのは、飼主の方だったのよー。

レオパパの臭いを追って、ぐんぐん遠くまで行こうとする犬を

「こ〜んな遠くまで来てないやろ〜〜〜」と言って、

ムリクリ引き返した、ダメダメハンドラー。すいません💦犬は正しかったー!


すぐに結論出そうとせずに、もう少しなば君に任せて〜と

H先生からアドバイスもらって、なばを信じてみたら

その後の2本は、わりとスムーズに探せた〜。

あんまり信用できない犬だといつも思ってたけど、

アタチよりは、よっぽどマシみたいー。(つд⊂)エーン




そんなダメダメハンドラーは、アジでもやっぱしダメだったよっ。



1走目、またまた認知なオカンが終盤コースロスト!

「出たよ出たよ〜」と大声の野次が飛ぶ(笑)。


2走目。今度は「笛が鳴ってから走る」というルールを忘れる。

走り出してから、ジャッジH先生の

「あ。。。始まってる(笑)」というつぶやきで、我に返る。。。

またやっちゃったー💦すいませんすいません。


いろいろ、ダメ過ぎなオカンでした〜




唯一、マトモに走れた?ラストのAG2だけ動画を載せるという。







前2本がダメダメだったので、ゴールの喜びが半端ない。

そして、老犬につき、ミディアムの高さで走らせて頂いております。


でも、やっぱり楽しかった〜🎶

こーして見ると、まだまだ走れそうな気もする、なばお。

スピードは遅くなったけど。。。





さて。

続く2日目は、オビの練習会です。

この日は、ゲストで激カワ💛デコちゃんが来てくれました。


21557542_1899397193654189_2122168847175506948_n.jpg

(いつか、でこ&ぱこを並べて写真を撮るのが夢です。)



きららママも、がんばっていました!(隠れ方が!)


21463248_1899397190320856_8210692876381039812_n.jpg





この秋の目標としている、OB2。

朝夕の散歩のついでに、また、場所を色々と変えながら

ほぼ毎日、遠隔やダンベルや、何かしら練習してきました。


ぶっちゃけ、6〜7割は仕上がってる気になってました。

あとは、まだ実際に見たことがない新ルールを、

先月末のオビ合宿で習ってくるはずが、

ゲロゲロなばっPのせいで、出れなかったから(笑)

この練習会で勉強して、細かいところを仕上げて行こうかと。







ひどかった。


すべて、できなかった。。。

ほぼすべての課目で、やつは笑いをとっていた。

そーゆー競技ちゃうんやけど〜



まずは最初の「団体待て」。いちばん、ばかおが苦手なやつ。


21462793_1899427056984536_4839019546151628887_n.jpg

(古い写真だけど、こういうやつね)




指導手は、犬から見えない場所に隠れます。

小屋の裏からそっと覗いてみていると、おおお珍しく待ててるよ〜

と思ったら〜


2分半くらい過ぎたところで

やはり、おもむろに立ち上がる、バカ1匹。

そのまま、隣のエマ君に挨拶に行ったー!



12196315_1623656744561570_6949122816435752927_n-1.jpg

(2年近く前の、エマ君との貴重な2ショット写真)



しかし、さすがのエマ君は、オトナの対応だー!

無視されたなばおは。。。こともあろうに

「ん?いいの?…じゃ、失礼しまーす・・・」と

エマ君にまたがろうと、後ろ足を上げ始めて・・・



ゴルァアアアアアアーーーーー!!!


Y先生とM先生とワタシと、飛び出して、阻止!!!

なばおをぶっシバいたけど、ヤツはヘラヘラ笑っていた(っぽい)



あぶなかったー!エマ君が大人の対応してくれたから助かったけど

普通のシェパなら、怒って喧嘩になりかねなかったよー(´;ω;`)


「怪獣だけど犬には優しい」という、エマ君のステキな一面を知った。

それにくらべて・・・・・・・・・・


はあああああ。orz_03-8029b-thumbnail2.jpg




乗るなよ。早くに去勢したオカマちゃんのくせに

未去勢の雄のシェパに乗ろうとか、思うなよ。。。ホント心臓縮むわ。



で、団体マテは、もちろん0点。


2科目めの脚側と〜行進中シリーズはまあマシとして。

続く「招呼」。走って来る途中で「待て!」で止めるやつは

のろのろ〜そして止まるのもゆるゆる〜〜〜。10点中の5点くらいらしい



で、続くハウスへの送り出し。


19858470_2464584363682276_2078886741_n.jpg



いろんな場所で、いろんなコーンの色を使って練習重ねて来たのに

なぜか、3m四方のコーンの中へ入らない。

入っても伏せをしない。

伏せをしても、ラインからはみ出てる。



12033211_1612401979020380_2620341489469660240_n.jpg


なんなん?コイツー!練習では出来るのに、なんで?なんで?なんでー?




左右のダンベル取りに行く科目も

母ちゃんが、左を指示したら

自信満々の顔で「よっしゃぁー」と

逆方向のダンベルを取りに行った。。。orz_03-8029b-thumbnail2.jpg


満面の笑顔で「ババァ!取ってきたぞっ」て、ダンベル渡しに来た・・・orz_03-8029b-thumbnail2.jpg




ドヤ顔だった。。。orz_03-8029b-thumbnail2.jpg





どこまで阿呆なんだろう。。。orz_03-8029b-thumbnail2.jpg




みんなに笑ってもらうのが、使命と思ってるのかな。。。




遠隔もまだまだダメだし〜指導手もダメだし〜

6〜7割仕上がってきた、と思ってたのに

1割くらいしか出来とらんわ。ふわーーー(゚Д゚;)どっしよっかなー。

暗雲たちこめまくりの競技会シーズン開幕間近。



さあ、どーするどーする???



21558653_1899426983651210_6689185543281304538_n.jpg


ふあああああー。。。で、どーすんだぁ〜?



posted by 庭師・香遊 at 22:27| Comment(0) | 日記「主人公だワン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする