2018年12月18日

2つの車椅子。


なんという試練の一日だったことか!



朝、起こしたときから、じいじの様子が明らかにおかしかった。





食卓についても、目が開いておらず、コップも落としてしまう意識不明状態。

これは病院へ行ったほうがいいかも。


でも運悪く今日は、母の退院後、初の受診日だった。




しかたなくいったんデイへ預けて、

母の病院が終わり次第、じいじを迎えに行って病院へ連れていく事に。




なんとなく原因に思い当たることがあった。

血圧が高い時のためにもらっている、血圧降下剤。

じいじの場合、ご飯の量が少ないので効きすぎる傾向があり、普段は飲ましていない。

別の場所に保管してあったのに、なんと、母が誤ってそれを与えてしまっていた。。。


今朝気づいて、今朝はギリギリのところで飲まさずに済んだけど

たぶん昨日、もしかしたら一昨日もそれを飲ませてしまったと思われる。

血圧が下がりすぎると、一気に動けない人となってしまうのだ。。。



だけどやはり、脳の検査も何か月もしていなかったので、

念のためデイの関連病院で、MRI検査をしてもらうことに。






そしてまずは、母の病院へ。



傷のあたりが痛むと言って、もう最近はめっきりネガティブモードな母。

今日も「そろそろ寿命がきている」などと言っており、もう本当にうんざり。


検査の結果、胸水も無くなってるし、心臓も小さくなっているし

血液検査の結果も良いし、心臓の音もキレイ。


主治医の先生も、「DNAが僕たちとは違う」と母の強さを絶賛。

それなのに、後で「どうせ先生に言ってもわからない」と

自分の体がいかに悪いか、ブツブツ文句を言っている。



どこも悪いところはないというのに。。。





これでは、心が病気に負けたまま、治るものも治らずに終わってしまう。どうしたものか。。。




心音を聞くときに、

「ちょっと体が熱いけど、熱がありますか?」と先生に聞かれて

「ないです」と答えた母。



おそらく今までで一番、病院が混んでいて

支払いも終わった時には1時を回っていた。


急いで帰宅して、

放置されっぱなしのなばおに、昼ご飯あげて

じいじのお薬手帳つかんで、母と一緒に今度はじいじのデイ→病院へ。



このあたりから、なんとなく母の元気が無くなってきていたが

私は自分の任務をこなすだけで必死だった。


病院に着いて父の脇を抱えて、診察室へ。。。

しかし母が付いてこない。


「歩けない」という。

「しんどい、息が苦しい」という。


なにぃ?



父のケアマネさんも来てくれていたので

母を処置室で横にさせてもらって、父には私が付いて診察室から検査室へ


ここでも長い待ち時間。。。



きのう、下痢をしていたなばおは大丈夫だろうか。。。

私が帰るまで、うんうんを我慢してくれるだろか。

まだ下してるだろか。食ってはいないだろか。

ああもし食ってたら私の責任だ。。。(´;ω;`)



そしてこの、突如として動けなくなった両親を

さあ、どうしたものか。

いったいこの先どうなるのか。。。

施設?病院?どんだけのお金がいるのかな?


そんなことを悶々と考えてるうちにようやく長い検査が終わり

「あまりにふらつくから」と、車椅子に乗せられて、じいじが戻ってきた。



撮った画像を見ながら再び診察。

心配した、新たな脳梗塞や出血などは見られなかった。

ただ、脳への血流がかなり悪く、機能が落ちているとのこと。


食事、運動、いきがい、もろもろ。

いまさら?な感じの指導をされて、血流をよくするお薬処方してもらって

さあ、母も連れてやっと帰ろう、と思ったら

母、ほぼ完全に歩けない人となっており、こちらも車椅子に。。。




IMG_4770.JPG




なんちゅーことよ。。。???



もう発狂しそう。






すっかりとっぷり日は暮れて

ねこにゃんもお腹すかせて待っとるし

なばおのお腹も心配で仕方ない。



ひとりずつ車に乗せて、ひとりずつ車から降ろして脇を抱えて家まであげて

とりあえずごはん食べさせて、母の熱はかったら、38.5度もあった!!!


やはり熱があったのかーーーーー!




がーん。インフルやろか?もしかして感染されてしまったか?

週末の、忘年会&ZOOボラ&忘年会の3連休がやばい。

私も免疫力いまガタ落ちだからなあ。今日はメボウもできたわい。

じじばばはワクチン打ってるけど、私は打ってないしなー。

どうか、インフルでないことを祈るのみ。。。




さすがに87と86の父母。

もう生きてるだけで丸儲け、っていう年齢だからね。いろいろ次々と問題が出てくる。



先のこと考えると不安しかなくなるから

自分の周りの、いまタノシイことは、決して手放したくない。

それ無くなっちゃうと。。。。。ほんとにジブンまで壊れてしまいそうだから(笑)



なので、これからも薄情な娘は、出来る限り薄情なままで、がんばる。



IMG_4782.JPG






なばおしゃんは、今日はうんうん出なかった。

トライプや消化酵素やミドリムシのおかげかな〜。

ちゃんと自力で回復してくれたようだ。助かるよ〜



こんな時に、意外と親孝行なおりこうちゃんで、ありがとね〜♪



IMG_4785.JPG


てれるのだ〜〜〜



posted by 庭師・香遊 at 22:14| Comment(0) | 日記「主人公だワン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月17日

なば色ロゼッタ♬


日記、またまたご無沙汰しとりました。。。


母、12月初めに無事退院しました。

しかししばらくは食欲もどらず、体重は入院中から引き続き、ますます落ちて。。。

一時はどうなることかと思いましたが、やっと少しずつ食も取り戻しつつあります。

が、今度は傷口周辺が痛むようで、「痛いと何もやる気がしない」とは本人の弁。


家事の負担は大きく増えました。。。




IMG_4741.JPG




放置時間が多くなった、なばお。

朝のレッスンにも行けないので、少々腐りかけてます。



どっかでガス抜きせねば、ワタシも腐る。




なので、まるっと一日なんもかんも放り投げて、訓練競技会にお出かけしてきた!

お隣・徳島で開催される、FCI西日本インターナショナルトライアル。



IMG_4662.jpg





自分自身に「オビ出禁」を命じているので、悩んだ末に5年ぶりにCD2に出陳。

…そういえば、と自分の懐かしいトレチャンポイントカードを探し出して見てみたら

メジャーを含め20ポイントあって、ちょっとびっくりした。

いつの間に?なんかの間違いじゃない???




IMG_4754.JPG





おっと!・・・FCIでポイント出たら、一気に10ポイントも増えるから

大きくグランドトレーニングチャンピオンに近づくではないか!いっひっひっひ。




という邪念に支配されそうになるも、自分となばおの実力くらいは知っている。


そんでも、少しでも良くなるようにと

練習いけない分、毎日練習を重ねてきた。。。。わりには

あんまり本番では発揮されなかったかな〜〜〜




IMG_4638-1.jpg


IMG_4637-1.jpg



禾音パパが撮ってくれた、いつかのレッスン風景。

足払いからの素早い伏せへ、でも上手にできなくて小人のダンスのよう(笑)





IMG_4620.JPG


アジ練するみんなのかたわらで




IMG_4620-1.jpg


なにやら、犬に諭されてるふうな、ふくれっ面のかーちゃん(笑)


なにを話し合っていたんだっけ???





cache_Messagep69436.jpg


空の感じがいいなあ〜。いつもかっこよく撮ってくれてありがとう。






CD2の動画。長いので暇を持て余してる方だけ見てね。









5番目の、ビミョーだった「立止」姿勢は、練習の甲斐あって少しだけ改善されたかもイエ〜イ。

7番目の「行進中の停座」は、振り返った時にまだ座っておらず、空気椅子状態・・・(笑)。

もう一度「座れ」と声をかけたため、2声符となり大きく減点。

言わなくても、のろのろじわじわと座ったかもしれないけど、

座らなかったら困るので(笑)、あえて減点の方を選びました。



cache_Messagep69440-1.jpg




他にも「招呼」は遅すぎるし、伏せからの停座はきちんと起き上がってこないし

小さな減点はいくつかあったので、ポイントは出ないかも、と思っていたけど



なんと、でた〜〜〜




いつも95点台の底辺を這っていたのに、なんと96.1点!

私にしたら、めちゃめちゃ高得点で、しかもレアななば色のロゼッタもゲット❣




IMG_4714.jpg





地味に自主練がんばった自分となばおを褒めてあげよう。






cache_Messagep69443.jpg




家庭内ストレスか、相次ぐ口内炎や謎の鼻血がでた。。。

下向けば鼻水がぽっとん落ちていた鼻垂れ状態で臨んだFCI。

帰宅するなり、寒さのあまりお腹も下した。


すると、なばおも今日の昼前になって、PPP。。。

ふたり揃って、どっと疲れが出た模様(笑)



IMG_4635.JPG




今週中は、なばおさんもオヤツは休みやでー。

かーちゃんも今日は一日お粥さんで過ごしました。




グラチャンまであと10ポイントとなりました。

忘れてた欲が、俄然ムラムラと湧き上がる(笑)



今回は温情採点に救われましたが、なかなか難しいこともわかってる。

じじばば介護がすこーしずつのしかかってくる中


楽しみがないと、やってらんない。




IMG_4713.jpg





ポイントカード、あと2枚。。。


なばおじいさん、生きてるうちに獲れるかなー(笑)






この笑顔のためにも、がんばろー♪



IMG_4632.JPG



posted by 庭師・香遊 at 20:40| Comment(0) | 日記「主人公だワン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月27日

こわれゆく人々。



我が家のこわれゆく人々について語る前に、

私の姉がどんな人物かを、まずは説明しておかねばなりません。

(このブログ読まれたら、首絞められるなーきっと)



2つ上の次姉は、怖いものを見る力はないのですが

どうもそういったものに憑かれやすいタイプのようで

「神社前通ったら、頭痛と寒気がしだした〜」とお祓い行って

「言われた通り、無言でおにぎり握って川に投げ棄ててきた途端、すうっと治った〜」とか

まあ昔からそうゆうことをよく言う、ちょっと面倒なひとでした。



スピリチュアルな精神世界にかなり傾倒した、不思議ちゃんです。


早朝の庭に裸足で立ち、手のひらに太陽の光を受けるようにして

なにやら、口をパクパクして祈りのような儀式を行っています。


こわすぎて、もう見ないふりをするしかありません。。。(´;ω;`)




母の手術がうまくいったときも、「やっぱりね〜!私が一生懸命祈ったからやー」と。


母が大手術を切り抜けられたのは、

持って生まれた母の丈夫な体と、その楽天的な性格によるものが大きいと思うんだけど。

まあそんなことは、喧嘩になるので口が裂けても言いません。。。



姉は数年前に、ヒーラーになるべく大阪へわたり

そこでマッサージの勉強をして、独立して自分のサロンをやると言ってました。

が、たくさんの人をマッサージするうちに

その憑依体質のために、お客さんに憑いてた悪いものをぜんぶ引き受けてしまうらしく


体調が悪くなるので、マッサージはやめた。再婚することにする、と言って

結婚相談所みたいなとこで、どっかの爺さんと出会い少しだけ一緒に暮らしたけど

「加齢臭はんぱねえ」みたいなことを言って別れ

まあ両親も高齢になったし、しかたなく高知に帰ってきた。


とりとめもなく手の施しようもない、もうどこか突き抜けたひと。。。




で、母の手術後の背中の痛み。


死ぬ死ぬ詐欺で、病院に呼び出された日に、

そんな姉が、1時間くらい母をマッサージしてあげていた。

母は「痛みがすっかり消えた」と喜んでいたのだけど

やはり当の姉は

「良からぬものがいっぱい憑いていたー」って。

「母の悪いもの全部吸い取ってしまって、寒気がとまらんー!」って。


そんでも母もやはり、時間をおくとまた痛みだすようなので

今は集中的に行ってあげるように、姉にお願いして

今日も、明日もマッサージしに通ってくれるようです。(笑)





さて、その母。。。



死ぬ死ぬ詐欺から丸3日。

先生に諭されて、改心したかに見えていたけど、

母の疑念はいまだにくすぶっていた模様。


今朝、母が電話してきて

「吐き気があまりに治らないので、今日はとうとうハンストしてやった!」

「そしたら先生が、家族に好きな食べ物を持ってきてもらえと言った」

「お好み焼きか、たこ焼きを買ってきて!たこ焼きがええわ〜」って!!!



吐き気がして気分悪い時に、あのむつこいソース味、食えるんか???

しかもめっちゃ臭うし!

なぜ個室じゃなく4人部屋に移ってから、そんなわがままを言うのかね全く!


しかも、たこ焼き!銀だこが撤退してしまってて、店が無いし!

やっと屋台のたこ焼き見つけて、臭いがもれないように2重に袋入れて

エレベーターでも袋の口をピッチリ握って、周囲に気を遣って

やっとこさ病室へ持っていったら、



「味がない」

「おいしくない」と、ほとんど食べない。。。



こんなわがままを言う人ではなかった。



「たこ焼き持ってくるとき、ポリデントも持ってきて」と電話をかけてきたときも

私のスマホにかけているくせに

私と喋っているのに

「もう〜わからん。そこに○○子は居ませんかね?」と。


わたしが〇〇子やって!おかあさん。

私の携帯に電話してるんやから。ちゃんと私が喋ってるんやって!



「どなた?○○子を出してください」って。




もう発狂しそうやった、私。。。((((´;ω;`)

おかん、こわれたかと思った。


いや、本当にかなり壊れてるかもしれない。




病院へ着いてからも、その話。

「あんた、家に誰がおったん?」って聞くから

家には誰も来てないし、お母さんは私の携帯に電話してきたでしょ。

話していたのは私よ!と言っても

「ああ携帯にかけたっけ?で、電話口に出たのは誰やの」と、

まったく会話が成り立たなくなっていた。



やばいやばいやばいやばいーーーーーー

おかんやばいー。

術後のストレスで、脳にアミロイドβが溜まりまくってるー!!!

急激に認知症に近づいとるでーーーーー!!!!!



もともと、「背中痛い」→「痛み止め処方」→「副作用で吐き気」という経緯があって

日曜から、別の痛み止めに変えてもらったことを、何度も説明したのに


今日も

「勝手に薬を替えられたせいで、こんなに吐き気が。。。」とか言うてるし!!!



違うよお母さん。最初の痛み止め飲み始めてから吐き気が出だしたでしょ。

だからお薬変えてもらったんやよ。って、かれこれ過去に4回くらい説明したと思うけど


今日やっと

「あ〜、そういう経緯があったのか」って。

先生や看護師さんに不信感もってたみたい。馬鹿じゃないのホントにもう。



姉の言ってた、母に憑いてる良からぬもの。。

案外、そんな疑惑の心が、本当に何か悪い物を呼び寄せていたのかも。

だって、なーんか険しい目つきしてたもの。。。



いかんいかんっやめてもうこわい〜〜〜






もうやめてくれーい。勘弁してくれーーーい。

まともな家族はおらんのか。


じいじはいまだに

「お母さんはどこ行った?なに?入院?どこへ?どこが悪い?いつ退院?」

という質問を繰り返すし。。。(笑)



たすけて、だれかたすけてーなーもう。

アタシは長女じゃない。三姉妹の末っ子やったはずやのにー

いつのまにやら、甘えられるひとはもう誰一人、いない。。。(´;ω;`)




みんな、みんな、こわれて消えた。。。(狂)





IMG_4356.JPG

なばおさんたちの存在だけが、かろうじて私を支えています。。。




posted by 庭師・香遊 at 20:29| Comment(0) | 日記「主人公だワン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月25日

死ぬ死ぬ詐欺に遭った日


IMG_4335.JPG
(病院の9階ラウンジより右手に海をのぞむ)




母手術から、今日で14日目。



朝夕に、送迎のヘルパーさんへ、じいじの受け渡しがあるために、

なかなかレッスン行けません。(;^_^A





が、実は、今週の金曜日はZOOイベントがあって


IMG_4330.JPG



フェイスペイントの描き手が集まらず(去年8名→今年5名)

どうしても行かなくちゃいけなくて、姉もいなくて、デイのお迎えに立ち会えなくて

仕方なくその日は休ませて、おとなしく寝ててもらうことにした。



IMG_4332.JPG




お昼ごはんに、菓子パンをテーブルいっぱい用意して、

午後3時半くらいには帰宅できたし、まあ何事もなかったんだけど




次の日。


じいじの足が、めっちゃ頼りなくフラつくようになってしまった!

お迎えに来てくれた、月〜木と土曜日の、週5日通ってるデイの職員さんに

「昨日の金曜は、ジョイリハさんに行ったんですよね?」と聞かれたので

「実は私の都合で休ませたんです」と言ったら

「この年齢で一日寝てしまうと、100日の寝たきりに相当する」と言われてしまい

猛省してしまった、親不孝者のなば母ちゃんなのでありました。。。



ごめんよおおお、じいいいいいい。


心のうちでは、優先順位のいちばんは、いつでも犬なんだけどな。

まあ、そうも言ってられない状況にきているようです。(あたりまえぢゃ)



IMG_4343-1.jpg






今日は、じいじの唯一のデイ休みの日なので

朝から、母の病院へ連れて行ってあげる予定にしていました。

んで、午後からは一週間ぶりになばおさんを連れて

運動もかねて、オビセミナーの見学に行くつもりしてました。



が、朝いちばん、じいじの汚したパンチュを洗っているとき

今まさに、仕事に出かけようとしている姉の携帯が鳴りました。



病院の、母からでした。



しんどそうな声で

「私はもう死ぬ。。。」

「死ぬ前に伝えておかないといけないことがある」

「早く来ないと、死ぬ。。。」と言われたそうです。



姉は動揺のあまり

「私は今から仕事だからっ」と私にスマホを押し付けて

ワタワタ廊下を行ったり来たりのうろたえまくりで。。。


母は私にも

「もう長くはもたないので、死ぬ覚悟をして、早く来い」と。。。





いったい、何が起きたのか




昨日は普通に元気やったやん。

背中が痛くて、痛み止めがなかなか効かないというのは聞いていたけど

なんで?

なんで???



大丈夫、騙されちゃいけない。

本当に具合が悪ければ、本人ではなく病院から電話が入るはず。


でもでも、どうして???



とりあえず、足元のおぼつかない父を支えながら

とりあえず、泣く用のタオルも掴んで(笑)

仕事を休んだ姉も一緒に、3人で病院へ駆けつける。


胸はドキドキして、喉はカラカラ。

そういえば朝起きてから、ご飯はおろか一滴の水分も取ってない。

だいじょうぶ、ダイジョーブ!絶対なんでもない!!!



病室に着いたら。。。

痛そうに顔はゆがんでるけど、しっかりベッドに腰かけた母が

ふつうに、出迎えてくれました。。。。




今まで幾度となく手術をしたけど、いつも経過良好で、すぐに元気になってきた。

でも今回は違う。

背中の痛みはいっこうに良くならないし

食欲も出ないし、ごはんを食べても吐いてしまう。

私にはわかる。もう死ぬ時がきている。


死ぬ前に、伝えたいことが・・・

年金の受取口座が。。。(以下略)




おかあさん、でもね。。。顔色もいいし目ヂカラもめっちゃあるでー。

看護師さんに「死ぬって電話がきたー」と言ったら、ビックリしてたよ。


痛みは、術後によくあること。

吐き気は、痛み止め薬の副作用!

水曜日の検査では、心臓の数値も改善してきてるって言われたでしょ。

動かないからまた痛くなるんやん。動け動けーーーって。。。



主治医の先生も来てくれて

呆れた顔でニヤニヤしながら、母の不安に耳を傾けてくれて

「大丈夫、殺しても死なないよ」って言って

寝ぐせのひどい髪を撫でてもらって

ジョシコーセーみたいに照れ笑いする母を見ていると。。。


・・・婆ちゃんが惚れてまうやろ〜?…と、ちょっぴり引きつり顔の娘。(笑)



こりゃあ患者さんにはモテるやろな、この先生。

でもそれで母がパワーもらえるなら大歓迎っす!




とりあえず、母も


「今回は生きながらえた。。。」

とか意味の分からんこと言って、その場をおさめた模様。。。(笑)




IMG_4325-1.jpg




しょっちゅう入院や手術を繰り返す母。

どこへ行っても、病院のごはんが美味しい!と

もりもり食べて、驚異的な回復を成し遂げてきた。


が、さすがに今回は

86歳での長時間の開胸手術。すんなり回復!とはいかなかった。

痛い、ちっとも良くならない、おかしいな、という不安が

今回の「死ぬ死ぬ詐欺」を招いたんですね。



独りで個室にずっと居るのも良くないのかも?と

午後から4人部屋に移してもらいました。

おしゃべりの相手がいるだけで、きっと気がまぎれると思う。。。





IMG_4344.JPG


オビのセミナー。。。

なばおとはもうオビやらないにせよ、勉強になるから見学したかったけど

そんなこんなでドタキャンしてしまい、関係者の皆様、申し訳ありませんでした。。。





はあああ。

母が早く退院してくれないと、練習にも行けないわ〜

ストレス満載のなばおと

「死ぬ死ぬ詐欺」に騙された、かわいそうななば母の、日曜日でした。



IMG_4340.JPG

まんさいでたいくつなのだっ!



posted by 庭師・香遊 at 16:57| Comment(2) | 日記「主人公だワン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月17日

エリート婆ちゃん


IMG_3969.jpg



変態エロ爺犬のせいで、オビリンクに別れを告げてから2週間。。。





11/12(月)に母の心臓の手術がぶじ終わり、いまは安堵の日々です。



IMG_4233 (編集済み).JPG

(岐阜の長姉も帰省して、手術前日、三姉妹の記念撮影。)




逆流している大動脈弁と、5センチ以上に肥大した大動脈瘤を切除して

それぞれ、人工弁と人工血管に置き換える、6時間を超える手術でした。


術前の説明で母は

病気さえしなければ、ゆうに100歳を超える長生き遺伝子を持った

「生物界のエリート」だと主治医に言われました。

なんか知らんけど、なかなか丈夫な臓器をしているらしい。


とはいえ胸骨タテに切って肋骨をぺろんとめくって、

もちろん心臓も止めて血流を止めて、

体温25度まで下げて行うという手術のプロセスを聞く限り

本当にこの婆ちゃんが生還できるのか、不安でなりませんでした。。。



が、結果的に生物界のエリートは、やはりエリートで。。。(笑)



手術の翌日の朝には、たくさんの管をぶらさげたまま

ベッドの縁に座らされていました。

容赦ないリハビリで、午後には歩かされていました。


先生に「僕は○○さんをみくびっていました」と言わしめたほど

その復帰っぷりも、なかなか目を見張るものがあるようです。




IMG_4254.jpg


86歳のエリート婆ちゃん、頑張ってます。(寝ぐせがひどい)





順調にいけば月末くらいに予定されてた退院も

もしかしたら、早められるとよいなあ。。。






そんなこんななことがあり

本部遠征以降の日々は、母のことに集中してました。


なばおのこと、競技のこと、いったん置いといて

まったく考えずに過ごせた貴重な時間ではありました。



IMG_4275.JPG




手術当日は朝早くから夜遅くまで病院に詰めることになっていたので

前日の日曜日、M先生になばを預かってもらうために

H先生主催の「わんわん運動会」に行ってました。



IMG_4258.JPG


現実逃避で、ゆっくり見学しながら楽しく野次を飛ばすつもりだったのに

なぜか採点係を頼まれて(笑)


IMG_4257.JPG


みなさん、楽しそうでした。




IMG_4260.JPG


ぱっと見あやしい採点係




IMG_4288.JPG


拡大したら、目が笑っててやっぱりこわい。






手術の翌日に、M先生宅へ迎えに行ったときは

なばお、いちおう喜びらしきものを表現して、跳び蹴りされた母。

ん?もしかして「あっち行けババア!」の意だったりして?




来月は、おとなり徳島でFCIの大きな競技会があります。

まあ別に無理に出なくても良いんだけども、

なんか目標というか、楽しみが欲しい母ちゃん。


かといって、

ラリーオビディエンスも案外難しそうだし

臭気選別も、今からでは仕上がりそうにないこの男。



IMG_4279.JPG





亀のようにのろい伏せや招呼では、ポイントは頂けそうにないけど

やっぱりCDUしかないのかなーと思って最近練習はじめたら

ノリノリで、あんがい楽しい。




でも本番ではきっと、

意識障害の亀みたいに、ぼお〜〜〜っとした犬に戻るんやろな。




まあ、なばおと一緒にできること、

だんだんとその選択肢は狭まっていく感はありますが

ゆっくり、楽しみながら見つけられたら、と思っています。。。



IMG_4261.JPG


(かのんちゃんパパお写真ありがとー)






posted by 庭師・香遊 at 20:42| Comment(2) | 日記「主人公だワン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月06日

エロ爺、オビリンクを降りるの巻



本部の秋季訓練競技会に行ってきました。@埼玉・大凧あげ祭会場。


45474963_2148335905426982_7016898061016236032_n.jpg



決定戦常連組のM組精鋭犬たちのはざまに紛れ、

いちばんデカくて性能の悪い犬が、いちばん車内の場所取って。。。


45430960_2148337658760140_7072310380449497088_n.jpg




45478371_2148335875426985_8066430172275933184_n.jpg


(富士山もきれいに見えたよ〜)






第一の目的は

ブログを通じて、もう12年もの長きにわたりお付き合いのあるシェパ友さんに会うため。

なばと同じお里で、何年か前に虹の橋をわたったラムちゃんとタロウ君のママ。

現在は、可愛いふーちゃんのママ。


45461968_2148363165424256_321234575596453888_n.jpg

(ふーちゃんとはお里は違うけど、細身でとっても可愛い子でした〜💛)





そして、いちばん幼いなばを知っている、お仲人さんでもあります。




osu3.jpg



ブリーダーさんとこへ見に行ってくれて、この写真を送ってくれて、

なばおとの縁を繋いでくれた、私にとっての大恩人なのです。




IMG_4116.JPG


この、やたらと面白くて、無駄に男前で、

だけど中身はさっぱり残念だらけの愛すべきなばおとの出会いを

言葉にできないくらい感謝してて、でもそれをちゃんと伝えなきゃ、と思っていたのに

なんだか口に出そうとすると、こみあげてきちゃって

あんまりうまく伝えられなかったな・・・



ほんとうに、素敵なひとでした。



会えて嬉しかった〜。


IMG_4120-1.jpg





***





で、タイトルのエロ爺の話。。。


涙なしでは語れないけど、笑って聞いてほしい。。。



IMG_3987.JPG

(聞いてやってもいいのだ)




団体課目で、どうしてもお隣の犬に挨拶に行きたいバカ犬なので

ハンドラーが隠れずに犬と向かい合って待つ、オビ1からやり直したわけですが



45438005_2148335955426977_3386697354890444800_n.jpg



45557409_2148335928760313_8982032859510341632_n.jpg





結論からいうと

やはり、待てなかったんです。




隣の、なばおが初めて見るフラットコーテッドレトリバー君に、

またしても挨拶に行ってしまった。。。



そんで、その子が我慢してるのを良いことに

背後から、乗ろうとしました・・・いえ、乗りました!しっかりと!



その光景をみたときに

わたしは、

わたしとなばを繋いでいた、最後の糸が

ぷつん、と音をたてて切れた気がしました。




今までだったら、審査員の指示を待っていましたが

もう、失格になってもいいから

叱るべきだと思って。いま叱らないと、もう終わりだと思って。

気づけば、なばおに向かって走ってました。



怒りだすフラット君に逆切れする、ばかお。

双方が、ガウガウ言いだして、

私は、バカ犬の首輪を掴んで、マズルを握りつぶす勢いで叱りました。



もう1頭の子も興奮して走り出し、もうリンク内はめちゃめちゃ


私はもちろん指示により退場したのですが、

私の組は1頭が棄権しており、ギリギリの3頭しか居なかったので

なばおが抜けたことで、急遽ダミー犬を1頭用意して、

やり直さないといけない事態になってしまいました。


おかげで、かなり進行が遅れてしまいました。。。




やっと団体が全組終わって、個人課目に入る前にも

なばと私を失格にするか協議しているので、少し待つようアナウンスがあったようです。


もう、とんでもない大迷惑をかけてしまいました。。。




しばらく待っても、何の沙汰もないので

審査員の先生に確認したところ、

団体課目はもちろん失格だが、個人課目は続けてやるように言われました。






でももうワタシは、心が崩壊していました。




頭がまっしろで、続ける余力が無い。

いっそ失格にしてほしい!

今なら間に合う、棄権しよう。。。と思いながら

それを審査員に言い出す勇気すら、出ませんでした。




あとで、オビ2〜3を審査されていたS先生に会ったときに聞いたのですが

私が犬の首輪を掴んで叱ったことが、失格云々というよりも

「団体」という、通常の課目ではない特別な環境の中での犬同士の接触はやむを得ないが

もし個人課目をやっている最中に、リンク外の犬にまで攻撃しに行くようならば、

その時点で失格にしよう、というような協議結果になった模様です。



なばおは、さすがにそこまでの攻撃性はもっていません。


ステキな男子のお尻に乗りたかったのに、拒否られ、想いを遂げられず

逆切れした、アホで変態のバカ犬にすぎません。




IMG_3982.JPG




いずれにせよ、もう二度とオビには出せないな。

じゃあ最後に、練習してきたことをちゃんとやってから終わらそ。



そう思いなおして、がんばってやったんですが。。。




なばおも、一応母に怒られたことは認識していて

きちんとやるにはやるんですが、目が泳いでる感じはありました。

誘導とられてもいいから楽しくやろう、と心がけたので、減点だらけ。

でももういいんだ〜点はもう気にしなくていいんだ〜と思って


最後まで頑張るつもりだったのに

途中から涙がぽろぽろ出てしまい、止まらなくなって、

そんな自分が情けなくて、またまた激しく自己嫌悪。。。





最後に、迷惑かけたこと審査員にお詫びして、リンクを出ました。






悪癖をなんとか治して次につなげようと、頑張ってきたけど

練習では、まったく挨拶に行かないので

本番でしか出ないこのなばの病気を、私は、とうとう治すことはできませんでした。


そして結局、同じ組の方や、競技会の進行にも

ものすごく迷惑をかける結果になってしまった。




なばおは、もうオビのリンクに上がることは無いです。

私の気持ちが、もう、もたないです。




他人様に迷惑かけるのが、一番いやなのに。

もう、私は、謝りつかれました。。。変態エロ爺犬のせいで。





そんなこんなで。

楽しいはずの本部は、私にとっては、生涯忘れられない苦い競技会になってしまいました。






だけども、ちゃんと嬉しいことも、たくさんあって。




45478386_2148337858760120_4806709986438676480_n-1.jpg


エルちゃんも赤いおリボンゲットしたし


M先生が引いて出した3頭も、全員席次入り♬



45395822_2148336358760270_2965659593444687872_n-1.jpg


七瀬は99.3点という高得点を叩き出しましたが、わずか0.1点の僅差でグループ2席。



45462745_2148336408760265_6554621488178135040_n-1.jpg


2歳の若いアンナも、ノーミスで落ち着いた演技を見せて、98.4点!

ハイレベルなD組の中にあって、みごと4席入賞を果たしました。




そして、99.6点のアラシは、B組1位で優勝決定戦へ!


45461925_2148336298760276_3150624030789206016_n.jpg


A〜E組1位の優勝決定戦の始まりです。

(すこし離れているのは、ヒート中のシェパちゃんだから。)



45505022_2148336142093625_7710838413817020416_n.jpg


45460955_2148336162093623_3670870795128668160_n.jpg


決定戦直前とは思えない、ありえないくつろぎっぷりで出番を待つアラシ(笑)





アラシ、決定戦でも大きなミスなく、

最高に可愛くて、素晴らしい脚側行進を見せてくれましたが。。。

総務大臣賞は、七瀬の組の1位だった、ヒート中のシェパちゃんに渡りました。



45464819_2148337065426866_8296655619230793728_n-1.jpg


(自分の講評を聞き終わったとたん、不真面目に戻るアラシ)



45514903_2148336692093570_2990850989679968256_n-1.jpg


(惜しくも決定戦で敗れた4頭と、ジャッジ陣との記念撮影)




37088863_2050485785211995_3117558404722196480_n-1.jpg


(どうしても床の臭いが気になり、鼻が潰れっぱなしのアラシ)




先生も犬たちもホント素晴らしくて、いいもの見せてもらった〜♪

表彰式で、早着替えみたいに次々とゼッケンと犬を入れ替えながら

表彰台に登ったり下りたりして疲れ果ててた先生、見てて面白かった(笑)



45420147_2148335975426975_3351537099042979840_n.jpg


(出番が終わり、アラシと寝そべる為のマットを広げる)


45430413_2148335995426973_3225793405942497280_n.jpg


(カリスマ?鬼訓練士の、つかの間の休息)




45424055_2148336015426971_4139979866365755392_n.jpg

(そしてゴミだらけに)



45500563_2148337715426801_8036459125980266496_n.jpg

(翌日は、マットを宿の駐車場に忘れてきた為、
アラシのケージに無理やり入って和もうとしていた疑惑)






事故渋滞なんかもあって、往路も復路も13時間くらいかかって

ヘロヘロになったけど

本部行ってもやっぱりレベル高いM組、見れて本当に感動した!



45451144_2148336465426926_3331582874259292160_n.jpg


(表彰式直後、すべての仕事を終えてくつろぐアラシ様)



45479888_2148336568760249_941546866682626048_n.jpg


(こんなキャラなのに、なぜか本番はちゃんとデキる男💛)




45564533_2148336648760241_3015072169982951424_n.jpg


(アンナも一緒にへそ天でコロコロ〜💛)





***






IMG_4118.JPG



…というわけで、最後の絆も絶たれたバカ息子なばお。。。




この先、オビをやめて、なばおと何しようか、まだ決まらないけど

相変わらずM組レベルを引き下げていく感じは、

何をやっても、おそらく変わらないだろう(笑)


いつか新しい次の犬を迎えたら、今度こそ、レベルを引き下げないペアになりたい。(笑)




45607554_2148337615426811_1013536458503356416_n-1.jpg




それまでに母ちゃん、ダンベル投げ、上達しとかなくちゃ。(;^_^A






ちなみにダンベル投げは失敗しましたが、やり直すほどではなくビミョーな出来でした。

勢いよく取りに行った割には、後半急速に失速。なんでや。。。私のせいか?





どれも低空飛行だったから、唯一!9点をもらえた「障害」を貼り付けとく。(笑)










嗚呼、なばお。。。




IMG_4001.JPG






本当に困った犬で、もう手に負えなくて、悲しい思いもいっぱいしたけど

これからもきっとするけど

出来ない子ゆえの可愛さもまた、つのってゆく不思議。。。




IMG_3775.JPG




しかし、それにしてもオスのお尻ばかり狙うのはなぜなの?

(早くに去勢は済ませてるのに)



いやいや、いやいや。

こやつに明確な理由などあるはずもない。。。ふっ。。。




変態エロ爺、9歳と4か月。

老いてますます盛んなり。。。





IMG_3995.jpg


ああ、なさけない。。。







posted by 庭師・香遊 at 16:52| Comment(2) | 日記「主人公だワン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月27日

なばちゃんマン始動!


IMG_3986.JPG




秋も深まってきて、周りの犬友さんたちも、

みなぼちぼちと、競技会モード♬



アジリティーを引退し、訓練性能もない犬は

例年になく、スローなシーズン入りだ。




今年はなんと、本部からのスタート(笑)

関東の犬友さんに会いたいがために

出来もしない犬を連れて行くのだわははははは。





IMG_3978.JPG



「伏せ」なんて、日が暮れそうなくらい遅いですからね〜

なんならあくびが2〜3回出ちゃうくらい時間かかりますよ。

なぜにー?神経痛か???




5月のオビセミナーのときに

「オビ1で青リボン5個集めたらオビ3に出てよろしい」と

絶対不可能なミッションを命じられた、なばおとかーちゃん。



IMG_3918.JPG




でもそんなこと無理だってわかってるから

とにかく団体で、動かずにマテが出来たら、

もうそれで、かーちゃん的には、今季の目標は達成だ(笑)


あ、あとダンベラーが失敗しないことな!(笑)




IMG_3977.JPG






もはや名物となりつつある?

M組総出の、団体風景(笑)



IMG_3913.JPG





どこでもマテ〜



IMG_3916.JPG


長ーい吹矢のように、ぼぼぼと笛を吹く怪しい誘惑者。




IMG_3910.JPG


近い近い、近すぎる、激しい誘惑者。






IMG_3930.JPG



オビ1は座って待たすんだけど

多動症エースのママの「エース!伏せ!」というコマンドにだけ

なぜか反応して、ずぶずぶと伏せてしまうばかお。

そのたびに直しに行かんならん(笑)



IMG_3929.JPG






先が思いやられる出来なさっぷりですが

楽しく本部に挑戦してきたいと思います♪




IMG_3912.JPG



写真は、一緒に本部にも行く、アラチッチ💛

みんなのやる気を全力でそぎ落とす、恐るべき癒しパワーだ。



IMG_3911.JPG







なばちゃんマンもがんばるぞ。

世界に笑いをお届けするぞ。







テコテコテコテコ。。。。飛べよ飛ぶんだ〜なばちゃんマン(笑)




posted by 庭師・香遊 at 20:55| Comment(0) | 日記「主人公だワン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月19日

彷徨える悲しきダンベラー


ダンベラーシリーズ、しつこいな。。。


でも上達せんのやもーん。いたしかたないわ(笑)



ほぼ毎日、腕がダルおもになるほど

畑に向かって、投げる練習をしていますが


姉が育てているほうれん草をぶっ潰したり

オクラの枝を直撃してバキバキ折ってみたり


各方面に被害。。。


IMG_3798.JPG




キレイな放物線で投げられる回数も増えてはきたけど

ダンベルが手から離れる瞬間の、

失投と成功とを分ける

ビミョーな指の感触の違いが、まだ全然わかんない〜〜〜



なので同じように投げているのに

真上にいったり地面転がって行ったりする。






永遠の謎や〜〜〜





IMG_3750.JPG



IMG_3742.JPG



IMG_3741.JPG




もう、ほんまに

ダンベルとかやめて、バランス感覚とか忍耐力とかで

勝負させてもらえんかな。


それやったら、ええとこまで頑張れそうな気がするけどな。




可愛さでも、負けないよ。


IMG_3715 (2).JPG



この前、友達のスマホから発掘した

9年前、ガラケー時代のなば画像💛



IMG_3716.JPG


かわいい。最強にかわいいと思うんやけどな。





前の車。


IMG_3717.JPG



助手席にナマ載せしたら、布の座面にチッコされて泣いたっけ〜

懐かしい思い出。ひじ掛けに挟まれながら見てるのは

後部座席のぱこたん。



IMG_3718.JPG


サル化が止まり、可愛くなってきた7〜8か月頃かな?


ぱこたん。。。I miss you...(ノД`)・゜・。





posted by 庭師・香遊 at 19:37| Comment(2) | 日記「主人公だワン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月09日

続・悲しきダンベラー


IMG_3708.JPG


キャアアアアア!!!




投げる練習しすぎて、ダンベル折れたーッ!!!






IMG_3705.JPG


猛烈に悲しいのだ。。。





ダンベルまで疲労骨折!(笑)





やばいやばい。投げる練習しないといけないのに

と思って、犬グッズの箱探したら

幸い、予備があった!


すばらしいぞじぶん!!!



IMG_3710.JPG




しかし、投げる腕があがるまでに

あと何本か、ご臨終させてしまうかもしれない。。。。。




悲しきダンベラーの修行は、果てしなく続くのであった。。。



posted by 庭師・香遊 at 18:21| Comment(2) | 日記「主人公だワン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月08日

悲しきダンベラー


IMG_3668.JPG




ほぼ1か月ぶりに、オビの自主練に行ってきた。

土曜日のレッスンから復帰しようと思っていたのに

台風で雨予報が出てたから、こりゃ無理ね〜と思って

前夜2時過ぎまで夜更かしして海外ドラマ見てたら

翌朝は、完全に寝過ごしてしまった〜あはは。

せっかく雨も降ってなかったのになー残念無念💦




IMG_3674.JPG


日曜日は、

ハロウィンのフェイスペイント@夜ZOOのお手伝いで

やはり練習には行けなんだ。



夕方から出かけないといけなかったので

なばおさんは、まだ暑い時間帯のお散歩。

暑いときは、木陰の多い運動公園に限る!




IMG_3639.JPG


今日は、森の中の木道さんぽ〜


階段多くて、なばお爺さんにはきつかったか〜と思ったけど

終わってみたら足がガクガクになっていたのは

おばちゃんの方であった〜。いやね〜ご老体!



IMG_3638.JPG




そしてガクガクの足で駆けつけた夜ZOO。



IMG_3675.JPG


ハロウィンがどんどんにぎやかになってきて

フェイスペイント待ちの行列が、年々すさまじくなってくる。

仮装した子供たちのほっぺに

かぼちゃやらお化けやらコウモリやら黒猫ちゃんやら

休憩なしに90分近く描いて描いて描きまくる(´;ω;`)



IMG_3673.JPG


終わってみたら、汗だくで脳貧血起こしそうだった。。。





そして本日。連休最終日。


この日も、母がお出かけだったので

じいじのデイお迎えまで家を出ることが出来ず

やはり、レッスン行けなんだ。。。




IMG_3642.JPG




IMG_3637.JPG

(茂みに顔を突っ込むから、くっちゅき虫ついた〜)




しょうがないので、レッスンが終わるころを狙ってお山へ自主練に。



。。。と思ったら、祝日だったせいか

思いがけずたくさんの練友さんが、まだ練習しとりました。



IMG_3686.JPG


どさくさに紛れて

レッスン代も払わず(笑)、団体待てに混ぜてもらう♬





今度は、オビ1で競技会に出るなばおっち。


オビ1は、「停座」させて25m離れて対面し待たすんだけど

今までの課目が「伏せ」で待ってたせいか

座れの姿勢から、途中でずぶずぶと沈みこんで伏せてしまう。。。



IMG_3689.JPG




「まあ、挨拶に行くよりいいでしょう・・・」と先生。

ううううう。そんなレベルだよ〜〜〜





そして、懸案の「ダンベル持来」。

木製ダンベルを、10mほど投げて、犬に持ってこいを命ずるこの課目。


脳内イメージは、美しい放物線を描いているのに

実際に、おばちゃんの手から放たれたダンベルは


ゴゴゴゴゴゴッゴッ。。。と、地面を走っていった、1本目。。。



IMG_3687.JPG





その後も、地上30センチくらいを走ったり

はるか上空へ上がって行ったり


ギャラリーのみんなの

「噂には聞いていたけど、なば母が本当に酷すぎて言葉を失っている」空気を

背中にビシバシと感じながら、なおもダンベル投げ続けるおばちゃん。。。





振り返れば、誰よりも冷めた目で、なばおが見ていた。。。



IMG_3688.JPG






うるせ〜。だからオビ1なんて出たくなかったんだ!

お前が「団体待て」が出来んから、

オビ1からやり直さないといけなくなったんだ!





色々アドバイスをくれた、モネ姉ちゃん&レオぱぱ、ありがとう。

帰宅してからも、畑に向かって投げ続けました。

コツをつかんだかっ?と思ってもすぐに上空へ行ってしまう〜




なぜに〜

なぜに神はワタクシにこんな試練を〜〜〜?





ピッチャー交代出来んかなー

骨折は左だけど、右手に包帯巻いて出てみようかな〜



…などと。。。

往生際が悪くて、なんとか策を練ろうとするけれど

結局、「練習するしかない」ってことも


じゅうじゅう、わかっとりますねん。。。。。





image0004.jpg



画像は、美術館の高〜い木に引っ掛かってしまったダンベル。

先生が、公園の物置から長い竿みたいなん持ってきて

落としてくれたっけ〜〜〜


そして私に「ブログに載せろ」と言って

この証拠写真を送り付けてきたのよ〜〜〜♪



image0005.jpg


(2011年2月の日記「空中ダンベル」より。)






8年近く前なのに。。。進歩なさすぎで、ビックリするよね〜(´m`)クスクス




IMG_3112.jpg

「恥ずかしくてもう〜目も当てられないのだ。」



posted by 庭師・香遊 at 20:42| Comment(0) | 日記「主人公だワン!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする